ロックダンス上達のためのコツを解説【基礎動作を改善すること】

こんな方におすすめ

  • ロックダンスがなかなか上達しない。
  • シルエットがダサいと言われる。
  • ロックダンスの動きをレベルアップさせたい。

 

あなたのロッキンのシルエット、かっこ悪くないですか?

 
きっとあなたは、先生や先輩に「お前のロッキンのシルエット、なんかダサいわ」と言われていますよね。

じゃあ、どうしたらいいのでしょうか?

記事にまとめてみました。

ロックダンスの基礎をしっかり学びたい方へ

取り急ぎロックダンスの基礎をしっかり学びたい方は、ダンス・スタイル・ロッカーズあたりをポチっておきましょう。

ロッキンのシルエットは、基礎動作で決まる

ロッキンの上手い人とあなたは、何が違うと思いますか?

答えはシンプルで、ロッキンの上手い人は、何をやっても基礎動作のシルエットがすべてキレイなんです。

きっとあなたは、

でも俺だって

サークルのイベントに向けて振り付けやりこんでるし

ダンスコンテストに向けて振り付けやりこんでるし

めちゃくちゃ頑張ってるよ?

と思っていることでしょう。

あなたの気持ちは、よくわかります。

みんなと一緒に、振り付けをやりこんで練習頑張ってるんですよね。

ですが、どんなに振り付けを練習しても、基礎動作が出来てなければ、ロッキンは上達しません

答えは単純で、

基礎となる動きのシルエットがダサい

からです。

例えば

  • サークル内でダンスが一番うまい先輩
  • ダンススクール内で最も動きが上手な人
  • いつもの練習場所で、飛び抜けてダンスがかっこいい人

この3つのパターンの人が、どういう練習をしているかしっかり見てみてください。

きっと

基礎動作を地道に練習して

同じ動きをずっと反復して練習して

腕の角度、重心の乗せ方などを繰り返しチェックする

などの作業を行っているはずです。

ですので、振り付けの練習を頑張るだけでなく、ロッキンの基礎となる動作をしっかりやりこんでください

ということで、ロッキンの基礎動作をやり込むときのコツを深掘りしていきます。

その場歩き

あなたのその場歩き、シルエットがダサくないですか?

その場歩きは、ロッキンのすべての動作の基礎となっており、最も大事な動きです。

その場歩きのやり方は、ロックダンス練習のためのポイントを解説!の「腰の動きを意識する」の部分を読んでおきましょう。

簡単に言うと、足の動きだけなら

かかとを揃え、つま先を少し開いた状態でその場に立つ。

1で、左足のかかとを浮かせる。

2で、右足のかかとを浮かせる。

動きを交互に繰り返していきます。

やることは、シンプルです。

足の動きに、腰の動きを足し算していきます。

かかとを揃え、つま先を少し開いた状態でその場に立つ。

1で、左足のかかとを浮かせつつ、腰を右斜め後ろに出す

2で、右足のかかとを浮かつつ、腰を左斜め後ろに出す。

動きを交互に繰り返していきます。

やり方を確認したら、実際に鏡を見つつやってみてください。

1分待ちます。

さて、どうでしょうか。

あなたのその場歩き、シルエットがダサくなってないですか?

自分がイメージしてるかっこいい動きと、なんか違う

と感じたはずですよね。

ということで、その場歩きのシルエットをかっこよくするためのポイントを深掘りしていきます。

「シルエット」を意識した腰の動き

腰の動きが入ってくると

綺麗なシルエットの人と、かっこ悪いシルエットの人の差

がはっきり出てきます。

違いはシンプルで

シルエットがかっこ悪い人は

背中が丸まっているし

骨盤も丸くなっている

この2つの状態になっているからです。

じゃあどうすればいいか?

勘の良いあなたは、わかりましたよね。

上手な人のシルエットに近づけるためには

背中が丸まらないように、まっすぐなるように意識して

骨盤が丸くならないように、骨盤が少し後傾するくらいの意識で腰を斜め後ろに出す

2つのポイントを意識して、その場歩きの練習をしたら良いんです。

「シルエット」を意識した首の位置

そして、もうワンランク上のシルエットを目指すなら

背中が丸まりやすい人は、首が前に出やすくなっている

点に注意してください。

ですので、

上手な人のシルエットに近づけるためには

背中が丸まらないように、まっすぐなるように意識して

骨盤が丸くならないように、骨盤が少し後傾するくらいの意識で腰を斜め後ろに出す

首が前に出ないように、背中のラインと揃うように意識する

3つのポイントを意識して、その場歩きの練習をしていきましょう。

「シルエット」を意識して首を固定する

さらにもう一歩上を目指すなら

シルエットがダサい人は、首が左右に動いている

点にも注意していきましょう。

ですので、

上手な人のシルエットに近づけるためには

背中が丸まらないように、まっすぐなるように意識して

骨盤が丸くならないように、骨盤が少し後傾するくらいの意識で腰を斜め後ろに出す

首が前に出ないように、背中のラインと揃うように意識する

首が左右に動かないように、固定する意識を持つ

4つのポイントを意識しつつ、その場歩きの練習をしていきましょう。

アップのリズムを意識する

その場歩きで、ダウンのリズムを入れてませんか?

ロッキンの基本リズムは、アップです

そして、その場歩きのシルエットがダサい人は

シルエットを改善しようと腰を斜め後ろに下げようと頑張る

リズムがダウンになっている

流れになりやすい点に注意しておきましょう。

ですので

シルエットのかっこいい人の動きに近づけるために、

リズムがダウンにならないように意識する

アップのリズムを入れるように意識する

この2つのポイントを意識して、その場歩きのリズム練習をしていきましょう。

リズムに大きな上下の動きを入れない

あなたのその場歩き、上下の動きが激しくなってないですか?

その場歩きは、そもそも上下動の激しい動きではないです。

その場歩きのシルエットがダサい人は

アップのリズムを入れようと意識して、大きく体が上下に動いている

点に注意しておきましょう。

ですので

シルエットのかっこいい人の動きに近づけるために、

リズムがダウンにならないように意識する

アップのリズムを入れるように意識する

アップのリズムを入れようとして、上下の動きが大きくならないように意識する

この3つのポイントを押さえて、その場歩きのリズム練習をしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です