ロックダンス基礎技!スクーバーホップの簡単なやり方を解説!

こんな方におすすめ

  • ロックダンスのスクーバーホップの簡単なやり方を知りたい。
  • 上体を固定してスクーバーホップを簡単にやる方法を知りたい。
  • 簡単なやり方でスクーバーホップをかっこよく見せたい。

 
この記事を読んでわかること

  • ロックダンスでは上体を固定した技がいろいろある
  • ロックダンスのスクーバーホップの簡単なやり方

僕は、週2回ダンススクールに通っています。

2018年10月24日現在、ダンスイベント出演に向けた振り付けの練習をしています。

振り付けの中で、ロックダンスのスクーバーホップの動きが出てきましたので、簡単なやり方をまとめてみました。

がっつりとした本格的なスクーバーホップ

今回の記事では、スクーバーホップの簡単なやり方をお伝えしていきます。

がっつりとした本格的なスクーバーホップのやり方は、以下の記事で確認できます。

ロック(Lock)ダンスの基礎技解説!基本ステップも

ロックダンスでは上体を固定した技がいろいろある

ロックダンスでは上体を固定した技がいろいろあります。

ロックとは、カギをかけるという意味です。

カギをかけるように、身体をカチッと固定していきます。

ロックダンスでは、スクーバーホップ、ウィッチアウェイ、ストップアンドゴーなど、上体を固定した技がいろいろあります。

今回は、スクーバーホップについて深掘りしていきます。

ロックダンスのスクーバーホップのやり方

上体を固定して行います。

スクーバーホップは、エンカウントから始まる動きです。

エンカウントの前の動きは、振り付けによって変わってきます。

こんな方におすすめ

  • ロックダンスで上体を固定した技をできるようになりたい
  • 上体を固定して身体を動かせるようになりたい

ロックダンスのスクーバーホップのやり方

足を肩幅くらいに開いて立ちます。

肩の力を抜いて、リラックスします。

スクーバーホップは、エンカウントから始まる動きです。

今回は「両腕を前に出す+後ろに軽くジャンプする動き」をエンカウントの前に入れています。

1で、両腕を前にだして、同時に後ろに軽くジャンプします。

エンカウントから最後までは、上体を固定したまま動いていきます。

上体をぶらさないことを意識してやっていきましょう。

エンカウントで、左ひざを上に上げます。

2で、正面を向いたまま、左足で左にキックを入れます。

左足の動きは、上から半円を描いて下まで振り下ろすようなイメージです。

左足を戻します。

エンカウントで、左足を戻した勢いを使って、振り子のように右足を下から上に掬い上げるように上げていきます。

注意

初心者の方は、右足でキックをしてしまいがちです。

キックではなくて、右足で下から上に掬い上げるようなイメージで足を動かします。

3でジャンプします。

エンカウントで、右足を床につきます。

4で左足を床につき、床に膝立ちになります。

普通に立ったまま、終わるパターンもある

今回の動画では、床にしゃがんで着地しています。

普通に立ったまま終わるパターンの動きは、以下の記事で確認してみて下さい。

ロック(Lock)ダンスの基礎技解説!基本ステップも

まとめ

スクーバーホップは、ロックダンスの基礎技です。

しっかり練習してマスターしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ダンスが大好き。毎日ダンスのことばかりを考えている狂人系ダンスブロガーです。 主に、ダンス記事、ストレッチ記事、筋トレ記事を書いてます。すべてはダンスに必要なスキルです。