お白湯の効果【身体を内側から温め基礎代謝を高めてくれます】

お白湯とは

お白湯ってどういう効果があるの?

という疑問に簡単に答えていきます。

身体が内側から暖かくなる

体温よりも温度の高いものを摂取しますので、身体が温まります

特に、内臓器官が温まるので、身体の芯からポカポカになるのを感じられるかと思います。

ポカポカになることで、冷え性を内側から改善してくれます。

夏の冷房で手足足先が冷えやすい人は、白湯を取り入れてみると良いかと思います。

そして、冬になると全身が冷え切ってしまう人にも、白湯をおすすめします。

自律神経を整えてくれる

夏が終わって、季節の変わり目になると、自律神経のバランスが崩れやすくなります

原因がよくわからないけど、毎年夏から秋への季節の変わり目になると決まって体調不良になる人は、自律神経のバランスを崩していると考えて良いです。

なぜかと言うと、冷たい食品をずっと取り続けていくと、脳は冷たいものを欲しているのに、内臓器官がそれを処理しきれず、身体が混乱してしまうからです。

そこで、お白湯を飲むことで、身体が内側から温まり、内臓器官が徐々に落ち着きを取り戻し、自律神経が整っていきます。

何が言いたいかと言うと、季節の変わり目にお白湯を飲むと、身体も心もリラックスできるよって話です

基礎代謝を高めてくれる

温かいものを摂取することで、内臓器官の働きが活発になって、基礎代謝が上がります

ですので、減量による脂肪燃焼やダイエットをしている人に、おすすめです。

何が言いたいかと言うと、夏に大量の冷たいものを摂取するよりも、温かいものを摂取したほうが、身体は痩せやすくなるよって話です。

もう少し突っ込んだ話をすると、温かいものを摂取すると、内臓器官が元気になり、基礎代謝が上がるということを、知識として知っておくと良いかと思います。

お白湯でもおかゆでも味噌汁でも、理屈は同じです

ストレッチのまとめ記事に戻る

お疲れさまでした。

もっとストレッチについて詳しく知りたい方は、

ストレッチに必要なすべての知識をまとめてみました【マインドマップ】の記事をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です