背中に違和感があって座ると呼吸が苦しい人へ【自律神経の乱れが原因です】

背中に違和感があって座ると呼吸が苦しい人へ

今この記事を読んでいただいている間も、あなたはきっと背中の違和感を感じているんですよね。

背中に違和感があって座ると呼吸が苦しい状態ってどういうことなの?

という疑問にお答えしていきます。

背中の違和感の原因は、自律神経の乱れです

背中が筋肉痛でもないのに、ずっと背中に違和感があって、座ると呼吸が苦しい症状って、しんどいですよね。

痛いわけでもないけど、背中に違和感があって、マッサージを受けても一向に治る気配がしない。

何故かと言うと、自律神経が乱れているからです。

例えば、季節の変わり目だったり、背中の筋肉を一生懸命使う作業をしたり、夜にスポーツなどの激しい運動をしたり、寝る時間が遅くなったり不規則になったりすると、自律神経は乱れやすくなります。

実際、一つの要因だけでなく、複数の要因が重なって背中の違和感に繋がっているパターンが多いかと思います。

何が言いたいかと言うと、背中の違和感と座った時の呼吸の苦しさが同時に出るときは、自律神経が乱れていますよって話です。

背中の違和感が出やすくなる原因とは

ざっくりと、背中の違和感が出る原因を箇条書きでまとめておきます。

  • 季節の変わり目
  • 冷たい水の飲みすぎ
  • 夜に激しいスポーツをして、興奮状態が治まらないまま眠りについている
  • 睡眠時間が不規則
  • 深夜までパソコンやスマホをずっと扱っている
  • 背中を使う作業を頑張りすぎる

背中の違和感が発症するときは、一つの要因だけでなく、複数の要因が重なっていることが多いです。

ストレッチのまとめ記事に戻る

お疲れさまでした。

もっとストレッチについて詳しく知りたい方は、

ストレッチに必要なすべての知識をまとめてみました【マインドマップ】の記事をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です