習慣化を続けるコツはシンプル【頑張らないこと】

こんな方におすすめ

  • 新しいことを習慣化しようとしても、挫折してしまう。
  • 悪い習慣をやめたい。
  • 自分の人生をもっとより良くしていきたい。

 

新しい習慣をスタートさせる方法とは

新しい習慣を始めるときに、気合い入れすぎて空回りしてませんか?

そうですよね。

わかります。

今の自分とは違う、理想の自分になりたいと決意して、意思の力で頑張ろうとしてるんですよね。

  • 筋肉質なかっこいい身体になりたい
  • ダイエットして理想のボディーを手に入れたい
  • 資格試験に挑戦してキャリアアップをしたい

など、かっこいい理想の自分を想像して、気合いだけは入っているはず。

例えば

身体を鍛えてかっこよくしようと、ジムに入会したAさん。

毎日、1時間みっちり筋トレするぞと決意をもって最初の日は頑張りました。

ですが、3日過ぎ、1週間が過ぎ、1か月経つ頃には、ジムから足が遠ざかっていました。

この文章を読んでくださっているあなたは、きっとAさんと同じような行動をとってますよね。

わかります。

最初は意気込んで頑張ってみたものの、いつのまにか決意が弱まって、なにごともなかったかのように、いつもと同じことだけを繰り返す日常に戻っている

習慣化する方法をガッツリ学びたい方へ

とり急ぎ、習慣化する方法をガッツリ学びたい方は、自分を変える習慣力をポチっておきましょう。

習慣化のスタート時点で、意思の力に頼りすぎないこと

習慣化できない原因はシンプルでして、

意思の力で自分をコントロールしようと頑張りすぎ、無理をしているからです。

ここで知ってほしいのは、人間の意思力は何かしようと頑張れば頑張るほど消費されていくということです。

ザックリ言うと「意思力を使って新しいことを習慣化しようと頑張りすぎる→すぐに消耗してしまう→意思の力に頼りきっているので、意思力が消耗したとたんスイッチが切れたように行動できなくなってしまう」流れです。

例えば、ここでちょっとした実験を考えてみます。

ジム通いを習慣化するために、2人の被験者に別々の行動をとってもらいます。

➀Aさんは、先ほどお話ししたように、毎日ジムに通って一時間筋トレするという目標を立て行動。

それに対して

➁Bさんは、とりあえずジムに通って週1回だけ30分筋トレするという目標を立て行動。

さて、どちらが長くジム通いを続けられたでしょうか?

勘のいいあなたは、もう何も言わなくても答えがわかってますよね。

そうなんです。

長くジムに通い続けることができたのは、Bさんです。

人の意思力は何か新しいことをやるたびに消費されていくので、最初から頑張りすぎると、やる気のエネルギーが切れてしまうんです。

ですので、できる限り意思の力に頼らない状態で続けることが大事なんです。

そして、もう一つ重要なことがありまして、

あれもこれも一気にやらないこと。

人生を変えようと決意して、たくさんのことを同時に習慣化しようとしても、意思力がどんどん削られていくので、長続きしません

仕事やバイト、勉強や部活、大学のサークル、家族、友達、恋人関係などにも意思の力を使っているので、たくさんの新しい習慣を同時に身に付けていけるほど、あなたの意思に力は残されていないんです。

ですので、まずはたった1つでいいので、新しいことを続けてみることが、良い習慣を身に付けて人生を変えていくスタートになります

1つだけでいいので習慣化してみる

まずは、あなたが一番習慣化したいことを、決めて下さい。

例えば、

あなたは、読書を習慣化しようと決めた。

時間は10分程度と短くてもいいので、1週間、2か月3か月と続けられた。

半年後には、本を読むのが当たり前の習慣になっていました。

このように、毎日の読書が、潜在意識にプログラムされて自動的にできるようになったら、すでに習慣化されている証拠です。

あなたにとって「読書すること=当たり前のこと」になってますので、意思力をまったく消費しないレベルになっています。

ここまできたら、次の新しい習慣に挑戦していきましょう。

そして、2つ目の習慣も、潜在意識にプログラムされるまで、地道に続けていきます。

2つ目の習慣が自動的にできるようになれば、さらに3つ目に挑戦してもいいでしょう。

実は、あなたにとって好ましいことをどんどん習慣化していくことで、わかっちゃいるけどやめられない良くない習慣をやめている状態にもなっていくんです。

例えば

あなたは、意味もなく毎日ぼーっと1時間テレビを見ている。

だけど、テレビを見る時間を減らしたいと思っている。

そこで、前々からやろうと思っていた、読書をする習慣を新しく取り入れ始めた。

最初は、10分程度だったけど、3か月続けるうちに、毎日1時間本を読むようになり、

気づいたら、テレビをぼーっと見る時間が、いつのまにか読書をする時間に変わっていた。

このように、新しい良い習慣を始めたことで、あなたがやめたいと思っていた悪い習慣を、いつのまにかやらなくなっていることを実感できるでしょう。

新しいことを習慣化すると自信がつく

1つ新しい習慣を身に付けて、さらに2つ新しい習慣を身に付けると、あなたの中に変化が起こってきます。

あなたの中の変化、それは自信です。

習慣化を着実に続けていくことで、新しいことに挑戦してうまくいったという成功体験が増えていきます。

新しい習慣を身に付けていくこと自体が、あなたの人生を豊かにしてくれるとともに、成功体験の繰り返しが、あなた自身の自信にもつながっていくんです。

新しいことを習慣化出来ない人の特長

良い習慣を身に着けようとして、頑張りすぎてませんか?

繰り返しになりますが、習慣化をオートマ化するためには、無理をしないのが一番です。

習慣化に失敗してしまう人は、

始めたての数日感に無理して頑張りすぎた結果、結局続かずに終わってしまうケースが大半です。

だんだん苦痛になってきて、意思の力ではどうにもならなくなってしまうんですね。

テンションが上がってる最初の数日はできるんですが、習慣化するためには、毎日、毎週のように継続していく必要があります。

いつもテンションが上がっているわけじゃないですよね?

しんどいなと思う日もあるはず。

それでも頑張って意思の力でやるぞと、無理やりやってしまうと、新しい習慣があなたにとって、苦しいものになってしまいます

すると、苦しいことをやらないといけないので、さらに意思の力を消費してしまう。

意思の力を使って頑張ろうとすればするほど、消耗してしまって、新しいことが続かず習慣化出来なくなっていくんです。

さらに言えば、苦しいと感じる心理が、潜在意識の持つ安全第一思考と共鳴して、より強い潜在意識プログラムの抵抗に遭うため、ますます習慣化から遠ざかっていきます

じゃあ、どうしたら良いか?

やることはシンプルで、

習慣化するためのスタート地点で、苦しくなるような状況を作り出さなければ良いんです。

ざっくり言うと「簡単に続けられるような新しいことを始める→潜在意識の安全第一思考の基準をクリアできる→いつのまにか習慣化している」流れです。

習慣化するためには、初期設定が一番大事

新しい習慣が、あなたの行動として定着するためには、何が大事だと思いますか?

良い結果を残すこと?

いいえ、違います。

もっとも大事なことは、素晴らしい結果を出すことではなく、習慣をあなたの日常生活に定着させることです

少しずつでも良いので習慣をつづけていくこと。

むしろ、1ヶ月、2ヶ月などの短期間で素晴らしい目標を達成することを、一ミリも考えないことが大事です。

例えば、

ジム通いを始めたAさんのケースを思い出してください。

最初の1ヶ月は、ジムに週1回でも良いので通い、ジムに通うこと自体を習慣化させます。

この時点で、身体に変化が起こらなくても良いんです。

まずは、ジムに通うことを自分の生活に取り入れていくことが大切な段階。

ジムに通うの嫌だな、と考える状況を作ってはいけません。

心理的に言えば「もう少し運動強度を上げたいな」「まだ、こんなんじゃ物足りない」くらいに抑えたほうが、逆に良いんです。

そして、1ヶ月、2ヶ月半年と通い続けると「ジムに週1回通うこと=日常の習慣」になっていきます。

「もう少し鍛えたい」感情を持ってジムに通っていると「ジムに通って運動すること=快感」だと脳が認識するようになります

ここまでくれば、ジムに通うことは快感とつながっていますので、週2回通うことも、週3回通うことも、苦痛ではなくなっていきます。

ジムに通う回数が増えるのと並行して、トレーニングの内容もレベルアップしていくでしょう。

あなたがやるべきことは

苦しいと思わない程度に、少しづつ新しい習慣を続けていくこと。

そして、

習慣に物足りなさを残しつつ続けていくことで「習慣をもっとやりたい=快感」の感情が生まれるまで続けること。

潜在意識プログラムの反応を利用して、新しいプログラムを書き込むだけです。

さらに、習慣化が定着して1年ジムに通い、2年ジムに通っているうちに、徐々に理想の肉体に近づいていけるでしょう。

習慣化を定着させて成果を出す方法

人間の成長段階は、努力に比例してまっすぐ伸びていかないことを知ってますか?

人が新しいことを始めてレベルアップしていく段階を、成長曲線と言います。

例えば

あなたは、副業のためブログを始めました。

最初の1週間、1ヶ月、2ヶ月は、記事の書き方もわからず、手探りで試行錯誤しながら続けています。

なかなか、アクセス数も集まらず、記事もうまく書けない。

ブログを書き始めても、労力に見合った収益がなかなか出てこない。

大半の方は、3ヶ月も続かずにブログの更新をやめてしまいます。

ブログを書き始めて3ヶ月、あなたと同時期にブログを書き始めた5割の人達は、続けています。

さらに、中には、ブログ開始3ヶ月で月間10万PVなんていうツワモノも出現するでしょう。

まわりのすごい人との違いに焦りを感じた人達がやめていく中、残りの3割の人達が、ブログを続けていきます。

それでもやめずにブログを書き続けていると、あなたのブログに変化が現れ始めます

1年間ブログ記事を書き続けた結果、急にアクセス数がアップしてきた。

成長曲線がグーッと上向きに向かっている状態です。

アクセス数の増加に伴って、ブログ収益もアップしていきました。

今ブログ界隈で有名ブロガーと呼ばれている、イケダハヤトさんもマナブログのマナブさんも、成長曲線の急激な上昇ポイントに達するまで、ひたすらブログを書き続けていたんです。

ブログを書き続けていたからこそ、いま有名ブロガーと呼ばれているんですね。

どんな分野であっても、その道で有名になった人は、この成長曲線の急上昇ポイントである「ティッピングポイント」に乗っかるまで、ずっと継続し続けた人だと言えます

繰り返しになりますが、新しいことを習慣化しようとしても、最初は成果が出ないかもしれません。

むしろ、成果が出ない方が大半でしょう。

それでも、やめずに少しづつ続けることで、習慣が定着していきます。

そして、ティッピングポイントに達すると、一気に成果が出てくる。

すでに習慣として定着しているので、続けることでますます良い成果が出てくる。

ですので、

ムリをせず、ちょっと物足りないくらいでいいので、それでも毎日・毎週のように続けていくことが大切なんです。

ここで僕が思い出すのは、元プロ野球選手である鈴木イチローさんの現役引退会見での言葉です。

僕は、他人と比べてどうだとか、そういうのは興味が無いんです。

むしろ、比べるのは昨日の自分。

昨日の自分と比べて、今日の自分はどのくらい出来ているのか。

そうやって、ここまで来ました。

習慣化のコツはシンプルです

習慣化を上手く達成するコツは

  • 新しいことを苦しくない程度にやっていき、潜在意識の安全第一思考とマッチングさせること
  • 意思の力に頼らずに、ちょっと物足りないくらいでやっていくこと
  • 成果を出すことを焦らずに、地道に継続していくこと

この3つです。

無理せず、少しずつでいいので、続けていくことが大事になってきます。

おすすめの関連記事

良い習慣を1つ始めるだけで人生が変わる【悪い習慣をしなくなる】

習慣化するための3つのステップ【無意識の意識】

あなたは潜在意識にコントロールされている【わかっちゃいるけどやめられない】

今ここ

習慣化を続けるコツはシンプル【頑張らないこと】

才能よりも習慣が大事【成功する人はやっている】

あなたが本当にやりたいことは何ですか【良い習慣の見つけ方をお話しします】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です