ワックダンスの基礎技!ワックアタックのやり方を解説!

こんな方におすすめ

  • ワックダンスの基礎技を知りたい。
  • ワックアタックについて知りたい。
  • ワックダンスの技のバリエーションを増やしたい。

 

この記事を読んでわかること

  • ワックダンスにはいろいろな技のバリエーションがある
  • ワックアタックのやり方

僕は、週2回ダンススクールに通ってダンスを練習しています。

最近、振り付けでワックアタックの細かいやり方を教わったので、まとめてみました。

ワックアタックでは、ワイングラスを握るようにスタートして、最後はこぶしを振り下ろします。

こぶしを振り下ろしてアタックするので、ワックアタックです。

なお、ワックアタックが正式名称かどうかは不明ですが、僕はワックアタックと呼んでいます。

ワックダンスにはいろいろな技のバリエーションがある

ワックダンスでは、腕を自在に振り回していく動きが多いです。

縦のトゥエル、横のトゥエル、しゃがんでいきながらの肘関節主導の動き、デフラワー、オープンウィンドウ、ワックアタックなどです。

今回は、ワックアタックについて、深掘りしていきます。

ワックアタックのやり方

こんな方におすすめ

  • ワックで使う応援団みたいな技のやり方を知りたい
  • ワックアタックの簡単なやり方を知りたい

ワックアタック

片腕を前に伸ばします。

腕を振る側に、半分くらい身体を開いていきます。

指先は、ワイングラスを握るような形にします。

補足

親指が上向き、人差し指をピンと正面に伸ばしてワイングラスを握るような指先にするのがポイントです。

セクシーさを出すために、人差し指に意識を持っていきます。

腕を振る側に半分くらい身体を開くことで、動作を自然に行いやすくなります。

腕を後ろに振っていきます。

ひじを支点にして、腕を前まわしで上から360度回していきます。

ひじを高く上げます。

ひじを高く上げた状態を保ったまま、指先を揃えます。

指先をそろえたまま、手首を支点にして耳の横を前回しで360度回します。

補足

指先がぐちゃっとなると動きが汚くなるので注意しましょう。

指先をそろえることで、動きがきれいに洗練されて見えます。

ひじを前に振り下ろしながら、こぶしを軽く握ります。

腕を前に伸ばしながら、こぶしを上から前に振り下ろします。

左が終わったら、右でも同じようにやっていきます。

ワックアタックを練習するときは、左右交互に繰り返すイメージです。

補足

動画では、見てわかりやすいように左だけやっています。

実際練習するときは、左右交互にやっていきます。

おすすめの関連記事

ワックダンスを踊るときは、肩の柔軟性が大事です。

肩の柔軟性を上げるなら、肩のアイソレーションや肩のセクシーな使い方を書いた記事を参考にしてみて下さい。

ダンスで柔らかさを表現する肩甲骨の使い方を解説!

ダンスに必要な肩甲骨ストレッチのやり方を解説!アイソレーションも!

まとめ

ポイントを押さえて練習してみて下さい。

ワックアタックを、かっこよくできるようになると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ダンスが大好き。毎日ダンスのことばかりを考えている狂人系ダンスブロガーです。 主に、ダンス記事、ストレッチ記事、筋トレ記事を書いてます。すべてはダンスに必要なスキルです。