waack(ワック)ダンスの由来と基本動作まとめ

waack(ワック)ダンスの由来と基本動作まとめ

こんな方におすすめ

  • ワックダンスについて知りたい。
  • ワックダンスの基礎技をマスターしたい。
  • ワックダンスをガチでかっこよく踊りたい。

 

そんなあなたのために、ワックダンスについてまとめてみました。

この記事でわかること

  • ワックダンスの歴史
  • ワックダンスの基礎技
  • ワックダンスをかっこよく踊るコツ
  • 手本になる素晴らしいワックダンサー

こんにちは。ダンサーのアサクママサルです。

最近、waack(ワック)ダンスを練習してます。

ボクには、全ジャンルのダンスの基本動作をマスターしたいという野望がありまして。

そんなボクは、学生に混じって近所の大学でダンスの練習中。

大学でワックダンスをやってる一年生と、毎週練習をさせてもらうようになりました。

ということで、まとめてみました。waack(ワック)ダンスの由来と基本動作を。

waack(ワック)ダンスとは

1970年代の音楽シーンで、当時ディスコが流行っていました。

ワックダンスの動作は、腕をムチのようにしならせたり、腰のしなやかな動きだったり、腕を身体に巻き付けるような動きで構成されています。

ダンサーのTyrone Proctor(タイロン・プロクター)さんが、WAACKINGと呼び始めたのが名前の由来です。

ワックダンスの基本動作

ライジングダンススクールの動画で、ダンサーのmizukiさんが、ワックダンスの基本動作を丁寧に指導してくれています。

ですので、mizukiさんの動画を参考にして、ワックダンスの基本動作を解説していきます。

リズムキープ

www.youtube.com

リズムキープ

リズムキープでは、膝をゆるく曲げて、伸びる動作を行っていきます。

アップのリズムで軽くとっていきましょう。

大きく大げさに動かすと、かっこ悪くなります。

上半身はリラックスして楽に動かしましょう。

慣れてきたら、

  • ダウンで膝をゆるく曲げて
  • アップのときに右足を外に出して
  • 足を戻しながらダウンして
  • その場でアップ
  • ダウンで膝をゆるく曲げて
  • アップのときに左足を外に出して
  • ダウンしながら戻って
  • その場でアップして

 

一連の動作を繰り返してみましょう。

足の使い方

足を外に出すときに、自分の体ごと外に行ってしまうとかっこ悪くなります

重心はあくまで動かさずにその場でアップを取りながら、足だけを外に出していきましょう。

また、膝が曲がりっぱなしになってしまったらかっこ悪くなります。

必ず、アップダウンのリズムをキープしたまま練習していきましょう。

足を前後に出す

さらに慣れてきたら、今度は足を前に出していきます。

アップのときに、右足と左足を交互に前に出していきましょう。

上半身の力がガチガチに入った状態で動くと、かっこ悪くなります。

肩の力を抜いて、リラックスして動きましょう。

だんだんできるようになってきたら、前後に動いてみましょう。

足を外に開いて、足を前に出して前に進んでいきます。

後ろに下がるときは、足を外に開いて、足を後ろに出して下がっていきます。

  • アップダウンのリズムをキープします
  • 肩の力を抜いてリラックスします

 

ポイントを押さえておきましょう。

リズムキープ+腰のリズム

www.youtube.com

リズムキープしながらお尻を動かす

リズムキープしながら、お尻を前後左右に出していきましょう。

お尻を後ろに出すときは、上半身を前に出すとかっこ悪くなります。

お尻だけを後ろに出すようにしましょう。

膝のリズムをキープしてアップしたまま、お尻を後ろに出していきます。

ステップを踏みながら腰を動かす

慣れてきたら、アップのリズムを取りながら、左右に軽くステップを踏んでいきます。

ステップを踏みながら、まずは腰を左に出していきます。

左に慣れたら、腰を右に出していきます。

右に慣れてきたら、後ろにお尻を出していきます。

後ろにお尻を出すとき、上半身が前後にぶれないように注意しましょう。

注意

ステップで足を出すときは、ロッキンのロックステディのように膝を上げてしまうと別のジャンルのダンスになってしまいます。

足を床にすらせるように動かしていきましょう。

だんだん慣れてきたら、ポッピンダンスのネックロールやショルダーの上下動作を足しながら練習してみましょう。

  • リズムをキープしてアップしたままお尻を後ろに出します
  • 上半身が前後にぶれないようにします

 

ポイントを押さえておきましょう。

フォーコーナー

www.youtube.com

フォーコーナー

フォーコーナーは、ソウルダンスの中に入っていて、多くのジャンルに共通して使われる動きです。

お尻を後ろに回して、足を腰から出します。

出した足を引いて、反対側の足を腰から出します。

上半身がぶれると、かっこ悪くなります。

重心は前に動かさないように、腰と足を前に出していきましょう。

腰を出して足を出すときに、足を上から差し込んでいくとかっこ悪くなります。

地面を滑らせるように足を動かしましょう。

フォーコーナーで身体の向きを変える

横を向きたいときは、お尻をまわして腰を回して身体の向きを変えて、腰から足をすべらせるように前に出していきます。

腰の方向で、自分自身が見る方向が変わります。

慣れてきたら、腰を回して、ターンをして、足をスイッチして出します。

身体だけ反転するのではなく、腰を中心として、90度、180度と回っていきます。

足だけで身体の向きを変えるのではなく、腰から回ることを意識しましょう。

  • 上半身の位置をキープして
  • 地面をすべらせるように足を動かします

 

ポイントをしっかり押さえておきましょう。

胸と腰と膝のリズム

www.youtube.com

胸を前に出す

胸が前へ出るときに、お尻が後ろに動きます。

大きく胸を出すとかっこ悪くなります。

自分が上に伸びるときに、自然と胸を前に出すようにしましょう。

アップのときも、ダウンのときも胸を軽く前に出していきます。

リズムをとりながら進む

重心が両足の真ん中に来ると、動こうとしても進めなくなってしまいます。

重心は後ろ足に乗せるようにしましょう。

横向きに進むときは、腰が戻るときに後ろの足がくっついてきて、前の足を前に軽く出してアップしてダウンしてと続けていきます。

  • 胸と腰を使うときは、力みすぎず自然に使えるようにします
  • 前後に伸びることを考えるのではなく、上に伸びることをイメージします
  • 進むときは、少しずつ進みます

 

ポイントをしっかり押さえておきましょう。

腕の動き

www.youtube.com

腕の動き

腕を伸ばして曲げての動きを、顔の前でやります。

手のひらを正面に向けて、肘を上げます。

肩を上げないようにしましょう。

首をリラックスして、肩を落として、あごの下から頭の後ろまで肘を支点にして腕を動かしていきます。

肘が一緒についてくるとかっこ悪くなります。

なるべく肘を固定したまま腕を動かしましょう。

前に行ったときに肘が下がらないように、後ろに行ったときに肘が閉じてしまわないように、肘が開いたままになるように意識します。

手のひらは、チョキでもグーでもパーでもいいので好きな形で練習しましょう。

まずは、片手ずつ動かしていきます。

慣れてきたら、両手同時に動かしていきます。

さらに慣れてきたら、片手ずつ交互に入れ替えながら動かしていきましょう。

腕の動きのコツ

お腹に力を入れてないと、身体がぶれてかっこ悪くなってしまいます。

しっかりお腹に力を入れて、体幹がぶれないようにしましょう。

首の力は抜いて、リラックスしましょう。

ゆっくり動かして、スピードを倍速にしてみたりと、交互に繰り返してみましょう。

  • 肘の位置を固定して腕を動かします
  • 基本は手のひらを正面に向けたままにします
  • リズムが速くなっても腕はしっかり顎の下と頭の後ろに動かします

 

ポイントをしっかり押さえておきましょう。

腕をのばしたまま振る

www.youtube.com

腕をムチのように振る

腕を伸ばしたまま斜めや横に開いてみましょう。

イメージは、リラックスして腕をムチのようにしならせて動かします。

直線に動くのではなく、遠くから巻きつけて腕を動かします。

上に出すときは、腕を放り投げるイメージで動かしましょう。

身体が前後に伸びるとかっこ悪くなります。

身体はリズムに合わせて、上に伸びるイメージを持ちましょう。

フォーコーナーと腕のムチの動きを合わせる

フォーコーナーの動きに合わせて、練習してみましょう。

腰を回して足を出します。

右足が前にでているので、右手ではなく左手をまわして右肩の上辺りに引っ掛けます。

真ん中を通る腕の動きは、肘を横に出して戻してもいいし、肘を下に向けて戻してもいいです。

腕を戻さなくて自然なままでも構いません。

慣れてきたら、フォーコーナーの動きに合わせて、上・下・横・斜めと自由に腕を振ってみましょう。

歩きながらでもできますし、手と足を逆に動かすパターンもあります。

  • リズムがなくなってしまわないようにします
  • 自分の軸を持って、でんでん太鼓のように遠くから身体に腕を巻き付けます

 

ポイントをしっかり押さえておきましょう。

腕の回転

www.youtube.com

肘を固定して腕を回す

まず、きれいに肘が回る練習をしていきます。

肘を時計の真ん中だと思ってください。

手の先が時計の針です。

手の先は、一番遠くを回ります。

肩が上がるとかっこ悪くなります。

肩をリラックスして、首がまっすぐ長く伸びた状態で腕を大きく動かしましょう。

外回し、内回しでまわしていきましょう。

速くなっても、腕の動きが小さくならないようにしましょう。

注意

肘が下がるとかっこ悪くなります。

肘が動かないようにして、大きく腕を回しましょう。

腕の回転のコツ

胸の前に、一本の横棒があることをイメージしてください。

その棒を、腕で内側から一回転して頭の後ろへ。

戻ってくるときも、棒の周りを外側から一回転して戻ります。

腕の回転のバリエーション

まずは、肘を開いたパターンで練習してみましょう。

次は、肘を閉じて腕を回していきます。

腕を縦側に回します。

そして腕は一番遠くを通ってから耳の横で折ります。

帰りもしっかりと伸ばしてから、肘が上に来るようにします。

肘を下げて腕を回してから戻します。

次は、腕を回す位置を変えていきます。

前面で360度の軌道で腕を交互に回転させていきます。

右手から回転をスタートさせて、右手で終わりましょう。

右手が終わって、左手が追いかけてきて動作が終わります。

慣れてきたら、両腕を一緒に回してみましょう。

  • 肘が下がらないように腕を大きく回します
  • リズムが速くなっても動作がクリアになるようにします

 

ポイントをしっかり押さえておきましょう。

腕を止める

www.youtube.com

腕を止める

腕を動かして、最後に手首を動かし止めます。

腕を伸ばしてパンチするというよりは、手首でスナップを効かせましょう。

しっかり止まることが大事です。

身体が腕に持っていかれるとかっこ悪くなります。

お腹に力を入れ、しっかりと踏ん張って手首を止めましょう。

自分が制御できる範囲で身体を動かすといいでしょう。

手を出したときに、出した手と反対側の腰がちょっと横に出ます。

手と腰で引っ張り合うイメージです。

腕を止める動きのバリエーション

腰を入れるパターンと、腰を入れないパターンの両方を練習してみましょう。

横・上・下・前と腕を伸ばして手首を動かして止めてみましょう。

止めの動作が流れるとかっこ悪くなります。

動きの中で、止めるときはしっかり止めましょう。

  • 軸がぶれないように注意します
  • 止めるときはしっかり止めます

 

ポイントをしっかり押さえておきましょう。

ポーズ

www.youtube.com

ポーズ

一番大事なことは、ポーズをしっかりとることです。

ただストップするのではなく、ポーズでなくてはいけません。

100%キマってないとダメです。

ポーズをとるときの注意点は、軸がおかしなところにいってしまわないようにすること。

手先、足先、頭の先まで全部を意識すること。

気が抜けちゃうことがないように、全身で作り込んでください。

ポーズを。

ポーズ上達のコツ

とにかくポージングで大事なことは、自分に自信を持ってやることです。

一つひとつの動作で、自分の個性を出せるように好きな動きをしていきましょう。

ポーズには練習が必要です。

踊っている中で、急に出せるくらい練習していきましょう。

  • 100%しっかり止まります
  • 手先、足先、頭の先まで全部を意識します

 

ポイントをしっかり押さえておきましょう。

ウォーク

www.youtube.com

ウォーク

普通に歩けばいいんですが、自分に自信を持って歩きましょう。

ダラダラ歩くとかっこ悪くなります。

自分の目の前に白線があると思って、その上を歩きます。

白線からはみ出さないように、白線の上を歩きます。

目的地まで着いたら、顔を残して後ろを振り返ってから、もとに戻ります。

ゆっくり歩くときもあるし、早く歩くときもあります。

タイミングは自由です。

ものすごくゆっくり歩いて、ものすごくゆっくりポージングするのもありです。

  • 白線をイメージして歩きます。
  • 自分に自身をもって歩きます

 

ポイントをしっかり押さえておきましょう。

リズムと腕の動き

www.youtube.com

リズムキープと手の動きを足していきます。

応用技になるので、リズムキープと手の動きそれぞれをしっかり練習してからやっていきましょう。

  • 右・左とアップのリズムをキープしたまま動きながら、手の平を正面に見せる腕の動きを足します
  • また、フォーコーナーの動きに、手の平を正面に見せる腕の動きを足していきます
  • さらに、左と右を向きながら胸と腰と膝のリズムが入った動きに、手の平を正面に見せる腕の動きを足しましょう
  • 次に、両手を使った回転の動きを、前に行きながらやります
  • そして、リズムをとりながら、両手を前後に軽く出しつつ後ろに下がっていきます

リズムキープと腕の動きを、バラバラにしないでしっかり組み合わせて、はっきりと動きましょう。

手の動きを入れてもリズムを崩さないように、リズムをしっかりキープしましょう。

  • 手をつけてもしっかりリズムキープします

 

ポイントをしっかり押さえておきましょう。

コンビネーション

www.youtube.com

リズム、腕、ポージング、すべての要素を足してコンビネーションをやっていきます。

  • まず、リズムをとりながら足を外に出します
  • 前に行きながら、手の平を正面に見せる腕の動きを足します
  • そして、後ろに戻ります
  • 次に、手をムチのように振る動きを足します
  • 前に行きながら、上と下に腕を振ります
  • そして、止める動きを2回入れます
  • その後に、腕の回転の動きを入れます
  • そして、フォーコーナーターンを入れます
  • その後、ポーズを4つ入れます
  • エンカウントでジャンプして、腕を前に振ってクロスします
  • 大きく手を回して、最後ポーズで終わります

 

コンビネーションのポイントは、動きが切れてしまわないようにすることです。

1つ前の動きから次の動きを必ずつなげていけるようにしましょう。

一つ一つの動きをはっきりやっていきましょう。

  • 動きが途切れないようにコンビネーションします

 

ポイントを押さえておきましょう。

おすすめのワックダンサー

ワックダンサーの中でも、BADQUEENのIBUKIさん、KATYさん、Bagsyさん、LIP Jさんなど、見ておいて絶対損はないダンサーさんについて、お話ししていきます。

IBUKI

www.youtube.com

BadQueenのIBUKIさんは、とても小柄な方です。

ですが、それを感じさせないほどのスピード感と完璧なリズム感が、彼女をすごく大きく見せている気がします。

登場してきたときの位置で、動画の右側にいる方がIBUKIさんです。

ワック特有のトゥエルの動きが上手いのは当然っちゃ当然なんですが、それ以外の、ボディーウェーブもポッピンダンサーばりにしっかりこなしていますし、タッティングの動きもしっかりこなされています。

動画の3分くらいから見てみてください。動き自体はワックの基本技の組み合わせでできているんですが、やはり、普段からしっかり練習されているのがよく分かるほどに、とても動きがなめらかで美しいです。

基本をしっかり練習されているからこそ、これほどの動きができるのではないかと思います。

KATY

www.youtube.com

まだまだ、13歳の中学生というKATYさんですが、手足が長くワックの動きがとても映えます。

この動画は、17歳のMiiさんと一緒に踊られていて、2人で、PINK×LADYというダンスユニットとしても活動しておられるようです。

最初の動きから、アイソレーションがしっかりできていて、ボディーウェーブもなめらかで、身体がとても柔軟なので、KATYさんはこれからどんどんダンスが上手くなっていくかと思います。

Bagsy

www.youtube.com

Bagsyさんは、動画の左側にいる、白いスーツを着た男性の方です。

コミカルな動きを多用されているのでわかりにくいかもしれませんが、よく見るとワックの基本の動きがしっかりされています。

音に対する感覚が独特というか、ものすごく面白いとり方をしているので、エンターテイメントを見ているような感覚になります。

ワックダンスで使われるソウルダンスの動きもしっかりこなされていますので、控えめに言っても、ものすごくダンスの上手い人です。

技を極めるだけでなく、ダンスの魅せ方を勉強したい方は、Bagsyさんの動画を検索して、何度も繰り返し見てみてください。

LIP J

www.youtube.com

LIP Jさんは、動画の左側にいる黒い服の女性です。

RIP Jさんは、オールドスクールのワックの基本の動きを、とても忠実に実践で使いこなされている印象があります。

ワックで使われるソウルダンスの腰使いがすごくなめらで美しく、まさにワックダンスの教科書といってもいいくらいに基本の動きが抜群に上手いです。

個人的な意見ですが、LIP Jさんが、ワックダンサーの中で、動きも体型も含めて一番セクシーな気がします。

ワックダンスとは~さらに詳しく解説~

www.youtube.com

ワックダンスは、パンクダンスとも呼ばれていて、1970年代のディスコ時代に、ロサンゼルスのLGBTのクラブで作り出されたダンスです。

このダンススタイルが、パンキングとも呼ばれているのは、1970年代にゲイの男性を軽蔑する言葉としてPunkという表現が使われていたためです。

パンキングと名付けることは、ネガティブな言葉をポジティブな言葉に変える方法としても使われていました。

パンキングの中でも、whackというのはパンキングスタイルの中の特定の動きでした。

ヘテロセクシャルの、異性愛のダンスコミュニティーでも、パンキングは踊られていて、彼らは、ネガティブで、バイオレントで、セクシャルな意味を含有するパンキングという名称を欲していなかったので、それ故に、そのダンスジャンルをwaackinと呼ぶようになりました。

後に、Tyrone ProctorがアルファベットのGを加えて、waackinをwaackingと表現するようになりました。

waackingは、音楽のビートに合わせて、腕を動かす動きで構成されています。

典型的には、腕を肩の前後に動かす動きが特徴的です。

waackingは、ポージングやフットワークなどのエレメンツも含んでいます。

waackingでは、リズムや音楽の解釈を強く強調しています。

ムービースターのLauren Bacall、Marlene Dietrich、Bette Davis、James Deanからもインスピレーションを受けています。

waackingは、アメリカの音楽ダンスTV番組であるSoul Trainで人気になり、ロサンゼルスを中心としたワックダンスグループであるOutrageous Waacking Dancersの作り出した作品によって世の中に広まっていきました。

2011年に、 アメリカのTV番組であるSo You Think You Danceで、Kumari Surajが振り付けしたダンスルーティーンによって、 waackingは、再び注目されました。

waackingの典型的な音楽のチョイスは、1970年代のディスコ音楽です。

waackingのオリジネーターは、様々なヨーロッパ地域のレコードや音楽を聴きながら、地下のディスコで踊っていたというふうに言われています。

参考になる記事を載せておきます。

おすすめの関連記事

その他のワックダンス記事も参考にしてみてください。

ワック(Waack)ダンスの基礎技解説!トゥエルのやり方も – ダンスが大好き

まとめ

女性らしいしなやかな動きが特徴ですが、男性が踊ってもかっこよくなりますよ。

ワックダンスを通して、身体の美しい見せ方を学ぶことができます。

できない動作があっても、あきらめずに練習を重ねていけば必ずできるようになります。

  • リズムを常にキープすること
  • 身体の力を抜いてリラックスすること
  • リズムが速くなっても動作がクリアになるように動くこと

 

ポイントをしっかり押さえて、かっこいいワックダンスを踊れるように練習していきましょう。

参考にした記事。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ダンスが大好き。毎日ダンスのことばかりを考えている狂人系ダンスブロガーです。 主に、ダンス記事、ストレッチ記事、筋トレ記事を書いてます。すべてはダンスに必要なスキルです。