身体の柔軟性を上げるために、パートナーストレッチを取り入れる【ダンスとストレッチ】

身体の柔軟性を上げるために、パートナーストレッチを取り入れるとは

ダンスとパートナーストレッチって、どういうふうに考えたら良いの?

という疑問に簡単に答えていきます。

身体の柔軟性を上げるために、パートナーストレッチを取り入れると良いです

ダンスにおいて、ダンスの基礎となる身体の使い方を練習することが最も大事です。

ただし、どんなにきちんと練習しても、身体の柔らかさがないと、いつまで経っても、ダンスに必要な身体表現ができるようにならないです。

じゃあどうしたらよいかと言うと、基礎練習と同時進行で、身体を柔らかくするためのストレッチを毎日の習慣に取り入れると、ダンスの上達スピードが上がっていくって考えてもらうと良いです。

ということで、身体の柔軟性を上げるためのお話をしていきます。

友達とダンスの練習をしていて、身体の柔軟性がないのに、なんとなくダラダラ練習しているだけの人は、考え方を改めたほうが良いです

なぜかと言うと、身体の柔軟性がないと、どんなに練習しても、ダンスが上達しないからです

もっと突っ込んだ話をすると、身体が固い人は、ダンスに必要とされる身体的表現ができないので、ずっとぎこちない動きのまま動き続けているだけになりますよって話です。

じゃあどうしたらよいかと言うと、身体の柔軟性を上げるために、パートナーストレッチを取り入れると良いです

例えば、ダンス仲間や友達と、2人1組になってみてください。

片方が立ったまま、もう片方が座って正座するか、膝立ちになります。

立っている人は、片足立ちになって、浮かせている足を、座っている人の肩に乗せましょう。

つま先が外に向いてしまう人は、O脚気味で足の外側の筋肉が強い証拠です。

つま先を正面に向けたまま、片足立ちをするようにしましょう。

立っている足、肩に乗せて伸ばしている足が曲がってしまう人は、股関節・ハムストリングスが固い証拠です。

無理しない範囲で、少しずつ足をまっすぐ伸ばせるようにストレッチを行っていきましょう。

何がいいたいかと言うと、一人ではできないストレッチを、二人で行うと、客観的に自分がどういう身体の状態なのか、わかるようになりますよってことを覚えておいてください

補足

「俺は、一匹狼が好きなんだよ、他人とストレッチなんかしねえぜ」っていう人は、この記事を読まなくても良いかと思います。

どうぞ、ご自身の一匹狼スタイルを続けていってください。

補足

一人で行うストレッチは、とても大事なことです。

なぜかと言うと、自分の身体は、自分で調整するっていうのが、一生涯、柔らかい身体で生き続けていくためのベースになるからです。

ただし、パートナーストレッチを取り入れることで、自分だけではわからない、客観的な自分の身体の状態がわかるんだよってことも、覚えておいてください。

ダンスのまとめ記事に戻る

お疲れさまでした。

この「お疲れさまでした」を見る度に、あなたのダンスが少しずつ上達して、ダンスを楽しんで踊れるようになってくれたらいいなあと思って、記事を書かせていただいています。

もっとダンスについて詳しく知りたい方は、

ダンスに必要なすべての基礎知識をまとめてみました【マインドマップ】の記事をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です