ワックダンスの基礎技!縦のトゥエルのやり方を解説!

こんな方におすすめ

  • ワックダンスの基礎技を知りたい。
  • ワックで使われる縦のトゥエルのやり方を知りたい。
  • 手を縦にクルクル回す技のやり方を知りたい。

 
この記事を読んでわかること

  • ワックダンスでは腕を使う技がいろいろある
  • ワックダンスの縦のトゥエルのやり方

僕は、週2回ダンススクールに通ってダンスを練習しています。

僕の通っているスクールの先生が、ワックダンスの動きを振り付けに使うので、レッスン内の振り付けでワックの動きが頻繁に出てきます。

今回は、その中の縦のトゥエルの動きをまとめてみました。

正式名称は不明ですが、僕は縦のトゥエルと呼んでいるので、縦のトゥエルと言うことで、お話ししていきます。

ワックダンスでは腕を使う技がいろいろある

ワックダンスでは、ワックアタック、縦のトゥエル、横のトゥエル、肘関節主導の動き、肘固定しての腕のロールなど腕を使う技がいろいろあります。

ワックダンスの基礎技!ワックアタックのやり方を解説!

今回は、縦のトゥエルのやり方を深掘りしていきます。

ワックダンスの縦のトゥエルのやり方

ワックダンスの縦のトゥエルのやり方

肩幅くらいに足を開いて立ちます。

指先をそろえるか、もしくはワイングラスを握るように指先を開きます。

人差し指に意識を持っていきます。

掌を上に向けて、腕を前から上に上げながら、腕全体を上げていきます。

ひじが上がったら、ひじを固定します。

ひじを固定したまま、手首を支点にして指先を耳の周りで時計回りに回転させます。

腕をまっすぐ上に伸ばします。

ひじを高く固定したまま、指先を頭の後ろに降ろします。

あとは、来た道を戻っていきます。

腕をまっすぐ上に伸ばします。

ひじを固定したまま、手首を支点にして指先を耳の周りで反時計回りに回転させます。

腕を前に投げ出しながら、下に降ろしていきます。

補足

人差し指に意識を持っていきます。

指先が雑になると、動き全体が雑に見えます。

ひじを固定することを意識します。

ひじを固定することで、動き全体が洗練されて見えます。

初心者の方は、拳を握ったりして力が入っていることが多いです→使っていない方の手を、リラックスして脱力するようにしましょう。

おすすめの関連記事

その他のワックダンスの動きも書いてます。

ワックダンスの基礎技!ワックアタックのやり方を解説!

ワックダンスを踊るときは、肩の柔軟性が大事です。

肩の柔軟性を上げるなら、肩のアイソレーションや肩のセクシーな使い方を書いた記事を参考にしてみて下さい。

ダンスで柔らかさを表現する肩甲骨の使い方を解説!

ダンスに必要な肩甲骨ストレッチのやり方を解説!アイソレーションも!

まとめ

縦のトゥエルは、ワックダンスの基礎的な技です。

ぜひ、練習してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ダンスが大好き。毎日ダンスのことばかりを考えている狂人系ダンスブロガーです。 主に、ダンス記事、ストレッチ記事、筋トレ記事を書いてます。すべてはダンスに必要なスキルです。