(Sexy Dance)セクシーダンスの基礎技解説!ヒップロールのやり方も!

こんな方におすすめ

  • セクシーダンスを踊れるようになりたい。
  • クラブでセクシーにダンスを踊りたい。
  • トゥワークをセクシーに踊れるようになりたい。

 
(Sexy Dance)セクシーダンスのコツは、女性も男性も基本的な動きをマスターすることです。

特にクラブで踊るときは、シンプルな動きを意識することです。

シンプルであればあるほど、スッキリとした洗練された動きになってきます。

トゥワークや、グラインドなどのシンプルな動きをマスターして、クラブでのセクシーダンスを楽しんでいきましょう。

(Sexy Dance)セクシーダンスの解説動画

パツキンヘアーがイカシてるLyshannaさんとイケメン男性Victor Showさんの動画を見ていきます。

とてもわかりやすく解説してくださっています。

Lyshannaさん、Victor Showさんが、動画内で説明して下さっている言葉をできる限り理解しやすいように、記事にまとめてみました。

「動画を見る→記事で動画の内容を文章で確認する」の作業に使えるようにしています。

「海外のダンス動画を見るのが好きだけど、動画の内容をまとめたものがあったら便利なのにな」という、僕自身の思いから、記事にまとめさせてもらいました。

Lyshannaさん、Victor Showさんの言葉を、動画を見てしっかり胸に刻み込んで練習してみて下さい。

トゥワーク(How to Twerk)

みんな大好きなクレイジーダンス、トゥワークをやっていきましょう。

ちっちゃい子もやってるし、お年よりもやってますね。

みんなやってるこの動き、せっかくなのであなたもマスターしてみてください。

トゥワークでは、下半身の動きを使っていきます。

特に後ろ側を、アップ&ダウンで動かしていきます。

トゥワークすることで、リズムとタイミングのダイナミクスを大きく変えていきましょう。

トゥワーク

アップ・ダウンの動きをやっていきます。

徐々に速めていきましょう。

そして、ゆっくりアップ・ダウンの動きをやっていきます。

思いっきりドロップして身体を下に落としていきます。

その状態で、お尻のアップ&ダウンをやっていきます。

リズムのダイナミクスを変えて、速いテンポでアップ&ダウンをいれていきます。

腕は、前に向けてロールしたり、ロールアップしたり自由に動かしていきましょう。

Lyshannaさんによると、トゥワークのコツは、お尻のアップ・ダウンを意識することだそうです。

リズムを速くしたり、ゆっくりにしたり、ドロップを入れたり、自分なりのムーヴメントでやってみてください。

女性のためのクラブダンスのコツ(Club Dancing Tips for Ladies)

クラブでの踊り方を、学んでいきましょう。

夜にクラブに行って、あなたの好きな曲が流れてきました。

ですが、あなたはどうしたら良いかわかりません。

そんなときに使える、シンプルな常套手段とも言えるムーヴメントをマスターしていきましょう。

ヘッド・トゥー・トーという技をやっていきます。

ヘッド・トゥー・トー

頭からスタートして、足に流していきます。

髪をフリップしてかきあげて、肩を前後にロールして、お尻をロックして揺らして、足でステップタッチします。

ステップタッチ

ステップタッチは、軽く開いた左足を、右足に揃えるだけの簡単な動きです。

もちろん、右足を左足に揃えてもいいです。

Lyshannaさんが言うには、ビートにノッて、グルーヴ感を出せれば、この動きだけでかっこよく見えるそうです。

いい感じの曲が流れたら、ヘッド・トゥー・トーを是非やってみてください。

セクシーな動き(Top 3 Sexy Moves for Ladies)

クラブで踊るときにおすすめな、セクシーなダンスのムーヴメントをマスターしていきましょう。

ダブルアームラッソをやっていきましょう。

ダブルアームラッソ

腕を上げて、頭のサイドで腕を回転させます。

空に向かって、円を描くように腕を動かしていきます。

ノリノリな感じを出していきましょう。

腕の動きに合わせて、お尻も回していきましょう。

ターンアラウンド&ルックバックをやっていきます。

ターンアラウンド&ルックバック

とてもセクシーな動きです。

後ろにターンして、前を振り返ります。

そのままグルーヴにノッていきます。

ダブルアームラッソをやりながら、ターンアラウンド&ルックバックを入れてみてください。

グルーヴ・ロウをやっていきます。

グルーヴ・ロウ

グルーヴに乗って、徐々に身体を下におとしていきます。

ダブルアームラッソ、ターンアラウンド&ルックバック、グルーヴロウをコンボ技にして、クラブで踊ってみてください。

きっと、セクシーに踊れるようになります。

ハイヒールでの踊り方(How to Dance in High Heels)

ハイヒールでの踊り方を、学んでいきましょう。

Lyshannaさんが言うには、ヒールを履いて踊る秘訣は、ヒールでの立ち方と歩き方を知ることだそうです。

ハイヒールでの踊り方

ヒールを履いて、重心を前に持ってきます。

ヒールに体重がノッていると、重心が安定しないので、しっかりつま先に重心をもってきましょう。

重心をしっかりアップさせた状態で、やっていきます。

Lyshannaさんが言うには、ハイヒールでの踊り方のコツは、つま先立ちを意識することだそうです。

つま先立ちで、前に歩いてみましょう。

4カウントで、4歩前に歩いていきます。

5・6カウント目で、右足からステップアウトで外に足を開いていきます。

左右均等に重心を乗せていきましょう。

7・8カウント目で、左右にお尻をロックさせて揺らしていきます。

そのまま、お尻をディップして、ダウン・アップを入れていきます。

重心をディップする側の足に乗せていきます。

慣れてきたら、お尻をロックさせて揺らしながら、前に歩いて、後ろに下がっていきます。

男性のためのクラブダンスの踊り方(Club Dancing Tips for Guys)

クラブでの踊り方を、マスターしていきましょう。

男性諸君、クラブで踊るときは、シンプルにいきましょう。

ダンスの動きに、自分の個性やスワッグな感じを入れていきましょう。

サイド・トゥー・サイド・ロックという技を、やっていきます。

サイド・トゥー・サイド・ロック

右に、肩をロックして揺らしていきます。

左にも、肩をロックして揺らしていきます。

ワンエイトで、右と左に肩を揺らして、2カウントで、1カウントずつ肩を左右にロックして揺らしていきます。

手は、ポケットに入れたり、胸の前で軽く揺らしたり、サイドに出して揺らしたり、自由に自分なりのムーヴメントでやってみてください。

男性のためのセクシーなムーヴメント(Top 3 Sexy Moves for Guys)

男性のためのセクシーなムーヴメントを、学んでいきましょう。

今からお伝えする動きに、自分なりのパーソナリティーとスワッグな感じを入れてみてください。

とてもシンプルで、かっこいい動きをやっていきます。

レイズ・ザ・ルーフをやっていきます。

レイズ・ザ・ルーフ

ひじを曲げて、腕を宙に上げます。

手のひらを下に向けて、腕を上に振っていきます。

両手でやったり、片手でやったり、自由にやってみてください。

ジ・オバマ・グルーヴをやっていきます。

ジ・オバマ・グルーヴ

腕を、オープンして、クローズします。

足は、軽くバウンスしてグルーヴにノッていきます。

同時に腰を、軽く左右にロックして揺らしていきます。

ローリング・ザ・ダイスをやっていきます。

ローリング・ザ・ダイス

ひじを曲げて、片手を宙に上げます。

ダイスを振るようなイメージで、腕を前後に軽く振ります。

身体も腕の動きに合わせて、前後にロックして揺らしていきます。

前足をホップして、勢いを付けてみましょう。

後ろ足は、かかとを浮かせて柔軟に動いていきましょう。

Victor Showさんによると、男性のためのセクシーなムーヴメントのコツは、やりすぎずほどほどな動きで、シンプルに、スワッグな感じを入れて、自分なりに楽しく踊ることだそうです。

男性のための女性との踊り方(How to Dance Up on a Girl)

男性のための女性との踊り方を、マスターしていきましょう。

男性は、女性をホットな気分にさせる必要があります。

女性に向かって、飛びかかったらだめですよ?

楽しくて、シンプルなダンスを踊ってみましょう。

女性を楽しませながら、踊りを変えていきます。

ダンスを切り替える前に、ウォームアップのステップをはさみましょう。

ブーティー・バンプをやっていきます。

ブーティー・バンプ

腕をオープン・クローズしながら、ヒップをロックさせて揺らしていきます。

ブーティーバンプをするときは、ソフトにやっていきましょう。

Where did he go?をやっていきます。

Where did he go?

女性の後ろに回って、上半身の動きを使って、女性のサイドから顔を出していきます。

リーンイン・リーンバックをやっていきます。

リーンイン・リーンバック

上半身を前にリーンして傾けて、後ろにリーンして傾けます。

リーンするときに、ロールも足してみましょう。

ウォームアップするときは、相手の回りをゆっくり回ってみましょう。

Victor Showさんによると、ダンスとダンスの合間にウォームアップを入れることで、女性が自然と次のダンスにノリやすくなるそうです。

グループで踊る方法(How to Dance in a Group)

グループで踊る方法を、学んでいきましょう。

グループで踊るときは、しっかりエネルギーを保って、パーソナリティーを入れていきましょう。

みんなが見てすぐにわかるような、シンプルな動きをやっていきます。

アイコンタクトも大事になってきます。

Victor Showさんによると、笑顔は特に、伝染していきますからおすすめだそうです。

シンプルな動きをやって、みんながついてこれるようにします。

あなたは、グループのリーダーです。

みんながあなたの動きに、ついていきます。

今度は、女性がリーダーになりました→あなたは、女性の動きについていきましょう。

今度は、あなたがリーダーです→みんながあなたの動きについていきます。

グループで踊るコツは、しっかりアイコンタクトをとることです。

グループで踊るポイント

  • アイコンタクトをとる
  • 笑顔で楽しく
  • みんながわかりやすいようなシンプルな動きをする

ハウスミュージックでの踊り方(How to Dance to House Music)

ハウスミュージックでの踊り方を、マスターしていきましょう。

常に軽くバウンスしながら、グルーヴにノッていきます。

ハウスステップをするように、軽く足を動かしていきます。

6歩でステップを踏んでみましょう。

6歩でステップを踏む

1歩目で右足を左足の前にクロスします。

2歩目で左足をサイドに出します。

3歩目で右足でステップバックします。

4歩目で左足を右足の前にクロスします。

5歩目で右足をサイドに出します。

6歩目で左足をステップバックします。

6歩のリズムは、タンタタ・タンタタの繰り返しです。

タンのときに、アップにアクセントを入れてみましょう。

アクセントを入れると、一気にハウスダンスっぽくなります。

ヒールステップ・トゥギャザーをやっていきましょう。

ヒールステップ・トゥギャザー

常にバウンスをとる、ジンガの動きを入れていきます。

かかとでヒールステップを踏みながら、バウンスしていきます。

ヒールステップのコツは、ハウスダンスのアップ・ダウンのバウンスを入れていくことです。

馬に乗っているようなイメージですね。

ホップをやっていきましょう。

ホップ

左足でホップして、右足を上げると同時に、左手もひじを曲げて上げます。

右足を下ろして、左手も下ろします。

反対側も同じようにホップします。

シングルシングル・ダブルのリズムでやっていきましょう。

ダブステップミュージックでの踊り方(How to Dance to Dubstep)

ダブステップミュージックでの踊り方を、学んでいきましょう。

ダブステップ

ダブステップは、音楽の形です。

ダンスのスタイルではありません。

ダブステップ音楽×フリースタイルダンス

ダブステップ音楽に乗せて、フリースタイルで踊る人たちがたくさんいますよね?

そのフリースタイルの中で、スロームーヴメントとアイソレーションで踊る人たちを見たことがあると思います。

ダブステップに合わせたスロームーヴメントのかっこよさに魅せられて、多くの人がダブステップ音楽で踊り始めました。

ダブステップミュージックに合わせて、フリースタイルで踊る方法を学んでいきましょう。

スロー・ヒット・ヒット・ヒットをやっていきます。

スロー・ヒット・ヒット・ヒット

スロー・ヒット・ヒット・ヒットの順番で、リズムに合わせて身体を動かします。

スローで流れるように動いて、ヒットでストップモーションを入れていきます。

Victor Showさんによると、スロームーヴメントのコツは、流れるように、ウェーブを流すようにやることだそうです。

ドロップ・イット・ロウ(How to Drop It Low)

ドロップ・イット・ロウと呼ばれる動きを、マスターしていきましょう。

ドロップ・イット・ロウ

ドロップ・イット・ロウにはいろんなやり方があります。

すべてに共通する基本的な動きは、低くドロップすることです。

前を向いてやっていきます。

足を揃えます。

ひざを曲げて、身体をドロップします。

足を揃えて上半身をロックして揺らして踊り続けます。

もしくは、足を広げてスタートします。

ひざを曲げて、身体を低くドロップします。

ひざを外に開いたまま、上半身をロックして揺らして踊り続けます。

または、サイドを向いてスタートします。

ひざを曲げて、身体を低くドロップします。

そのままグルーヴにノッていきます。

後ろ向きスタートのドロップ・イット・ロウ

次は、後ろを向いてスタートしてみましょう。

ひざを曲げて、身体を低くドロップします。

身体の後ろ側を使って、アップダウンのリズムを入れていきます。

前を向いてやったり、横を向いてやったり、後ろを向いてやったり、いろいろなパターンで、ドロップ・イット・ロウをやってみましょう。

Lyshannaさんが言うには、ドロップ・イット・ロウのコツは、ドロップしたあとに、お尻のアップ・ダウンでリズムを入れることだそうです。

ヒップロール(How to Hip Roll)

ヒップロールという技を、学んでいきましょう。

ヒップロール

足をワイドスタンスに、肩幅より広めに開きます。

ひざを曲げます。

Lyshannaさんが言うには、ヒップロールをするときは、ひざを軽く曲げないとできないそうです。

ヒップをサイドからサイドにスウェイして揺らしていきます。

慣れてきたら、前後にお尻を揺らしていきます。

さらに、お尻を、前・右、後ろ、左にゆっくりだしていきます。

上半身を固定しながら、お尻だけをゆっくり時計回りに回してみましょう。

時計回りに慣れてきたら、逆時計回りもやってみて下さい。

上体を下げてやってみたり、身体をサイドに向けてやってみたり、自由に自分なりのムーヴメントでやってみましょう。

グラインド(How to Grind)

グラインドと呼ばれる動きを、マスターしていきましょう。

クラブに行って、誰かと、パートナーと踊りたいときってありますよね?

いい音楽が流れてきたのに、グラインドのやり方が分からなかったらもったいないですよね?

Lyshannaさんが言うには、パートナーとグラインドする目的は、リズムと動きを共有して、一つになることだそうです。

3つの簡単なグラインドの動きをやっていきましょう。

パートナーと心地よく踊れるようになりますよ?

チェストバンプ

パートナーと向かい合います。

チェストバンプをして、互いに胸をバンプして寄せ合います。

クラブでダンスパートナーを見つけたら、近づいていって、チェストバンプをやっていきましょう。

動きは伝染するので、相手もノッてくれるでしょう。

ウェーブを見ていきます。

ウェーブ

ボディーロールをしながら、上から下にウェーブを流していきます。

ウェーブをしながら、互いの胸を寄せ合います。

ヒップロールを見ていきます。

ヒップロール

ミニマムなモーションで、お尻をロールして、互いのお尻を寄せ合います。

グラインドのコツは、パートナーと呼吸を合わせることです。

スローグラインド(How to Slow Grind)

スローグラインドという技を、学んでいきましょう。

パートナーと一緒に練習してみましょう。

スローグラインド

速いテンポでグラインドをやっていきます。

ヒップでグラインドをやっていき、テンポをスローにします。

パートナーにしっかり近づいて、ちょっとタイトに相手の腰を掴みます。

Victor Showさんによると、女性は、男性がリズムをコントロールしようとしているのを知りたがっているそうです。

男性は女性により近づいて、女性の腰をしっかりタイトにつかんでいきましょう。

かっこよく見えます。

少しドロップして、そのままグラインドを続けていきましょう。

女性は、ちょっと上体を前に倒して、グラインドしてみましょう。

動きが、よりセクシーになります。

おすすめのセクシーダンサー

Yota Poulidouさんや、ALEKSANDRA TUNCHIYUさんなど、おすすめのセクシーダンサーについて、お話ししていきます。

Yota Poulidou

Yota Poulidouさんは、Twerk Battle Vol2というイベントで、ジャッジをされていたセクシーダンサーです。

最初からトゥワーク全開で、お尻を振り回してます。

シンプルな動きですが、お尻の筋肉だけを動かすアイソレーションをしっかり練習してないと、まずこんなにきれいに動かせないです。

片足で斜め開脚して立ったままトゥワークをやったり、床で開脚したままトゥワークをやったり、倒立してトゥワークをやったりと雑技団の技を見ているようで、エンターテイメントとしても楽しめます。

動きとしては、お尻を振るというシンプルな動作なんですが、見せ方を工夫すれば、ダンスとしてとてもセクシーで魅力的に表現できるという、とてもいい例だと思います。

ALEKSANDRA TUNCHIYU

ALEKSANDRA TUNCHIYUさんも、Twerk Battle Vol2というイベントで、ジャッジをされていたセクシーダンサーです。

ALEKSANDRAさんは、ただトゥワーク主体でみせるというよりも、ダンスの中に上手くトゥワークを取り入れています。

移動しながらのトゥワークや、ドロップしてからのトゥワークなど、基本的なトゥワークの動きをされていますので、トゥワークをダンスの動きに取り入れたいなら、彼女の動きを参考にするといいかと思います。

セクシーなトゥワークをするには、身体の柔軟性が大事です。

ALEKSANDRAさんは、最後の決め技で開脚をされていますが、身体が柔らかければ、同じトゥワークの動きをしても、それだけ可動域を大きく使えるので、かっこよくなります。

しっかり日頃から、柔軟運動をして、彼女のようにセクシーでかっこいいトゥワークができるようにがんばりましょう。

おすすめの関連記事

セクシーダンスについて書いたその他の記事も、参考にしてみてください。

(Sexy Dance)セクシーダンスの基礎技解説!ヒップロールのやり方も!


↑今ここ

(Sexy Dance)セクシーダンスの基礎技解説②!ワブルのやり方も!

(Sexy Dance)セクシーダンスの基礎技解説③!ビヨンセのような踊り方も!

(Sexy Dance)セクシーダンスの基礎技解説④!ウィリーバウンスのやり方も!

クラブダンスについて書いたその他の記事も、参考になるかと思います。

(CLUB)クラブダンスの基本技解説!カンナムスタイルのやり方も!

(CLUB)クラブダンスの基本技解説②!サイドルックのやり方も!

(CLUB)クラブダンスの基本技解説③!ダンスフロアで目立つコツも!

まとめ

クラブでのセクシーダンスは、とくにダンスのジャンルが決まっているわけではありません。自分の好きなジャンルで、自由に踊っていきましょう。

女性は、トゥワークやヘッド・トゥ・トーをマスターすれば、クラブでセクシーに踊れるようになります。

男性は、サイド・トゥ・サイド・ロックや、レイズ・ザ・ルーフ、ジ・オバマ・グルーヴ、ローリング・ザ・ダイスをマスターして、かっこよくセクシーに踊ってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ダンスが大好き。毎日ダンスのことばかりを考えている狂人系ダンスブロガーです。 主に、ダンス記事、ストレッチ記事、筋トレ記事を書いてます。すべてはダンスに必要なスキルです。