TWICEのダンスを練習するためのポイントを徹底解説!!

こんな方におすすめ

  • TWICEのコピーダンスを練習している。
  • TWICEみたいな動きをしたい。
  • TWICEが大好き。

 
僕は、最近ガールズ、ジャズ系ダンスの身体の使い方を研究して実践してます。

その中で「TWICE」のダンスが好きでずっと見てまして、「TWICEのダンスを練習するためのポイント」が徐々に見えてきました。

ということで、僕なりに気づいたTWICEのダンスを練習するためのポイントについてお話ししていきます。

TWICEのダンスを練習するためのポイントを動画で解説!!

youtubeに「TWICEのダンスを表現するための身体の使い方」の動画を投稿してます。

動画の解説を見つつ、記事を読んでみて下さい。

TWICEのような「女性らしい」立ち方

まずは、立っている姿についてお話ししていきます。

TWICEの皆さんは、女性です。

そして、女性には「女性特有の身体のライン」というものがあります。

例えば、男性の場合は、まっすぐなラインに対して、スーッと上から下にまっすぐ頭から足までつながった縦のシルエットで立ちます。

しかし、女性の場合、

胸が前に出て、お腹が引っ込んでお尻が後ろにプリっと出た、S字のシルエットで立ちます

つまり、ダンスとしてTWICEの身体のシルエットを表現するなら「S字のシルエット」を意識して立てばいいんです

ポイントは2つあって

  • 胸をグーっと前に出す
  • 骨盤を後ろに上げて、お尻をプリっと後ろに突き上げる

この2つを意識して、立つようにしましょう。

補足

身体の固い方は、胸もお尻もあまり動かないパターンの方が多いです。

まずは、胸だけでもいいので、グーっと前にだすように意識してみて下さい。

それだけでも、TWICEのような「女性らしいきれいな立ち方」に近づいていきます。

補足

デスクワークで猫背になりがちな方は、胸を張るだけで、かなり猫背が改善されていきます。

TWICEのダンスを見ているとわかるかもしれませんが、彼女たちは猫背で踊っていませんよね。

ですので、胸を張って立つことを意識していきましょう。

胸を張ることでダンス的にも呼吸的にも良い効果が期待できます。

胸を張ることのメリット

➀胸を張ることで、自信のある雰囲気が出せるし、

➁胸を張ることで、胸郭が広がって呼吸が楽になるんです。

➂また、呼吸が楽になれば、すべての動作に余裕が出せるようになります。

この3つの効果が期待できます。

振り付けを覚えるのも大事ですが、まずは、立ち姿からTWICEに変えていきましょう。

以下の動画でも、細かく動きを解説してます。

TWICEのような「モデル歩き」のやり方

TWICEのような女性らしい立ち方についてお話ししてきました。

ここからは、女性らしい立ち方を応用して、TWICEらしい歩き方について、お伝えしていきます。

  • 胸をグーっと前に出す
  • 骨盤を後ろに上げて、お尻をプリっと後ろに突き上げる

この2つを意識して立ってみて下さい。

そして、まずはそのまま歩きましょう。

これだけでも、きれいな歩き方になっているはずです。

ですが、もう一工夫するだけで、歩き方がまったく変わってきます。

どうしたらいいかと言うと、動画の冒頭でもお伝えしていますが、つま先から先行して歩いてみて下さい

つま先から歩くことで「つま先まで意識ができている」のが、見ている人に伝わるようになります

試しに、つま先から歩いた様子を動画に撮ってみて下さい。

普段の歩き方と、まったく違うのがわかるかと思います。

注意

かっこよく歩こうとして、肩に力が入ってしまうパターンの方が多いです。

リラックスして、肩の力を抜いた状態で歩くようにしましょう。

補足

つま先から歩くことに慣れるまでは、時間がかかるかもしれません。

まずは、ゆっくりでいいので、徐々につま先から歩くことに慣れていきましょう。

歩き方が変わると、ダンスがもっとかっこよくなるはず。

以下の動画でも、細かく動きを解説してます。

注意

TWICEのように女性らしくかっこよく歩くには、つま先以外にも、意識するポイントがたくさんあります。

徐々に、項目を追加していく予定です。

TWICEのように「女性らしく」脇を閉じる

TWICEのダンスを踊るときの腕の使い方について、お伝えしていきます。

例えば

  • 物をつかむとき
  • ご飯を食べるとき

動きの美しい女性の腕は、どのようなシルエットになっていると思いますか?

答えは簡単で、脇を閉じているんです。

ですので、ダンスでTWICEのような「女性らしさ」を表現するために、脇を閉じてみて下さい

そして、脇を閉じる意識で腕を動かしていきます。

物をつかむ

例えば、物をつかむような動作をします。

脇を閉じたまま、物に近づいていって、脇を閉じたまま掴む意識でやってみて下さい。

腕を3回振りながら下から上に上げていく

さらに、下から上に円を描くように腕を3回振りながら上げていく動作をします。

脇を閉じたまま、下から上に円を描くように腕を3回振りながら上げていく意識でやってみましょう。

このように、TWICEのダンスを踊るときは、脇を閉じることを意識してみて下さい。

女性らしい、しなやかな腕の動きが表現できるはずです。

補足

脇を閉じることに慣れていない人は、腕の動きがぎこちなくなるパターンが多いです。

日常生活で、脇を閉じることを意識して腕を動かすことで、徐々に慣れてくるはずです。

TWICEっぽい動きをするためには、普段の身体の使い方も大事になってきます。

注意

脇を開いた状態で腕を動かすと、女性らしいというよりも、ワイルドな動きになってしまいます。

TWICEのようにダンスを踊るなら、基本的に脇を閉じて腕を動かすことを意識してみてください。

TWICEのように「女性らしく」肘から腕を動かす

TWICEのダンスを踊るときの肘の使い方について、お伝えしていきます。

TWICEのように、腕をしなやかに動かすためには、肘の使い方が大事になってきます。

まっすぐ立った状態のまま、腕をサイドに伸ばしていきます。

腕をサイドに伸ばすときに、指先ではなく肘を先に動かしてみて下さい

肘が上がってきたら、指先を動かしていきます。

さらに、腕を下から上に伸ばしていきます。

腕を下から上に伸ばすときに、指先ではなく肘を先に動かしてみて下さい

肘が上がってきたら、指先を動かしていきます。

そして、腕を上から下に伸ばしていきます。

腕を上から下に伸ばすときに、指先ではなく肘を先に動かしてみて下さい

肘が下がってきたら、指先を動かしていきます。

注意

しなやかな腕の動きに慣れていない方は、肘も指先も同時に動かしてしまうパターンの方が多いです。

まずは、ゆっくりでいいので、肘を先に動かす意識で練習してみましょう。

補足

練習するときは、「肘→指先→肘→指先」と唱えながらやってみて下さい。

黙ってやるよりも、腕の動きを意識できるようになるはずです。

注意

後日、更に内容を追記していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です