ダンスが大好き

O脚改善!簡単な方法を解説!美脚にするやり方も!

O脚改善!簡単な方法を解説!美脚にするやり方も!
O脚になる原因をご存知でしょうか?

私はO脚です、という方の大半は、知らず知らずのうちかわざとなのか、内股になる癖がある人に多いです。

そもそもO脚は、足を内股にする癖がある人に多く、足の外側に重心が乗っかることで、足の外側が張ってきて、結果的にO脚になります。

  1. 立ってる時、内股になる癖がある
  2. 座ってる時、つい内股になってしまう
  3. 気づいたら、内股で歩いている

思い当たるフシがある方、あなたは間違いなくO脚です。この記事にたどり着いたということは、少しでもO脚を改善したいとお考えのことと思います。

そんなやる気のあるあなたにこそ、今回の記事を書いてみました。舐め回すように最後までチェックしてみてください。

O脚を改善するには、どうしたらいいのか

O脚を改善するには、どうしたらいいかご存知でしょうか?

まずは、かかとを揃えて、つま先をV字に開くようにしてと、基本的な立ち方を改善していきましょう。その上で、慣れてきたら座り方も改善していく必要があります。

記事を読み終える頃には、O脚の改善法について、理解が深まるはずです。ぜひ、最後まで読んでみてください。

O脚を改善するための簡単な方法を動画で解説

当ブログではおなじみの、Nakamura Daisukeさんの動画を参考にして、O脚を改善するための方法を学んでいきましょう。


O脚になってしまう絶対にやってはいけない事

www.youtube.com

O脚になってしまう絶対にやってはいけない事について、お話ししていきます。

一番まず多いのが、O脚になってしまう足の形で、外側が張ってきてO脚になっていきます。最近の方は、ほとんど内股O脚といって、ひざが内側に向いてきます。外がどんどん広がってきて、外ばかりに重心をかけてきています。

ですので、よくあるんですけど、女性の方で特に、わざとちょっと内股で立って、ひざを内に向けてしまっている方がいます。こういう状態で立つことが多い人、これはこのままどんどん外にばかり重心がかかりますので、どんどん外に広がっていきます。

まっすぐにしようと思っていても、どんどん外に広がっていますので、これはよくないです。

立ち方としては、ちょっとつま先をわざとVの字にします。かかとをつけておいて、つま先を少し広げておきます。このまま、ひざをわざと外に向けておいて、くっつけるようにします。

そうすると、お尻や内側に上手に力が入ってくると思いますので、外側に重心がかかりにくくなると思います。お尻をギュッと締めて、ひざを少し外に向けます。こうすると、きれいな立ち姿になると思います。

これを普段から心がけてもらうことが大事です。絶対に、わざと内股にして、ひざを内向きにして、外側に重心をかけないようにしてください。これがまず、一つです。

今度は、座っているときなんですが、座り方でも同じです。

ひざは付いてるけど、足先が開いてつま先を内向きにしている人がいます。これも、女性の場合で多いですけど、こうなると完全に外側にギュッと力が入った状態になります。内側には、まったく力が入っていない状態です。

こうなると、立ったときに、外側ばかりに力が入ってしまうくせがついてしまいます。

ですので、座っているときも、ひざとくるぶしをくっつけるような感覚にしましょう。座ってるときでも、つま先を少し開いて、ひざをつけようとしておくと、内側に少し力がはいる感覚が出てくると思います。

つま先を最初に少し広げて、ひざをくっつけるようにしてもらうと、足が内側に寄っていくようになると思います。

ですので、立っているときも、座っているときも、わざと内股の形を作らないようにしましょう。

O脚なる原因の1つとして、今はほとんどが、内股になっていって、外側にばかりどんどん重心がかかっている人が多いと思います。お尻を締めて、かかとをつけて、つま先を少し開いて、足全体を内側に絞っていくように気をつけてみてください。

O脚矯正のための立ち方

www.youtube.com

O脚矯正のための立ち方について、お話ししていきます。

O客の方は、今ほとんどの方が、内股O脚といって、足が外に開いてきていて、ひざが内向きになって、開いてきている人が多いです。なので、普段から、立ち方を、例えば、電車に乗っているときとかに、何かに掴まっているときとかに、内股O客の人は、前や外の筋肉が強くなって外に開いてきています。

O脚改善のためには、これを、足の内側や裏側の筋肉を使っていけるようにしなければいけません。

ですので、気をつけの姿勢をとってもらって、少しO脚でくっつきにくい人は、つま先をV字に開いてもらって、この状態で、ひざが内に向いているのを外側に向けて、ひざをくっつけようと力を入れます。

そうすると、内側のももとか、お尻に力がぎゅーっと入ってくるのがわかると思います。

普通に立ったままでやりにくい場合は、わざとひざを曲げて、ひざを外に向けてくっつけるようにしてみてください。

もっとO脚がきつい人は、つま先をさらに開いてもらって、ひざを曲げて、ひざを外に向けてくっつけるようにしましょう。

大事なのは、感覚として内のもも、お尻がぎゅーっと締まって力が入っている感覚が出てくるようにしてください。これが慣れてくると、ちょっとずつつま先がV字じゃなくって、少しずつ足を閉じて、気をつけの状態でも、ひざを外側に向けて、足をくっつけることができるようになるかと思います。

お尻と内側のももが、いつもぎゅーっと力が入ってるようにします。これをずーっとしてると、この立ち方がしんどくなりますので、一日の合間合間に、1分くらいこの立ち方をやっていただく感じで、思い出したときにしていただいたら、O脚矯正に効果があります。

是非一度、試してみてください。

O脚を直すためのストレッチのコツ

www.youtube.com

O客を改善するときに、伸ばしておいたほうがいいところについて、お話ししていきます。

単純なんですけど、O脚の人というのは、足の外側が張ってきて、ひざが内に向いてきて、足の外側が外に開いてくることがほとんどです。なので、外側がどんどん重心がかかって、張ってきます。

よく、足の外側の伸ばし方がよくわからないという方が多いです。

いろいろ方法があるんですけど、一番簡単にやる場合だったら、足を、あぐらをかくみたいな感覚で、例えば、左足を反対の足のお尻の横に持ってきます。反対の足を、左足に重なるように、左側に持ってきます。

ちゃんとあぐらがかけてない状態ですね。このままで、重心を前に落としていきます。これは、主にはお尻の中臀筋を緩めたりするストレッチにはなるんですが、身体の角度を自分でいろいろ調節しながらやってみてください。中臀筋から太ももの外側、O脚の人が一番張ってくるところを、伸ばすことができます。

ゆっくり、気持ちのいい程度でいいです。

足をチェンジしてもらって、右足を左のお尻の横に持ってきて、左足を右足に重なるように、右側に持ってきます。上体を前に倒したり、斜めや左右に向けたりして、いろいろと傾きを変えてみてください。

少し痛いかなと感じるくらいでもいいかと思います。痛気持ちいいくらいのところで、O脚のきつい方は、外側が張ってると思いますので、そこが伸ばされる感じだと、ちょうどいいくらいに痛気持ちいい感じになると思います。

ゆっくり時間をかけて伸ばしては、ゆっくり戻してという動きを繰り返して、外側を伸ばして緩めていきましょう。

立った姿勢でも、よく中殿筋を伸ばすのに、片足を一歩前に出してクロスして、前の足のひざを曲げていって、後ろの足の筋肉を伸ばすというやり方もあります。動画の、2分50秒くらいから見てみてください。

中臀筋に効くストレッチになるんですが、上半身の傾きを変えることで、足の外側が伸びているのを感じられると思います。ストレッチは、全て筋肉に狙いをつけてやると、いろんなところに効かせることができるようになります。一度、試してみてください。

O脚や膝が内向きになる人を直す、片足ひねり立ち

www.youtube.com

O脚の方や、ひざが内向きになる人を直すための立ち方について、お話ししていきます。

O脚やひざが内向きになるだいたいの方は、足の外側に重心がかかっています。ですので、上手に内側に体重が乗っかるようにしたいんですが、なかなか意識して使えるところではありません。ここでやり方をマスターして、しっかり練習しておきましょう。

片足でねじって立ってもらうようにするんですが、ちょっとぐらぐらしそうなので、最初は壁を持ったり、椅子を持ったりしてやってみてください。

まっすぐ立ってもらって、片足ずつ後ろに伸ばしていって、身体がまっすぐになるようにします。動画の1分10秒くらいから見てみてください。このまま立っていると、どうしても外側に重心がかかってしまうので、これを内側を使いながら片足で立つ練習をしたいんです。

どうするかというと、このままで、身体を後ろに上げている足のサイドに向けます。左足を後ろに上げているなら、身体を左に向けるイメージです。真っすぐ立ってから、サイドを向きます。こうすることによって、内側を使って、まっすぐピーンっと立つようになってます。

これで、10秒くらいがんばれたら、OKです。戻すときは、正面にゆっくり身体を戻してから、足を戻していきます。反対の足でも同じようにやっていきます。

この運動を10秒で2から3セットくらいしてもらって、もし暇な時間ができたら、合間合間にちょこちょこしてもらうといいかと思います。そうすると、内側に重心をかける練習になりますし、内側をぐーっと引っ張りながら力を使うようになってきますので、歩いてるときや立ってるときに、自然と内側を使うようになります。

さらに、ひざをしっかり外に持っていこうとする、自然な内側の力の使い方になります。一度、試してみてください。

美脚になる為にしてほしい2つのこと

www.youtube.com

美脚を作るための2つのポイントを、お話ししていきます。

美脚ですので、立ったときの足の形をきれいにしたいんですが、特に、女性にお悩みの方が多いです。

ポイントは、2つあります。1つ目は、足の外側が張ってくることです。2つ目は、太ったときにも外側に肉がついてくることです。

これは、外が強くて内が弱いというふうに言われるんですが、内が弱いと言うよりは、外に重心をかけすぎていて、筋肉が外に張ってくるようになります。そうすると、骨盤の形自体がO脚に適した状態になってきます。

結果、外に張ってきて、お尻も外に広がってきて、となります。

これは、内転筋というよりは、内側の腸腰筋、大腰筋と呼ばれるところを鍛えたほうがいいです。鍛えるためには、体幹トレーニングがたくさんあります。

普段歩いているときから、意識して使えるようにするには、歩く前に骨盤の前面に刺激を入れておきましょう。簡単な方法ですと、壁に手をついてもらって、ちょっと斜めに身体を倒しておきます。

この状態で、片足を上げます。床と並行になるくらいまで、ももを上げていきます。大事なことは、足先までぐっと力を入れないで、足先はブラブラとなってる状態にすることです。膝から下は、ぶらんぶらんと脱力した状態にします。

ももを上げたまま、足を少し上げ下げしていきます。ひざから下の力を抜いておくと、骨盤の付け根の筋肉、腸腰筋や大腰筋に効いてきます。

これを、左右交互に、10回を2セットくらいやってみてください。

腸腰筋や大腰筋に刺激が入ると、今から歩きますよというときに、骨盤の前面を使いながら歩けるようになります。ですので、骨盤の形が内側に閉じそうになるのを防いで、しっかりまっすぐしたまま歩けるようになってきます。

鍛えるというよりは、歩く前、運動する前にちょっとやってみてください。これが、まず1つ目です。

2つ目は、足首です。足首がきゅっとならない、もしくは足首を鍛えようとしてジャンプしたりいろいろやっても、足首が引き締まらずに、ふくらはぎばかりがゴツくなってしまう人が、結構いらっしゃいます。

この場合、どうするかというと、これも同じように、壁に手をついて、身体がちょっとだけ斜めになるようにします。よくあるのが、足首を引き締めるために、つま先立ちをする方がいますが、これはふくらはぎを鍛える運動です。

確かに足首がきゅっとなるには、ふくらはぎから持ち上げられるようにならないといけません。ですがそれよりもまず、アキレス腱のところを引き締めておきたいし、ふくらはぎはある程度絞っておく必要があります。

じゃあどうすればいいかというと、壁に手をついて、身体が少し斜めになった状態で、少しだけ、1cmくらいかかとを浮かせます。この状態が、アキレス腱が引っ張られて力を使おうとしている状態になりますので、この状態で1分くらいキープします。

この姿勢は、ふくらはぎには軽く力が入っていて、アキレス腱のあたりに力が入っている状態になります。かかとを上げすぎてしまうと、アキレス腱のあたりが縮こまってしまうだけになりますので、注意してください。

アキレス腱のあたりが引っ張られて、それでいて力が入っている状態を作りたいので、先程もお話ししたように、1cmくらいかかとを浮かせるようにします。

1分くらいしたら、ちょっと休憩します。

特に女性に多いお悩みとして言われているのが、足首をキュッと細くしていきたいのと、運動してるのに細くならないという外側の筋肉ですね。外側の筋肉は、1つ目の方法で、骨盤の前側に刺激を入れてから、歩いたり運動したりするようにしてみてください。

この2つのポイントを重点的にやっていただくと、きれいな美脚に、細いだけではなくて、足の形がきれいになっていくと思いますので、一度試してみてください。

まとめ

O脚になる原因をまとめておきます。

  1. 立ってる時、内股になる癖がある
  2. 座ってる時、つい内股になってしまう
  3. 気づいたら、内股で歩いている

O客を改善するには、いろんな方法があることをお伝えしてきました。

  1. 立つときは、かかとを揃える
  2. 座るときも、かかとを揃える
  3. お尻をギュッと締める
  4. ひざが内に向いてしまう人は、一度ひざを曲げて、ひざを外に向けるように立つ、座る
  5. つま先をV字に開く。慣れてきたら、つま先をまっすぐにする

基本的な改善ポイントを意識して、日常動作に取り入れてみてください。だんだん、足の内側の筋肉を自然と使えるようになってくるかと思います。ちょっとした空き時間でもいいので、O脚を改善するための運動を、できれば毎日行っていきましょう。

トップへ戻る