【2019年新作アニメ化決定】旧作魔術師オーフェンのOPとEDで思い出補正をかけろ!

こんな方におすすめ

  • 魔術師オーフェンの思い出をOPとEDを思い出しつつ振り返りたい。
  • 魔術師オーフェンのことを知りたい。
  • 魔術師オーフェンが大好きだった。

 
こんにちは。アサクマです。

最近は、ブログの閲覧回数が月間10万PVほどになり、いろんな方に見られるようになりました。

先日下記のツイートをしました。

魔術士オーフェンが、ツイッターでトレンド入してるので「旧アニメ魔術士オーフェンのOPとED」を記事にしていきます。

毎週のオーフェンアニメ放送を楽しみにしていたので「旧作のOPとEDを聞くと思い出補正がかかる→いいアニメだったよな感が強まる→2019年の新作アニメ化とか俺得やん」で今に至る。

結論から言うと「オーフェンのアニメOPとEDは、秀逸だった→つんくが絡んでいてトレンドに乗っていた→アニメの面白さと音楽のセクシーさがマッチしていた」という控えめに言っても最高のアニメでした。

ということで、旧作魔術師オーフェンのOPとEDを振り返りつつ、思い出補正を強化していきます。

魔術士オーフェンとは

ザックリいうと、下記のようなストーリで始まっていきます。

魔術士オーフェンのあらすじ

主人公オーフェンは、キエサルヒマ大陸でも有名な牙の塔出身の黒魔術士でありながらも、もぐりの金貸しとして生計を立てていた。

オーフェンの傍にはいつも、天才魔術士と称され姉のように慕っていたアザリーがいたが、5年前に禁忌とされる魔法実験に失敗し、忽然と牙の塔から姿を消してしまった。

人ではない姿になってしまったアザリーをつかまえて元の姿に戻すため、旅を続けるオーフェンは、とある町トトカンタで知り合ったクリーオウやマジク達と共に旅を続けることになり、、、。

1990年代はファンタジー冒険記が大流行していた

「魔術師+旅」という1990年代当時大流行したファンタジー冒険記の形式で進んでいく物語です。

スレイヤーズ、ロードス島戦記、マジックナイトレイヤースなどと並んで、ファンタジー作品として人気を博していました。

富士見ファンタジア文庫ライトノベル作品の2枚看板の一角だった

1990年代の富士見ファンタジア文庫と言えば「スレイヤーズ」と「魔術師オーフェン」が大人気でした。

スレイヤーズが好きだった人は、魔術師オーフェンも好きだったパターンが多いかと思います。

2作品に共通していたのは「シリアスなメインストーリー+ふんだんにギャグシーンが盛り込まれている」というオンオフスイッチの切り替えがはっきりしていたところです。

「シリアス+ギャグ路線」のバランスが取れていて、ライトノベルを読んでいる読者にとって、読みやすく心地の良い作品になっていたイメージがあります。

最近のアニメ作品で言うと「銀魂」も「シリアス+ギャグ路線」のバランスが良く、時代が変わってもファンが集まりやすい形式と言えますね。

ライトノベルの人気に火が付きアニメ化へ

繰り返しになりますが、1990年代の富士見ファンタジア文庫と言えば「スレイヤーズ」と「魔術師オーフェン」が大人気でした。

スレイヤーズがいち早くアニメ化され、その流れを受けて魔術師オーフェンもアニメ化されました。

オーフェンのアニメ作品は、当時モーニング娘のプロデューサーとして大人気だったつんくさんが、OPとEDに関わっていました。

「流行のライトノベル+有名人気プロデューサーのOP・ED作品」という組み合わせを受けて、ライトノベルファンやアニメ好きの方達の間で、魔術師オーフェン熱が盛り上がっていました。

ということで、魔術師オーフェンのOPとEDについて、思い出補正をしつつさらっと紹介していきます。

魔術師オーフェンのOPとED

TVアニメ第一期OP

  • 愛 Just on my Love
  • 君は魔術士?

TVアニメ第一期ED

  • ラストキッス
  • どうしよう

TVアニメ第二期OP

  • そんでもってKISS
  • 丸い太陽 -winter ver.-

TVアニメ第二期ED

  • Love,Yes I Do!
  • 甘いあなたの味

さらに、1曲ずつ思い出補正をかけつつ、さらっと紹介していきます。

愛 Just on my Love

こんな方におすすめ

  • キャッチーなメロディーが好き
  • セクシーな歌を歌いたい
  • 色っぽい声音に聞き惚れたい

ザックリいうと「愛 Just on my Loveというパートを聞くだけで→ああ、オーフェン第一期のOPね」というイメージです。

歌詞のコピペができるサイトもありました。

君は魔術士?

こんな方におすすめ

  • Aメロのきれいな歌が好き
  • セクシーな歌を聞きたい

ザックリいうと、「Aメロの浴びるほど~部分を聞く→ああ、オーフェン第一期後半パートのOPね」というイメージです。

愛 Just on my Loveの方が、圧倒的に印象が強い気がします。

君は魔術士?のサビパートは、わりとよくありがちなメロディーラインですので、あまり印象に残りづらい感があります。

「愛 Just on my Loveの方が、第一期オーフェンの思い出補正を強化してくれそう」な感じですね。

ラストキッス

こんな方におすすめ

  • くちびるやくちづけなどの「くち」にちなんだ歌詞が好き
  • #や♭の多いメローディーラインが好き
  • タンポポが好きだった

ザックリいうと、「サビのくちびるにだけ~部分を聞く→ああ、オーフェン第一期前半パートのEDね」というイメージです。

ですが、Aメロへ続く「なのにくちづけ」部分の方が実は好きというオーフェンファンの方が多い気がします。

どうしよう

こんな方におすすめ

  • 1990年代らしいBメロのメロディーラインが好き
  • 透き通った歌声を聞きたい

ザックリいうと「今Kissをされたら泣いちゃうよどうしよう~部分を聞く→ああ、オーフェン第一期後半パートのEDね」というイメージです。

Bメロの「はじめてすごく~」パートが好きと言うファンの方も多いのではないでしょうか。

1990年代に流行った「キュンとして切なくなりそうなメロディーライン」が印象的ですね。

「今Kissをされたら、泣いちゃうよどうしよう」部分は、泣きを誘う歌詞とメロディーラインでして、一人EDを見ながら泣いていたのは僕です。

そんでもってKISS

こんな方におすすめ

  • メロディアスな歌が好き
  • 男性のセクシーな歌声が好き

ザックリいうと「サビのそんでもって優しくKissして~部分を聞く→ああ、オーフェン第二期前半パートのOPね」というイメージです。

Aメロ出だしの「ねえ後もうちょっとだけ」部分が好き、というファンの方が多い気がします。

丸い太陽 -winter ver.-

こんな方におすすめ

  • ミディアムテンポの歌が好き
  • 太陽とシスコムーンが好き

ザックリいうと「サビの夜が明けるとき~部分を聞く→ああ、オーフェン第二期後半パートのOPね」というイメージです。

「この恋も雪の様に重ねて行きたい」部分で、キュンっとするというファンの方が多い気がします。

Love,Yes I Do!

こんな方におすすめ

  • いつまでも二十歳のままでいたい
  • ミディアムテンポの曲を聞いて気持ちよく泣きたい
  • マイリトルラバーっぽい歌声が好き

ザックリいうと「いつまでも20才(はたち)のままでいたらいいね~部分を聞く→ああ、オーフェン第二期前半パートのEDね」というイメージです。

圧倒的な賛成大多数で「いつまでも20才(はたち)のままでいたらいいね」部分がすごく好きっていうファンの方が、多い気がします。

「いつまでも20才(はたち)のままでいたらいいね」部分は、森高千里の「私がおばさんになっても」に通じる、永遠の若さへの羨望や感傷的なものがありまして、胸にグッとくる切なさを感じさせてくれますね。

サビ部分の「Yes I Do!信じて→固く信じて」に聞こえるのは、ファンの中ではあるある空耳であることも、ご報告しておきます。

甘いあなたの味

こんな方におすすめ

  • セクシーな歌が好き
  • メロン記念日が好き

ザックリいうと「甘いKISS ME~部分を聞く→ああ、オーフェン第二期後半パートのEDね」というイメージです。

サビの締め部分の「甘いあなたの味」パートが好き、というファンの方が多い気がします。

旧作魔術師オーフェンのOPとEDで思い出補正完了

全部で8曲の旧作魔術師オーフェンのOPとEDで思い出補正しつつ、映像を見て作品内容を思い出してきました。

控えめに言っても旧作魔術師オーフェンのOPとEDは最高

「愛 Just on my Love」「君は魔術士?」「ラストキッス」「そんでもってKISS」などは、キャッチーなメロディーと印象に残るワンフレーズがありまして、すっと身体になじみやすい楽曲でしたね。

ということで、明日以降も旧作のOPとEDを振り返りつつ、2019年の魔術師オーフェン完全新作アニメへの期待を膨らませていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です