鳥のようにしなやかに深呼吸をする

鳥のようにしなやかに深呼吸をするとは

深呼吸って、どういう仕草をすると美しくなるの?

という疑問に簡単に答えていきます。

腕を意識して鳥のようにしなやかに深呼吸する

ダンスの合間に深呼吸するときに、ラジオ体操のようにまっすぐ腕を伸ばしている人は、意識を変えたほうが良いです

なぜかと言うと、腕が伸びっぱなしになっていると、固い動きに見えてしまうからです。

例えば、いつもどおりに深呼吸してみて下さい。

腕が伸びっぱなしになっているなら、肘から動かして最後に指を上げ腕を上げていき、肘から動かして最後に指を下げ腕を下げていきましょう。

指先が開きっぱなしになっているなら、人差し指に意識を集中してみましょう。

足が開いているなら、両足を閉じたり、片足を前に出して足を揃えた状態で行ってみて下さい。

もう少し突っ込んだ話をすると、鳥が美しく羽ばたく姿をイメージして、肘や指先に意識を集中して深呼吸するだけでもダンスの動きとして使えますよって話です

なんとなく深呼吸するのではなく、何気ないストレッチも美しく見えるように意識することが、ダンスをする人にとって大事ですよってことを覚えておいて下さい。

ダンスのまとめ記事に戻る

お疲れさまでした。

もっとダンスについて詳しく知りたい方は、

ダンスに必要なすべての基礎知識をまとめてみました【マインドマップ】の記事をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です