ローバースクワットの基本フォーム

ローバースクワットの基本フォームとは

ローバースクワットって、どうやったら良いの?

という疑問に簡単に答えていきます。

ローバースクワットの基本フォームをマスターしましょう

ローバースクワットは、バーの位置が肩甲骨のあたりに、低い位置にくるので、ローバースクワットと言います

足は、肩幅くらいか、少し狭めにしましょう

バーを担いて、肩甲骨のあたりに乗せます。

手幅も、自然と狭くなってきます。

肩周りが固い人は、無理せず手幅を広めにして下さい。

膝を曲げて行きつつ、胸を張ったまま、脊柱起立筋に負荷を載せて、上体を前傾させていきます

膝の角度は、90度くらいまでくれば十分です。

そして、背中が丸まらないように意識して、上体を起こしていきましょう。

バーと骨盤までの距離が近いので、重量にこだわる人は、ローバースクワットをすると良いかと思います。

骨盤のある位置が、身体の重心だと考えてもらって良いです。

もう少し突っ込んだ話をすると、動きのシルエットとしては、デッドリフトのシルエットに近いので、同じように、脊柱起立筋、足の裏側の筋肉、つまりハムストリングスや大殿筋に効いてきますよって話です

筋トレのまとめ記事に戻る

お疲れさまでした。

この「お疲れさまでした」を見る度に、あなたの筋トレに対する理解が深まってくれたら良いなと思って、書かせていただいています。

もっと筋トレについて詳しく知りたい方は、

筋トレに必要なすべての知識をまとめてみました【マインドマップ】の記事をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です