集合住宅で音に異常に反応する人の特徴を解説!

こんな方におすすめ

  • 集合住宅の隣人が音に異常に反応するのでそういう人の特徴を知りたい。
  • 小さな音に異常に反応する人がどういう行動をするのか知りたい。

 
この記事を読んでわかること

  • 集合住宅では上下左右の部屋の音が聞こえやすくなっている
  • 集合住宅では小さな音に異常に反応する人がいる
  • 集合住宅で小さな音に異常に反応する人の特徴
  • 小さな音に異常に反応する人がとる行動パターン
  • 小さな音に異常に敏感で騒音を出す人の末路

僕は、公団の集合住宅に住んでいます。

防音対策をしていないフローリング

もともと床が、絨毯や畳でできていて、上下階の音が全く聞こえない状態でした。

公団の作った防音設計は、素晴らしいものでした。

ですが、10年ほど前に、上階の住人が、床をリフォームしてフローリングに変えてしまいました。

防音対策をしっかり施したフローリングリフォームであれば、上下階の音はあまり聞こえないのでしょうが、どうやら上階の方は、安く仕上げるために防音対策を施していないフローリングに変えたものと思われます。

さらに、我が家に工事のことを伝えるときも「壁紙を変えるだけですから」ということを伝えるだけで、床のフローリング工事のことは一言も言いませんでした。

音に異常に反応する人は、行動パターンも異常である

「公団住宅でもともと上階に施されていた、防音対策がしっかりなされていた床」がなくなったので、上下階の生活音が、互いに聞こえるようになりました。

最初こそ、上下階とも互いに音に反応していましたが、我が家の住人は、意味のないことだと悟って、上の音に反応するのをやめました。

ですが、上階の住人は、ひたすらずっと音に対して反応する状態を続けています。

ここまでの話で分かるかと思いますが「音に異常に反応する人は、行動パターンも異常である」ことが多いです。

そこで、音に異常に反応し続ける人の特徴についてまとめてみました。

集合住宅では上下左右の部屋の音が聞こえやすくなっている

集合住宅では、上下左右の部屋の音が聞こえやすくなっている。

集合住宅で音が響きやすい状態になるには、パターンがあります。

集合住宅で音が響きやすい状態になるパターン

  • もともと上下階の音が聞こえなかったけど、上階が防音対策を施さないフローリングに変えたことで上下階の音が聞こえるようになった
  • 集合住宅のそもそもの構造自体が、上下階や左右隣の音が聞こえる状態

集合住宅で上下左右の音が聞こえるパターンとしては「そもそもの構造自体が上下階や左右隣の音が聞こえる」状態であることが多いかと思います。

さらに、集合住宅では小さな音に異常に反応する人がいることについて深掘りしていきます。

集合住宅では小さな音に異常に反応する人がいる

集合住宅では、小さな音に異常に反応する人がいます。

小さな音に異常に反応する人がいる

集合住宅は、構造上、上下階や左右隣の音が聞こえる状態になっています。

そうすると、自分の部屋以外の生活音が聞こえてくるようになります。

音に敏感な人は、自分以外の部屋の音に異常に反応することがあります。

本人が音を気にしているだけならまだましです。

「音に反応して、自分も大きな音を出す」という特徴を示す人が、隣人や上下階にできたら注意が必要です。

さらに、集合住宅で小さな音に異常に反応する人の特徴について深掘りしていきます。

集合住宅で小さな音に異常に反応する人の特徴

集合住宅で小さな音に異常に反応する人には特徴があります。

僕が実際に経験した、集合住宅で小さな音に異常に反応する人の特徴をお伝えしていきます。

集合住宅で小さな音に異常に反応する人のサンプル設定

  • 夫が定年退職をして、妻もバイトなどせずずっと家にいる
  • 夫の人柄が悪く、集合住宅の階段に平気で唾を吐いたりする
  • 妻の夫に対する態度と、それ以外の住人に対する態度が180度全く違う
  • 妻は、人当たりよさそうにふるまおうとしているが、人柄の悪さが隠しきれていない
  • 妻は人づきあいが悪く、近所に仲の良い人が全くいない
  • 人づきあいの悪さをこじらせて、歳をとるごとに陰湿な性格になっている

ざっくりいうと「何もせず暇な人+人づきあいが悪い人+陰湿な性格をしている」という感じです。

小さな音にずっと反応する人は、本当に何もしていない

小さな音にずっと反応する人は、常に自分以外の部屋から聞こえる音に神経を張り詰めさせています。

自分の家のテレビを消しています。

音が聞こえた方に、歩いていきます。

音が聞こえたら、すかさず音に対して反応して音を出します。

ざっくりいうと「自分以外の部屋から聞こえる音を常に監視している+音が聞こえたら音に反応して音を出す」ということをエンドレスに続けているイメージです。

ということは「何一つ生産的なことをせず、時間を無駄に過ごしている」パターンの生活を365日行っている流れになります。

小さな音に異常に反応する人は、ずっと家にいる

小さな音に異常に反応する人は、ずっと家にいます。

「朝に出かけて晩に帰ってくる」という普通に夜まで出かける行動を取ることは、まずありません。

一日も家を離れることがありません。

旅行にも行きません。

ざっくりいうと「でかけても外で聞こえる他人の雑音が常に気になる→外に出かけられなくなる→引きこもる→ずっと自分以外の部屋の音を気にし続ける」という流れをエンドレスに繰り返すスパイラルに陥っているイメージです。

自分以外の部屋の音を気にし続けた結果「まともに長い時間の外出すらできなくなる→ずっと家に引き込まざるを得なくなる」という結末が待っています。

小さな音に異常に反応する人は、常に呼吸が浅い

小さな音に異常に反応する人は、自分以外の部屋の音を聞くために耳を澄ましているので常に呼吸が浅いです。

呼吸が浅いので、些細な音が聞こえるだけで身体を興奮させる交感神経が活発になります。

常に交感神経が活発なので、血圧が上がり、ずっと興奮状態が続くという流れになります。

血圧が上がりっぱなしなので、落ち着くことができません。

落ち着きがなくすぐに興奮しやすい状態になっているので、外に出たときに、聞こえてくる些細な音にも敏感に反応するようになります。

結果的に「外出する→些細な音に敏感に反応してすぐに興奮する→徐々に外出できなくなる→家に引きこもる→ますます音に敏感になる」というエンドレスなスパイラルに陥っていきます。

さらに、小さな音に異常に反応する人がとる行動パターンについて深掘りしていきます。

小さな音に異常に反応する人がとる行動パターン

小さな音に異常に反応する人には、特定の行動パターンがあります。

今回の事例は、上階の住人が下の階の住人の音に異常に反応するという事例として、パターンを紹介していきます。

パソコンのキーボードを打つ音に反応する

小さな音に異常に反応する人は、パソコンのキーボードを打つ音に反応します。

パソコンのキーボードを打つ音に反応する

静かな状態があるとします。

下の階の住人が、パソコンのキーボードを打ち始めます。

すると、音に反応して上階の住人が音を出し始めます。

上階の住人がパソコンのキーボード音に反応する具体的パターンは「窓を開けて閉める、床に物を叩きつける、ひたすら歩きまわる」という感じです。

ざっくりいうと「自分以外の部屋からパソコンのキーボード音が聴こえる→キーボードを打つ音に反応して音を出す」というイメージです。

ということは「自分自身は何に集中することもなく、常に自分以外の部屋の音に神経を張り詰めさせている」状態で365日過ごしているという何の生産性もない時間の無駄をエンドレスに繰り返していることになります。

トイレのドアを開け閉めする音に反応する

小さな音に異常に反応する人は、トイレのドアを開け閉めする音に反応します。

トイレのドアを開け閉めする音に反応する

静かな状態があるとします。

下の階の住人が、用を足すためにトイレのドアを開けて閉めます。

すると、音に反応して上階の住人が音を出し始めます。

上階の住人がトイレのドアを開け閉めする音に反応する具体的パターンは「窓を開けて閉める、床に物を叩きつける、音が発生しているトイレの近くまで歩いてくる」という感じです。

ざっくりいうと「自分以外の部屋からトイレのドアを開け締めする音が聴こえる→ドアを開け締めする音に反応して音を出す」というイメージです。

状況を客観的に考えると「自分以外の部屋から聞こえる音に常に神経を張り詰めさせていたら、人生楽しいことなんてなくなっちゃうよなあ」と同情を隠せなくなります。

テレビから聞こえる突然の大きな声や笑い声に反応する

小さな音に異常に反応する人は、テレビから聞こえる突然の大きな声や笑い声に反応します。

テレビから聞こえる突然の大きな声や笑い声に反応する

静かな状態があるとします。

下の階の住人が、テレビを見ています。

テレビから突然大きな声や笑い声が聞こえてきました。

すると、音に反応して上階の住人が音を出し始めます。

上階の住人がテレビの音に反応する具体的パターンは「窓を開けて閉める、床に物を叩きつける」という感じです。

ザックリいうと「自分以外の部屋のテレビから大きな音や笑い声が聴こえる→音が聞こえた瞬間にテレビの音に反応して音を出す」というイメージです。

ということは「テレビの音やTVから聴こえる笑い声が聴こえたら音を出して反応する人が、外出する→外出先で聴こえるあらゆる音が気になる→外出しなくなる→引きこもる→ますます自分以外の部屋から聴こえる音に敏感になる」という結末が待っています。

これは、以下で話す「隣人の話し声に反応すること」と、同じ結末になります。

隣人の話し声に反応する

小さな音に異常に反応する人は、隣人の話し声に反応します。

隣人の話し声に反応する

静かな状態があるとします。

下の階の住人が、家族で会話を始めました。

すると、音に反応して上階の住人が音を出し始めます。

上階の住人が下の階の隣人の話し声に反応する具体的パターンは「窓を開けて閉める、床に物を叩きつける、ひたすら歩きまわる」という感じです。

ざっくりいうと「自分以外の部屋から話し声がする→話し声がする方に歩いていく→話し声に反応して音を出す」というイメージです。

ということは「外出していても他人の話し声が気になる→他人の話し声が気になりすぎて外出できなくなる→引きこもる→さらに自分以外の部屋から聞こえる話し声が気になって音を出すようになる」という途方もない時間の無駄をエンドレスに繰り返していくシステムが出来上がります。

結果「人間不審に陥っていく→もともと根暗で陰湿な性格なので、さらに陰湿な性格に磨きがかかっていく」というかわいそうな結末が待っています。

エアコンの音に反応する

小さな音に異常に敏感で騒音を出す人は、自分以外の部屋のエアコンの音に反応します。

エアコンの音に反応する

静かな状態があるとします。

下の階の住人が、エアコンを起動させました。

すると、エアコンの出す音に反応して上階の住人が音を出し始めます。

上階の住人が下の階のエアコンの音に反応する具体的パターンは「窓を開けて閉める、床に物を叩きつける、引き出しの開け締めを繰り返す、ひたすら歩きまわる」という感じです。

エアコンが起動していると「カチャカチャ」という小さな音が不定期になります。

その「カチャカチャ」という小さな音を聞いて、それに反応して音を出すパターンです。

ざっくりいうと「エアコンという機械が出す音にひたすら反応して音を出す」という途方もない無駄な時間を過ごし続けているイメージです。

さらに、音に異常に敏感で騒音を出す人の行動パターンについて深掘りしていきます。

小さな音に異常に敏感で騒音を出す人の行動パターン

小さな音に異常に敏感で騒音を出す人には、特定の行動パターンがあります。

ものすごく頻繁に窓の開け閉めを繰り返す

小さな音に異常に敏感で騒音を出す人は、ものすごく頻繁に窓の開け閉めを繰り返します。

ものすごく頻繁に窓の開け閉めを繰り返す

静かな状態があるとします。

下の階から、音が聞こえてきました。

すると、「上階に住んでいる+小さな音に異常に敏感で騒音を出す人」は、最初に音が聞こえたタイミングを見計らって、窓を開けて閉めます。

「よその部屋から音が聞こえる→窓を開けて閉める」というパターンです。

窓の開け締めを頻繁に繰り返す行為は、単純に騒音です。

窓の開け締めを頻繁に繰り返すことが日常化している時点で、自分が騒音主になっているということが、わからなくなってしまっている典型的なパターンです。

「窓の開け締めを頻繁に繰り返す→自分以外の部屋から音が聞こえているから自分は窓の開け締めを繰り返す→自分は何も悪くない」という陰湿な性格が出来上がります。

そして、陰湿な性格の人間の周りには、人が集まってきません。

「人付き合いがなくなるので、ますます性格が陰湿になっていく」というスパイラルにハマっていく流れになります。

下の住人がいる時間を見計らって掃除機をかける

小さな音に異常に敏感で騒音を出す人は、下の住人がいる時間を見計らって掃除機をかけます。

下の住人がいる時間を見計らって掃除機をかける

静かな状態があるとします。

下の階から、音が聞こえてきました。

すると、「上階に住んでいる+小さな音に異常に敏感で騒音を出す人」は、最初に音が聞こえたタイミングを見計らって、掃除機をかけ始めます。

「よその部屋から音が聞こえる→音が聞こえたことを見計らって掃除機をかける」というパターンです。

小さな音に異常に敏感で騒音を出す人は、必要以上に掃除機をかけ続けます。

じゃあ「小さな音に異常に敏感で騒音を出す人が頻繁に掃除機をかけている→そんなに部屋の掃除も頻繁にしているなら身なりもきれい好きで小奇麗か?」というと、まったく逆です。

見かけるたびに思うのですが、身なりや服装におしゃれのかけらも感じられません。

それはつまり「音を出すために掃除機を頻繁にかけている」だけだということです。

「もともと掃除機をかける時間が長くて頻度も多い」という人物だとしても「音に反応して自分以外の部屋から音が聴こえることを確認してから、掃除機をかける」という流れに陥っている時点で、掃除機をかけることが音に反応するツールになっているパターンになります。

家の中をずっと歩き回る

小さな音に異常に敏感で騒音を出す人は、下の住人に足音を聞かせるために家の中をずっと歩き回ります。

家の中をずっと歩き回る

静かな状態があるとします。

下の階から、音が聞こえてきました。

すると「上階に住んでいる+小さな音に異常に敏感で騒音を出す人」は、最初に音が聞こえたタイミングを見計らって、家の中をずっと歩き回ります。

家の中を歩き回る目安は、15分から長い時は1時間に及びます。

集合住宅のLDKが広くて一軒当たりの部屋数が多い場合は、すべての部屋に音を聞かせるために、まんべんなくすべての部屋を歩くパターンが多いかと思います。

具体的には「リビング→8畳→6畳→4畳半→台所」をぐるぐると繰り返し歩いて回るイメージです。

ザックリいうと「自分以外の部屋から音が聴こえる→音に反応して自分の部屋をずっと歩き回る」というイメージです。

外を歩けばいいものの、音に異常に反応する人は「外で歩いていて聴こえる音にも敏感に反応する→だんだん外出できなくなる→引きこもる→外を歩けないので家の中を歩き回るようになる」という悲惨な結末が待っています。

床に物を叩きつける

小さな音に異常に敏感で騒音を出す人は、床に物を叩きつけます。

床に物を叩きつける

静かな状態があるとします。

下の階から、音が聞こえてきました。

小さな音に異常に敏感で騒音を出す人は、最初に音が聞こえたタイミングを見計らって、床に物を叩きつけます。

下の階から音が聞こえなくても、下の階の住人に聞かせるために、定期的または不定期に床に物を叩きつけて大きな音を出します。

ザックリいうと「自分以外の部屋から音が聴こえる→床に物を叩きつける」というイメージです。

「床に物を叩きつけることが日常化していく→粗雑な正確になっていく→もともと陰湿である+粗雑な人物に磨きがかかっていく」というスパイラルに陥っていきます。

晴れの日は必ず布団を干して布団をガンガン叩く

小さな音に異常に敏感で騒音を出す人は、晴れの日は必ず布団を干して布団をガンガン叩きます。

晴れの日は必ず布団を干して布団をガンガン叩く

小さな音に異常に敏感で騒音を出す人は、晴れの日は、必ず布団を干します。

布団を干して、昼間を過ぎて午後の2時から3時になりました。

下の階から、音が聞こえてきました。

小さな音に異常に敏感で騒音を出す人は、下の階から音が聞こえたタイミングを見計らって、布団をガンガン叩きます。

「晴れていれば、毎日でも布団を干してガンガン叩く」というイメージです。

文字通り、ベランダの柵をめがけて布団たたきをガンガン叩きつけるパターンです。

補足

ちなみに、布団を叩くのは、ダニの死骸が布団の綿の中に入り込むので逆効果です。

布団は、干しても叩かずに、掃除機でゴミやダニの死骸を掃除するようにしましょう。

「自分以外の家が、布団を叩き始めたことを合図として布団たたきでベランダの柵をガンガン叩く」というパターンもあります。

これを「類は友を呼ぶ」という仕組みです。

「布団をガンガン叩く人は、同じく布団をガンガン叩く人と行動パターンが似ている」と考えて間違いないです。

「布団を頻繁に叩いている人は、それだけきれい好きで身なりに気を使っているか?」というと、全く逆です。

掃除機のくだりでも書きましたが、おしゃれのかけらも感じられません。

「布団を頻繁に叩くことが音を出すためのツールになっている」典型的なパターンです。

音が出る装置をフローリングに直置きする

小さな音に異常に敏感で騒音を出す人は、音が出る装置をフローリングに直置きします。

音が出る装置をフローリングに直置きする

小さな音に異常に敏感で騒音を出す人は、下の階に音を聞かせるために、音が出る装置をフローリングに直置きします。

具体的には「タイマー式で振動によって音が発生するもの、ランニングマシンなどの走ることで音が発生するもの」をフローリングに直置きするイメージです。

毎日必ず、15分から1時間を目安に音を出すパターンです。

小さな音に異常に敏感で騒音を出す人の末路

小さな音に異常に敏感で騒音を出す人の末路は、決まっています。

神様は「嫌がらせのために騒音を出し続けている人」を見ています。

こう断言するのには、わけがあります。

小さな音に異常に敏感で騒音を出す人の末路

今日も今日とて、上階の住人は必死に音を出してるなあと思っていたときです。

ふと、上階の60代後半から70代前後の夫が歩いている姿を見ました。

もともと、普通に元気に歩いてる人物でした。

ですが、どうやら半身がマヒしてしまったようで、身体を引きずるように、本当に90代くらいの身体の不自由なおじいちゃんのように歩いていました。

噂によると、どうやら脳梗塞による後遺症のようです。

ひどいときは、奥さんに背中を押してもらわないと階段もろくに上がれないようです。

その時僕は思いました。

「毎日騒音を出して他人に嫌がらせなんてしてたら、人生の末路がああいう風になるんだな」ということを、実例として勉強させてもらえました。

脳梗塞になることは、だれでもあり得ることです。

ポイントは「他人に嫌がらせをするために騒音を出していると、必ず神様は見ていてその人の行動に応じた結果を与えている」ということです。

神様は「嫌がらせのために騒音を出し続けている人」を必ず見ています。

まとめ

小さな音に異常に敏感で騒音を出す人について、まとめてみました。

騒音を出し続ける人の末路は、決まっています。

この記事を読んで、自分自身の生き方を決める参考にしてみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ダンスが大好き。毎日ダンスのことばかりを考えている狂人系ダンスブロガーです。 主に、ダンス記事、ストレッチ記事、筋トレ記事を書いてます。すべてはダンスに必要なスキルです。