(Sexy Dance)セクシーダンスの基礎技解説②!ワブルのやり方も!

クラブで踊るためのセクシーダンスを、お伝えしていきます。

ポップ、ロック、ウェーブ、トップロックなどで、いろんなダンスジャンルの基本的な動きをチェックしてみましょう。

ダンス初心者の方は、2ステップ、ボックスステップ、キューピッドシャッフルなどで、ダンスの基本的な動きをマスターしていきましょう。

(Sexy Dance)セクシーダンスの解説動画

Tシャツの上からでも盛り上がった筋肉がよくわかるナイスマッチョなVictor Choさんの動画を参考にして、クラブでかっこよく踊るための(Sexy Dance)セクシーダンスをマスターしていきましょう。

ポップ(How to Pop)

ポップと呼ばれる動きを、マスターしていきましょう。

ポッピンは、筋肉を弾く動きです。

腕がまっすぐのときと、ひじを曲げたときに使う筋肉は、それぞれ異なります。

腕を真っすぐ伸ばしたときは、バイセップスの上腕二頭筋とトライセップスの上腕三頭筋を使います。

ポッピンするときは、常にリラックスした状態から、スタートします。

筋肉をコントラクトして、収縮させていきます。

ビートに乗せて、筋肉を収縮させます。

ひじを曲げてやっていきましょう。

ひじを曲げたときは、前腕の筋肉を使っていきます。上腕二頭筋も使いますが、メインは前腕筋群です。前腕筋群の筋肉をコントラクトして、収縮させていきます。

次は、チェストポップをやっていきます。

チェストポップの動きは、筋肉を収縮させるストレッチの動きに似ています。大抵の人は、肩を上げたり下げたりしてストレッチしてますよね?そのイメージです。胸以外の場所を動かさないようにします。ストマックで空気を吸い込みます。すると自然と胸が上がってきますのでそのままホールドします。力を抜いてリラックスします。ビートに乗せて、ホールドとリラックスを繰り返していきましょう。肩甲骨を後ろに引いて、胸を前に出していきます。

ポッピンの技術をレベルアップしたいなら、ワンエイトでしっかり筋肉を固くホールドして、リラックスする動作を繰り返してみましょう。

ストップしたままでもいいし、腕を動かしながらでもいいです。簡単な筋トレの代わりにもなります。

ストレートアームと、ひじを曲げた状態と、胸のチェストポップでコンボをやってみましょう。

フレズノという技をやっていきます。

上体をサイドにロックしながら、腕を真っすぐ伸ばしてポップしていきます。

ロック(How to Lock)

ロックという技を、学んでいきましょう。

トム&ジェリーというリズムトレーニングからやっていきます。

アップ・ダウンのリズムを、肩を上げて、下から上に流れるように首も上げてやっていきます。トム&ジェリーの動きで、ロッキンのバウンス感覚をつかんでいきましょう。

スローバックスをやっていきます。

腕をダウンしてサイドにキープします。ひじを上げて腕も徐々に上げていきます。腕を後ろにバックしながら、上体も少し後ろにリーンして傾けます。トム&ジェリーの動きをイメージしてやっていきましょう。

ロックをやっていきます。

ロックでは、文字通り動きをロックしてストップしていきます。大抵の人は、お尻で宙に座るようにロックしてストップします。サイドに軽くリーンして、ロックします。手先は、拳を握ってもいいし、指先をリラックスさせてもいいです。ひじを軽く曲げて、腕をロックしていきます。

アンクル・サム・ポイントをやっていきます。

アップ&ダウンの動きをやりながら、腕を下から胸に持ってきて、サイドをポイントで指さします。指先の方向に、身体を軽くリーンして傾けます。指先の向きは、少し斜め下くらいだったり、真横だったり、自由に自分でキメていきましょう。ポイントのコツは、ひじから先に動かして、ポイントすることです。

スローバックと、ロックと、アンクル・サム・ポイントを組み合わせて、コンボでやってみましょう。

ウェーブ(How to Wave)

ウェーブと呼ばれる動きを、マスターしていきましょう。

ワンエイトで、やっていきます。

手首からスタートします。

左手から手首を曲げて、ひじを曲げて、肩を軽く上げます。そのまま右肩を上げて、ひじを曲げて、手首を曲げて、手首から先を上げて、フラットに戻します。ひじを曲げてスタートしてもいいし、腕をまっすぐ伸ばしてスタートしてもいいです。ひじを曲げたほうが、簡単にできます。

アイソレーションの動きなので、練習が必要です。

しっかり練習して、なめらかにウェーブを流せるように頑張ってみてください。

色んな方向に手を伸ばして、自分なりに自由にウェーブを作っていきましょう。

トップロック(How to Top Rock)

[https://www.youtube.com/watch?v=15CKGnROgFo:embed:cite]

トップロックという技を、学んでいきましょう。

まず最初に、インディアンダンスという動きをやっていきます。右足を左前にクロスステップします。ホップして元の位置に戻って、左足を右前にクロスステップします。ステップ・ホップ・ステップ・ホップのリズムで動きを繰り返していきます。インディアンステップで、円を描くように動いてみましょう。

ちょっとトリッキーなトップロックをやっていきます。右足でキックして、左手が前で、右手を後ろでバランスをとります。右足に体重を乗せるようにホップします。右サイドに身体を向けて、左足に体重を乗せるようにホップします。左足でキックして、右手が前で、左手を後ろにしてバランスをとります。左足を振り子のように後ろに振りかぶって、反対側も同じようにキックでスタートします。トリッキーなトップロックのコツは、反対側の足にホップするときに、腕の前後を入れ替えることです。

ドギー(How to Dougie)

ドギーと呼ばれる技を、マスターしていきましょう。

ドギーは、みんなが楽しんでやってるすごくポピュラーな動きになりました。

シンプルで、グルーヴにノルことが大事になってきます。ツーステップのとても似ていて、腕を動かしながら、アップ&ダウンのリズムを入れていきます。

ツーステップから、スタートします。

サイドに、アウト・トゥゲザーの繰り返しで、ステップタッチしていきます。アップ・ダウンのリズムを足していきます。頭の動きも足していきます。アップのリズムに合わせて、頭も流していって、指で頭をポイントしてみましょう。

シングルシングル・ダブルのリズムでやっていきます。

腕をロールしてインしながら、上から下に腕を流していきます。

ジャーク(How to Jerk)

ジャークという技を、学んでいきましょう。

ちょっと複雑なフットワークです。

頑張ってマスターしていきましょう。

右足からスタートします。

右足に体重を乗せるように、ホップします。左足に体重を乗せるように後ろにホップします。後ろにホップした足で、前にホップします。

ジャークのコツは、スタートするときに、エンカウントからスタートすることです。

ジャークは、リジェクトとも呼ばれます。

どちらでもわかるようにしておきましょう。

リーンバック(How to Lean Back)

リーンバックと呼ばれる動きを、マスターしていきましょう。

とてもシンプルなダンスです。

腕を組んで、身体を後ろにリーンして傾けていきます。

センターに戻して、反対側にも身体をリーンして傾けていきます。

慣れてきたら、身体をロックして揺らしながら、徐々にリーンして傾けていきます。

簡単でしょ?

キャットダディー(How to Cat Daddy)

キャットダディーという技を、学んでいきましょう。

キャットダディーは、最近ポピュラーになってきた、とってもクールな動きです。

腕の動きは、車イスをこいでいるようなイメージです。

両腕で、前に円を描くように腕を回していきます。

腕が前に来るときにヒップが後ろに、腕が後ろに来るときに、ヒップが少し前に出るようにやっていきます。足は、閉じたままでもいいし、開いてやってもいいです。

身体をサイドにリーンしてやってみたり、自分なりに自由なムーヴメントでやってみましょう。

キャットダディーのコツは、腕をアグレッシブに動かすことです。

ワブル(How to Wobble )

ワブルと呼ばれる動きを、マスターしていきましょう。

ワブルダンスは、結婚式やパーティーなど、いろんな社会的なイベントで踊られるラインダンスです。

ワブルが出来るようになると、イベントをもっと楽しめますよ?ワブルは、揺れる、グラグラするという意味です。

前にジャンプしていきます。

身体をワブルして、グラグラ揺らしていきます。後ろにジャンプして、ワブルして身体をグラグラ揺らしていきます。身体をサイドに向けて、腕を伸ばしてワブルしていきます。反対サイドを向いて、ワブルしていきます。

チャチャのリズムで、右・左で前に行って、右左右で後ろに下がって、左・右で前に行って、左右左で後ろに下がってステップを踏んでいきます。

シンプルに、前に行って、後ろに下がってもいいです。自由にやっていきましょう。

2ステップを軽くその場で踏みながら、サイドに向きを変えていきます。サイドから、スタートします。

エレクトリック・スライド(How to Do the Electric Slide)

エレクトリック・スライドという技を、学んでいきましょう。

エレクトリックスライドを知らない方には、基本のやり方をお伝えします。

すでに知っている方には、ちょっと発展したバージョンをお伝えします。

エレクトリック・スライドは、ラインダンスです。

右に、4ステップを踏みます。

左に4ステップを踏みます。後ろに4ステップを踏みます。前に、ステップタッチを踏みます。右足でキックして、左サイドを向きます。

慣れてきたら、4ステップをシャッセでやってみたり、ステップタッチで床にタッチしてみたり、ステップタッチで右手を振ってラッソを入れてみたり、ステップタッチで足を伸ばしてレッグアウトを入れてみたり、自由に自分のムーヴメントを作っていきましょう。

キューピッド・シャッフル(How to Do the Cupid Shuffle)

キューピッド・シャッフルと呼ばれる動きを、マスターしていきましょう。

キューピッドシャッフルは、世界的にポピュラーなラインダンスの動きです。

キューピッドシャッフルの基本的な動きと、ちょっと発展した動きを学んでいきましょう。

右に4歩ステップを踏んで歩きます。左に4歩ステップを踏んで歩きます。4は、マジックナンバーです。ステップして・キックしてを、4回していきます。キックは、右からキックします。もっとも大事なパート、ウォークイットアウトをやっていきます。つま先立ちで、かかとをインしてつま先とひざを外に向けながら、その場で歩いて左サイドを向いていきます。

バタフライ(How to Do the Butterfly Dance)

[https://www.youtube.com/watch?v=dNy7jzVX618:embed:cite]

バタフライという技を、学んでいきましょう。バタフライは、オールドスクールのレゲエダンスです。メインで使うのは、足です。一人で踊るバタフライをやって、パートナーがいるバージョンの、ダブルバタフライもやっていきます。

ひざを曲げてスタートします。つま先立ちになります。ひざをインして、アウトします。ひざをインするときに、骨盤を前に出します。ひざを合うとするときに、骨盤を後ろの出します。腕で、スクープしてすくい上げるような動きを加えていきます。シングルシングル・ダブルのリズムで、シングルレッグ・シングルレッグ・ダブルレッグでやっていきます。

バタフライのコツは、ひざをインするときに、骨盤も一緒にプッシュすることです。

ダブルバタフライは、片方が上体を大きく下ろして、もう片方が上体をそのままで、二人でバタフライをやっていきます。

2ステップ(How to Two-Step)

2ステップと呼ばれる動きを、マスターしていきましょう。

みんながいる場所で、音楽が流れていて、ダンスを踊り始めたいなら、2ステップから始めてみましょう。

右に、左に足でステップを踏んでいきます。

慣れてきたら、かかとで後ろにキックしながら、2ステップを踏んでいきます。身体をサイドにロックして揺らしながらやってみたり、上体を下げてやってみたり、自分なりにいろいろなムーヴメントを作り出していきましょう。

ボックスステップ(How to Box Step)

ボックスステップという技を、学んでいきましょう。

右足からスタートしていきます。

右足を左足の前にクロスします。

左足でバックサイドにステップを踏みます。

右足でバックにステップを踏みます。

左足で、クロスステップを踏みます。

慣れてきたら、上体を下げてやっていきます。

上体をアップさせて、ダウンさせて、いろんなバリエーションを作り出していきましょう。

おすすめの関連記事

セクシーダンスについて書いたその他の記事も、参考にしてみてください。

(Sexy Dance)セクシーダンスの基礎技解説!ヒップロールのやり方も!

(Sexy Dance)セクシーダンスの基礎技解説②!ワブルのやり方も!


今ここ

(Sexy Dance)セクシーダンスの基礎技解説③!ビヨンセのような踊り方も!

(Sexy Dance)セクシーダンスの基礎技解説④!ウィリーバウンスのやり方も!

クラブダンスについて書いたその他の記事も、参考になるかと思います。

(CLUB)クラブダンスの基本技解説!カンナムスタイルのやり方も!

(CLUB)クラブダンスの基本技解説②!サイドルックのやり方も!

(CLUB)クラブダンスの基本技解説③!ダンスフロアで目立つコツも!

まとめ

クラブで踊るためのセクシーダンスでは、いろんなジャンルの動きをお伝えしています。

ポップの動きで、筋肉の弾き方をマスターして、かっこいいポッピンの技をマスターしていきましょう。

ロックでは、身体のロックするやり方をマスターして、ストップモーションをマスターしていきましょう。

トップロックで、かっこいい足技の見せ方を勉強してみてください。

ドギー、ジャーク、2ステップ、ボックスステップで、シンプルな動きをマスターして、クラブでこなれた感じを出していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ダンスが大好き。毎日ダンスのことばかりを考えている狂人系ダンスブロガーです。 主に、ダンス記事、ストレッチ記事、筋トレ記事を書いてます。すべてはダンスに必要なスキルです。