ワックダンスでデフラワーやるなら、腕以外の「あそこ」も動かしてみると、動きが変わります。

ワックダンスでデフラワーやるなら、腕以外の「あそこ」も動かしてみるとは

よくありがちなダンスの質問と疑問に答えます。

あなたの経験する悩みは、きっと他の誰かも同じように経験している悩みです。

この記事を読むことで、あなたの悩みが解決するヒントになってくれたら良いなと思います。

こんにちは。

くまさんです。

ダンスをさせていただいてます。

ストレッチをさせていただいてます。

筋トレをさせていただいてます。

このブログでは、

  • ダンスを初めた初心者
  • ダンスに慣れてきたけど動きが初心者
  • ダンスの動きに慣れてきた中級者だけどなかなか上達しない
  • ある特定のジャンルの動きはできるようになってきたけど、他ジャンルの動きになると突然初心者になる

などの、ダンスを楽しんでるけど、どうしたらいいかわからず右往左往してしまっているあなたのために、疑問を解決する答えを提供させていただいてます。

ぜひ、参考にしてみてください。

ワックダンスについて、youtubeで動画付きの細かい解説をしてます。

デフラワーやるなら、腕以外の「あそこ」も動かしてみると、動きが変わります【ワックダンス基礎】

という内容で、ゆったりとお話させていただきました。

ワックダンスでデフラワーやるなら、腕以外の「あそこ」も動かしてみると、動きが変わります。

今回の議題は、

ワックダンスでデフラワーやるなら、腕以外の「あそこ」も動かしてみると、動きが変わります。

というお話です。

デフラワーをやっていくときに、基本はまっすぐ立ったまま練習しますよね。

なぜかと言うと、デフラワーの基本は

  • 胸を張ったきれいな姿勢で立つ
  • 腕を高く上げる
  • 無限の字を、八の字を描くように手首を回す

この3つですからね。

そして、ある程度デフラワーをやり込んでいくと、立ったままきれいな姿勢で、デフラワーができるようになるかと思います。

もし、きちんときれいな姿勢でデフラワーが出来ていない人は、美しい姿勢でのデフラワーを丁寧に練習していきましょう。

ここからが、今日のお話。

デフラワーができるようになったら、腕以外の「あそこ」も動かしてみると良いですよってお話です。

デフラワーって、そもそもどういう動きなのか、ご存知ですか?

デフラワーが使われるのは、ワックダンス,ヴォーグダンスですよね。

敢えて言うなら、ジャズダンスで使われることもありますね。

いずれにしても、ダンスの動きとして、どんなことを表現していると思いますか?

あなたが、上手いなって思うダンサーのデフラワーを見てみると、答えがわかるはずです。

結論から言うと、ワックダンスでデフラワーやるなら、腕以外の腰を動かしてみると良いです。

具体的に言うと

  • 手を高く挙げたまま、ゆっくりデフラワーをやる
  • 重心を軽く下げる
  • 片方の足を前に出して、前に出した足のつま先を前に向ける
  • 腰を時計回りに回す
  • 腰を反時計回りに回す

この5つのことを意識して、特に腰の動きを意識してやってみてください。

何がいいたいかと言うと、ヴォーグダンスやワックダンスって、怪しさを表現する踊りですよって話です。

はっきり言うと、怪しさっていうのは、身体全体を連動させて、ヌルヌルっと、ヌメった感じを表現することによって、醸し出される動きです。

もっと突っ込んだ話をすると、身体のどこかが動いているときに、身体の別のパーツもヌメヌメっと動いている状態のことを、怪しい動きって考えてもらうと良いです。

わかりやすく言うと、デフラワーの場合は、腕は高く上がってますので、それ以外の身体のパーツである腰を回すことで、ヌメヌメっとした怪しさを表現していくといいですよって話です。

見出しのテーマに話を戻すと、ワックダンスでデフラワーやるなら、腕以外の「あそこ」も動かしてみると、動きが変わります。という疑問の答えは、腰を動かす、でした。

では、くまさんでした。

おつかれまさです。

ダンスのまとめ記事に戻る

ここまで記事を読んでいただき、ありがとうございます。

お疲れさまでした。

この「お疲れさまでした」を見るたびに、あなたのダンスが少しずつ上達して、ダンスを楽しんで、ダンスを心から愛して、生涯ずっとダンスと共に過ごしてくれたら良いなあと思って、記事を書かせていただいています。

もっとダンスについて詳しく知りたい方は、

ダンスに必要なすべての基礎知識をまとめてみました【マインドマップ】の記事をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です