ワックダンスの基礎技!肘のロールのやり方を解説!

こんな方におすすめ

  • ワックダンスの基礎技を知りたい。
  • ワックダンスの肘のロールのやり方を知りたい。
  • 肘を固定して腕を動かす技のやり方を知りたい。

 
この記事を読んでわかること

  • ワックダンスには腕を使った技がいろいろある
  • ワックダンスの肘のロールのやり方

僕は、週2回ダンススクールに通ってます。

ダンススクールのレッスン内の振り付けで、でワックダンスの技が頻繁にでてきます。

今回は、その中でも肘のロールについて記事にまとめてみました。

正式名称は不明ですが、僕は肘のロールと呼んでいますので、肘のロールということでお話ししていきます。

ワックダンスには腕を使った技がいろいろある

ワックダンスの基礎技には、ワックアタック縦のトゥエル、横のトゥエル、肘関節主導の動き、肘固定しての腕のロールなど腕を使う技がいろいろあります。

ワックダンスの基礎技!ワックアタックのやり方を解説!

ワックダンスの基礎技!縦のトゥエルのやり方を解説!

今回は、肘のロールのやり方を深掘りしていきます。

ワックダンスの肘のロールのやり方

こんな方におすすめ

  • 肘を固定して腕を回す技のやり方を知りたい
  • 肘まわりの柔軟性を上げたい

肘のロールには、「内回しと外回し」があります。

肘を固定するイメージで行います。

左右の腕の高さを揃えます。

左右の腕の動くタイミングを揃えます。

内回しの肘のロールのやり方

足を肩幅くらいに開いて立ちます。

両腕をサイドに伸ばします。

腕を肩の高さまで上げます。

人差し指を意識して、ワイングラスを握るような指先の形にします。

指先に意識を集中させます。

なるべく肘を固定したまま、腕を内回しに360度回していきます。

肘を固定したまま、腕を下に向けます。

肘を固定したまま、腕を内側に向けます。

肘を固定したまま、腕を上に向けます。

肘を固定したまま、腕を外に向けます。

最初は、ポイントを確認するために、ゆっくり止まりながらやっていきます。

慣れてきたら、止まらずに腕を360度回していきます。

外回しの肘のロールのやり方

足を肩幅くらいに開いて立ちます。

両腕をサイドに伸ばします。

腕を肩の高さまで上げます。

人差し指を意識して、ワイングラスを握るような指先の形にします。

指先に意識を集中させます。

なるべく肘を固定したまま、腕を外回しに360度回していきます。

肘を固定したまま、腕を上に向けます。

肘を固定したまま、腕を内側に向けます。

肘を固定したまま、腕を下に向けます。

肘を固定したまま、腕を外に向けます。

最初は、ポイントを確認するために、ゆっくり止まりながらやっていきます。

慣れてきたら、止まらずに腕を360度回していきます。

補足

肘まわりの固い方は、腕があまり動かないと思います。

無理しない程度に、ゆっくり行いましょう。

普段やらない動きですので、やりすぎないようにしましょう。

毎日1分でも2分でもいいので、少しずつ練習するのがおすすめです。

おすすめの関連記事

ワックダンスの基礎技!ワックアタックのやり方を解説!

ワックダンスの基礎技!縦のトゥエルのやり方を解説!

ワックダンスを踊るときは、肩の柔軟性が大事です。

肩の柔軟性を上げるなら、肩のアイソレーションや肩のセクシーな使い方を書いた記事を参考にしてみて下さい。

ダンスで柔らかさを表現する肩甲骨の使い方を解説!

ダンスに必要な肩甲骨ストレッチのやり方を解説!アイソレーションも!

まとめ

肘のロールは、ワックダンスの基礎的な技です。

しっかり練習してマスターしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ダンスが大好き。毎日ダンスのことばかりを考えている狂人系ダンスブロガーです。 主に、ダンス記事、ストレッチ記事、筋トレ記事を書いてます。すべてはダンスに必要なスキルです。