ワックダンスは腕の技術訓練になる【ワックダンスで腕の動きに特化した練習をする】

ワックダンスは腕の技術訓練になるとは

ワックダンスを練習するっていうのは、どういうものだと考えたらよいの?

という疑問に簡単に答えていきます。

ワックダンスは腕の技術訓練になります

ダンスを上達させたいって考えている男性で「男だからワックはやらない」って考えてる人は、考え方を改めた方が良いです

何故かというと、ワックダンスの動きは、腕を柔らかく使うための技術訓練になるからです。

もっと突っ込んだ話をすると、肩回りが固い人はワックダンスの基礎的な腕の動きができないので、正確に言うと「やらない」んじゃなくて、やらないって言ってる人の大半は「できない」んだよって話です

じゃあどうしたらいいかと言うと、もしワックダンスを習ったり練習したるする機会があるなら、すぐに挑戦してみると良いです。

例えば、デフラワーをやってみて下さい

猫背になって首が前に出てしまう人は、身体が固い証拠です。

身体を柔らかくするストレッチをやって、身体を柔らかくしていきましょう。

腕が高く上がらない人も、身体が固い証拠ですので、ストレッチをやると良いです。

さらに言うと、手首がきちんと回せない人は、手首が固い証拠です。

手首を柔らかくするストレッチをやって、デフラワー自体を練習して手首を柔らかくしていきましょう。

何が言いたいかというと、デフラワー1つとっても、身体の柔軟性がないとできませんよって話です

補足

「男だからワックをやらない」って言ってる人の大半は、身体の柔軟性がないので、「ワックをやらない」んじゃなくて「ワックができない」ってことを覚えておいてください。

ハッキリ言うと、男性でワックをきちんと踊りこなしている人がいたら、きちんと柔軟ストレッチをやってきたすばらしい人なんだよって話です。

僕の1人目の師匠は、男性でしたが、ものすごく美しくきれいにワックの動きをされていました。

まとめると、ワックダンスは身体の柔軟性がないとできない動きで、動作的に腕を柔らかく使う必要があるため、腕の技術訓練になりますよってことを覚えておいてください。

ダンスのまとめ記事に戻る

お疲れさまでした。

この「お疲れさまでした」を見る度に、あなたのダンスが少しずつ上達して、ダンスを楽しんで踊れるようになってくれたらいいなあと思って、記事を書かせていただいています。

もっとダンスについて詳しく知りたい方は、

ダンスに必要なすべての基礎知識をまとめてみました【マインドマップ】の記事をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です