器具を使った胸の筋トレの基礎フォーム【胸をしっかり張りましょう】

器具を使った胸の筋トレの基礎フォームとは

胸の筋トレでは、どういうフォームを意識したらいいの?

という疑問に簡単に答えていきます。

ベンチプレス

器具を使った胸トレーニングの基礎となるのが、ベンチプレスです。

バーベルでもダンベルでも、どちらにも共通しているフォームについてお話ししていきます。

今回は、バーベルでのフォームについて説明しますね。

胸骨の一番下の辺りの真上に、バーがくるようにします。

息を吸いながら、胸郭を広げてバーを胸に向かって引きます。

息を吐きながら、胸をグッと張り、脊柱起立筋も使ってバーを上げます。

脊柱のアーチを作ることを意識すると良いです。

もう少し突っ込んだ話をすると、ずっと胸を張るんじゃなくて、息を吐くときに胸をグッと張るようにすると、胸に意識が行きやすくなるよって話です。

ずっと胸を張っているのは、よろしくないです。

筋トレのまとめ記事に戻る

お疲れさまでした。

もっと筋トレについて詳しく知りたい方は、

筋トレに必要なすべての知識をまとめてみました【マインドマップ】の記事をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です