背中の違和感を治す方法【身体を温め内側からリラックスすることが重要です】

背中の違和感を治す方法とは

背中の違和感って、どうやって治したらいいの?

という疑問に答えていきます。

お風呂に入る

背中の違和感を治していきたいなら、まずは風呂に入りましょう。

何故かと言うと、水圧が身体を優しくマッサージして心も身体もほぐしてくれるからです。

できれば40度以下のぬるま湯が良いです。

合計で、10分くらいになるように風呂に浸かってみてください。

例えば、湯を浴びて2分入る、身体を洗って2分入る、髪を洗って2分入るなどして、少しずつでもよいので、合計で10分程度風呂に浸かるようにしましょう。

ただし、30分以上風呂に浸かると、水圧がかかりすぎて自律神経を整えるためには逆効果になってしまうので、注意してください。

暖かい飲み物を飲む

何でもいいです。

お白湯、コーヒー、お茶、しょうが茶、緑茶、紅茶、味噌汁など、温度が高くて身体が温まるものを飲むようにしましょう。

何故かと言うと、胃腸や内臓器官が温まることで、身体の内側からリラックスできるからです。

もう少し突っ込んだ話をすると、できる限り冷たい飲み物をさけるようにしましょう。

もし冷たい飲み物を摂取するなら、ショウガパウダーを入れたりして、身体が温まるものを同時に摂取するようにしてみて下さい。

僕のおすすめは、朝の味噌汁と、寝る前のお白湯です。

朝に身体を温め、夜にも身体が温まるので、自律神経を整えるためにはとても良いかと思います。

夜遅くのスポーツは控える

学生は放課後の部活、社会人は仕事後で、どうしてもスポーツが遅い時間になってしまうとか、いろいろ事情はあるかと思います。

ですが、現状の自分の背中に違和感があって、座ると呼吸が苦しいとわかっていて、それでも夜遅くにスポーツを続けるのは、自分で自分の体調を悪い方向に持っていこうとしているのと同じです。

ハッキリ言うと、背中の違和感が消えるまでは、夜遅くのスポーツはやめた方が良いです。

何故かと言うと、夜遅くスポーツをすると、自律神経が興奮したまま眠りについてしまうからです。

興奮状態のまま寝ると、寝つきが浅くなり、ぐっすり眠れなくなり疲れが徐々に蓄積していきます。

何が言いたいかと言うと、人間は、毎日の睡眠によって疲れをリセットしていますので、きちんとリセットできない状態が続いていくと、自律神経が乱れて体調不良になるよって話です。

ストレッチのまとめ記事に戻る

お疲れさまでした。

もっとストレッチについて詳しく知りたい方は、

ストレッチに必要なすべての知識をまとめてみました【マインドマップ】の記事をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です