慢性的な頭痛の治し方!ストレスが原因の大半!

こんな方におすすめ

  • 慢性的な頭痛を治したいけど、どうしたらいいのかわからない。
  • 頭痛の原因を知って、正しく対処したい。
  • ストレスで慢性化した頭痛を、時間がかかってもいいのできちんと根治したい。

 

こういった疑問に答えていきます。

🗹本記事のテーマ

慢性的な頭痛の治し方!ストレスが原因の大半!

🗹頭痛の原因と治し方

  • 慢性的な頭痛の原因は、ストレスであることが多い
  • 頭痛が慢性化すると、ちょっとのストレスでも頭痛が発症しやすい
  • 頭痛を治すためには、薬の力が必要
  • 薬に頼りながら、生活を改善していく
  • 薬を飲んで生活の改善を続けていくと、徐々に頭痛が発症しなくなってくる

🗹記事の信頼性

記事を書いている僕は、頭痛歴5年ほど。

現在は、年に数回たまに頭痛になるくらいで、ほとんど頭痛のない生活を送れるようになりました。

🗹読者さんへの前置きメッセージ

本記事では、「頭痛を治したいけど何をしたらいいかわからない」という方に向けて書いています。

この記事を読むことで、「頭痛の原因、頭痛を治すための薬、頭痛を治すための生活の仕方」をイメージできるようになります。

慢性的な頭痛つらいなあ…という僕を救ってくれたのが、薬の服用と生活の改善です。控えめに言って、薬の服用と生活の改善で人生が変わった僕が、医療の進歩に感謝しつつ、記事を執筆します。

それでは、さっそく見ていきましょう。

慢性的な頭痛の原因は、ストレスであることが多い

慢性的な頭痛の原因は、大半がストレスであることが多いです。

すでに原因がわかっている場合はいいですが、僕が思うに「頭痛の原因の大半はストレス」なので、基本的な考え方は「ストレスを減らしていって、頭痛になりにくい身体を作っていこう」みたいな感じでいいと思います。

頭痛を治す目標:ストレスを減らしていこう

ここは断言しますが、ストレス性の頭痛の場合、ストレスを減らすことで頭痛は減っていきます。

🗹ストレスを減らすことで頭痛が減っていく簡単な理由

ストレスは、万病のもとと言われています。

そのストレスを減らすことで、身体自体が、刺激に対して根本的に強くなっていきます。

こんな感じで、ぶっちゃけストレスを減らすだけで、頭痛はだいぶよくなります。

なお、ストレスの感じ方は十人十色なので、自分自身でストレスになる原因をしっかり調査することで、ストレスを減らしやすくなります。

頭痛外来のある心療内科に行くと、10代の若者から、50代くらいの方まで幅広くいます。たぶん、あなたが思っている以上に、世の中には頭痛で悩んでいる人が多いです。

でも、これが頭痛業界?の現状でして、やはり年齢問わず、ストレスを減らすことが大事になってきます。

頭痛が慢性化すると、ちょっとのストレスでも頭痛が発症しやすい

頭痛について調べているとよくある質問で、「ちょっとのストレスでも頭痛が発症してしまいます。どうしたらいいですか?」と疑問に思うと思います。

結論:ストレス自体を減らすことで、頭痛が発症しにくくなります

ちょっとのストレスで、頭痛が発症するんですよね?

そしたら、ちょっとのストレス自体も減らしてください。

まずは、今よりもストレスの少ない環境を作ることに専念しましょう。

イメージ的に、ストレスをさらに減らすことで、3か月後、半年後と、徐々に頭痛は発症しにくくなります。

頭痛を治すためには、薬の力が必要

頭痛を治すイメージをザックリ解説すると、「まずは心療内科に行って、頭痛の原因を抑える薬を飲みましょう」みたいなイメージです。

  • 薬を飲む:身体がストレスにかかりにくい状態を作り出す
  • 薬を飲んだ身体:薬のおかげで、ストレスに対しての反応が抑えられているので、頭痛になりにくくなる

すんごいざっくりとした解説ですが、薬という言葉通り、薬は、原因に対して症状を緩和するものです。では、その薬に反応するのは何かというと、それが「身体」ということになります。

身体が、薬のおかげでストレスに反応しにくくなる…という感じですね。

よくある質問:おすすめの薬はありますか?

この質問は、何千、何万人と聞かれると思いますが、結論は、「心を落ち着かせる薬がいいですよ」と答えておきます。

🗹心を落ち着かせる薬とは

インプロメンがおすすめです。

🗹インプロメンがおすすめな理由

刺激が強すぎず、心を落ち着かせてくれるから。

冒頭でも書きましたが、頭痛を治すためには、薬を飲むことと生活の改善が、大事になってきます。
なので、早く慢性的な頭痛を治すためにも、薬を飲むという選択肢がいいかなと。

よくある質問:薬の量って減らせないの?

最初は、きちんとした用量で薬を服用しましょう。

ここまでの解説を見て、「心を落ち着かせる薬って、ずっと続けていくのは怖いんだけど…」と思うかもですが、全然大丈夫です。

というのも、心を落ち着かせる薬を飲めば、ストレスに対する身体の反応が鈍くなるので、今まで感じていたストレスにぶつかっても、頭痛が発症しずらくなります。

徐々に頭痛が発症しなくなっていけば、お医者さんに頼んで薬の量を半分に減らしてもらうこともできます。

薬の用量を減らすことで、薬を飲み続けることへの不安もだいぶ和らぐかと。

薬に頼りながら、生活を改善していく

慢性的な頭痛の治し方は、次のとおり。

  • 心を落ち着かせる薬を飲む
  • 生活を改善していく

これだけです。どんな本を読んでも、どんな病院に行っても、流れは上記のとおりになります。

大切なので繰り返し書きますが、心を落ち着かせる薬を飲む→生活を改善するという流れです。

慢性的な頭痛を治す結論:心を落ち着かせる薬を飲む→生活を改善する

大切すぎて、何度も繰り返していますが、本当にこれだけです。

  • ちょっとのストレスでも頭痛が発症してしまう場合→心を落ち着かせる薬を飲むことで、ストレスに対して反応しにくい身体の状態を維持する。
  • ストレスのある生活をしている場合→生活スタイルを改善していくことで、生活の中のストレス自体を減らしていく。

本当にこれだけです。
さらに深堀りして解説していきますね。

生活を改善する具体的な方法

基本的には次の手順でOKです。

  • まずは、ストレスの原因を調査する。調査は、「なんとなくストレスを感じるな」という事柄を、その都度、簡単にメモすればOKです。
  • メモしたストレスを感じる原因を読みつつ、対応方法を書いてみる。ぱっと思い浮かぶことをすべて書けばOKです。
  • さらっと、メモした原因と対処法を読みつつ、実際に対処法を試してみる。

こんな感じです。
さらに具体例を付けつつ深掘りしますね。

家や職場と学校以外にもう一つ居場所を作る

生活を改善するなら、居場所を増やすことがおすすめです。そして、居場所を増やす方法は次の感じでOKです。

  • 身体を動かしたい場合→ジムに通いましょう。
  • 音楽が好きな場合→カラオケに行ったり、近所の音楽系の教室やサークルに通いましょう。
  • ダンスが好きな場合→ダンス教室に通いましょう。

こんな感じです。
居場所を増やす場合は、「趣味を日常生活に取り入れる」みたいな感じですね。
さらに深堀して解説しますね。

身体を動かす

身体を動かすといえば、ジムに通うことが一般的ですかね。

  • ジムには、冷暖房がある。年中快適に過ごせます。
  • 筋トレ器具がある。全身を動かせます。
  • お風呂やシャワーがある。リラックスできます。

こんな感じです。

身体を動かすって、普段動かない方は「なんだか疲れそう」みたいなことを言われますが、逆です。身体を動かすことで、全身の血流がよくなり、酸素が身体中にいきわたるようになります。
酸素が身体中にいきわたることで、全身がリラックスできるし、肉体的にも精神的にもストレスに強くなります。

この辺りは、何をするかは好みの問題なので、お好きな方法で身体を動かしてみるといいですね。

薬を飲んで生活の改善を続けていくと、徐々に頭痛が発症しなくなってくる


薬を飲んで生活の改善を続けていったら、それとセットで徐々に頭痛が発症しなくなってきます。

慢性的な頭痛の改善は、3ヶ月おきくらいで様子をみていく

結論は、下記のイメージです。

  • 薬を飲みながら、生活の改善をしていく
  • 徐々にストレスに対する耐性がついてくる
  • 3ヶ月くらいたったので、頭痛の症状がどうなったか検証する

現時点だと、「えっ?ほんとにそんなので大丈夫かよ」って感じだと思いますが、薬を飲みながら生活の改善を続けたら理解できます。
繰り返しですが、「心を落ち着かせる薬を飲む→生活を改善する」が、慢性的な頭痛を改善する基本的な手順です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ダンスが大好き。毎日ダンスのことばかりを考えている狂人系ダンスブロガーです。 主に、ダンス記事、ストレッチ記事、筋トレ記事を書いてます。すべてはダンスに必要なスキルです。