(Lockin)ロッキンダンスの基礎技解説②!ウィッチウェイのやり方も

(Lockin)ロッキンダンスの基本
ロッキンダンスでは、ペイシング、ファンキーギター、ロッキンポイントなどシンプルな基礎技がよく使われています。まずは、簡単な動きからマスターしていきましょう。

その他のロックダンス記事も、参考にしてみてください。

ロッキンダンスの解説動画

動画で、みんな大好き!!ストリートダンサーのJinoさんがロッキンダンスの解説をしてくださっています。彼の動画を参考にして、基本技をマスターしていきましょう。

ジャズ・スプリット(How to Do a Jazz Split)

www.youtube.com

ジャズスプリットは、ダンサーとして動きに慣れて、出来るようになったほうがいい動作です。まずは、床に身体を下ろしたポジションからやっていきましょう。

床に身体を下ろして、左足を伸ばします。右ひざを曲げて、後ろに折りたたみます。これが、基本となるポジションです。ロッキンの動作を色々としていく途中で、右足を蹴り出して、足をスイッチして、左足をサイドに出して、そのまま体ごと床にドロップしていきます。両腕をしっかり床について、足に負担がかからないようにしましょう。安全に床に着地します。着地でけがをすることのないように気をつけましょう。

1で右足でキックして、2で体ごと床にドロップダウンします。キック&ドロップのリズムでスムーズに床に着地します。しっかりストレッチをしてから、ジャズスプリットをやっていきましょう。

ウィッチウェイ(How to Do the Which-a-Way)

www.youtube.com

ウィッチウェイは、やり方を知らないと、下手くそな動きになってしまいます。もしちゃんとしたやり方を知らないなら、しっかりやり方を学んで練習していきましょう。

両腕を前に出して、手のひら同士を握り合わせます。右足を上げて、かかとを後ろ向きで時計回りに、後ろ向きに回転させ元の位置にキックするように戻します。きっくで蹴り上げられた反対側の足も同じように回転させます。かかとで後ろに回し蹴りをするようなイメージで足を上げていきます。

8カウント目で動き出して、エンカウントで足を上げていきましょう。最後の8カウント目で、かかとを床に下ろします。

ペイシング(How to Do the Pace)

www.youtube.com

ペイシングは、ものすごく簡単な動きです。ちょっと歩くような、杖をついたおじさん老人が歩くような動きです。リストロールも足していきましょう。

ひざを少し曲げます。バックエンドフォースをしたり、スピンをしたり、いろいろ足しながらやっていきます。グルーブに乗るように、ジョギングをするように、軽くその場でステップを踏んで歩いていきます。リストロールしながら、腕をサイドに軽く出します。これが、ペイシングの基本動作です。サイドにリストロールをしてもいいし、アップにリストロールしてもいいし、バックにリストロールしてもいいです。いろいろなバリエーションを組み合わせて、やっていきましょう。

みぞおちのラインでリストロールしたり、肩のラインでリストロールしたり、高さを変えるのもありです。トゥエルからのリストロールもありです。靴からお札を取り出す動作もありです。何でもありです。これが、ペイシングです。

フロアスイーパー(How to Do the Floor Sweeper)

www.youtube.com

フロアスイーパーは、ロックダンスの大事な構成要素です。大抵のロックダンサーは、フロアスイーパーから動作をスタートします。多くのエナジーを込めて、そこからスタートします。

左足から、1で床に足をタッチして、エンでサイドに足をすらせて、2で足を戻して、エンで左足を上げて、3で足を床につきます。右足も同じようにします。足の裏で、床を掃除しているように見えますよね。だから、フロアスイーパ-と呼ばれています。

ファンキーギター(How to Do the Funky Guitar)

www.youtube.com

ファンキーギターは、文字通り楽しい動きです。エアギターを、ファンキーに演奏します。基本的に、ディップでバウンスを入れて、足を上げて軽くキックします。ギターの向きを、スイッチアームで変えていったりしましょう。リストの動きをちょっと意識して、ギターを弾くときに、イン気味な位置と、アウト気味な位置に、少しずつ変えて動きにアクセントを付けましょう。

ロッキンポイント(How to Do Locking Points)

www.youtube.com

ロッキンポイントは、とてもファンキーな動きです。ロッキンそのものが、ファンキーな動きなんですけどね。基本的に、まっすぐ指を差します。ロッキンポイントは、とっても生き生きとした楽しいものです。楽しそうに、いきいきと、いろんな方向を指差してみてください。ポイントをするときは、はっきりとした、クリーンな動作でやっていきましょう。
ストレイトなラインを意識します。ポイントに、ネックロールも足してみましょう。

簡単なルーティーンをお見せしますね。右を指差して右を見て、左を指差して左を見て、右手で下を指差して下を見て、左手で下を指差して下を見ます。右手でバックにリストロールを入れて、右足も同時に下げて、左足のつま先を上げて、脚も腕もスライドしながら、前に踏み込んでいきます。ジャンプして両腕で斜めサイド上にポイントして、同時に左足も上げます。

リストトゥエル(How to Do a Wrist Twirl)

www.youtube.com

リストトゥエルは、とても簡単な動きです。ですが、忘れやすい動きでもあります。リストロールを下から上、上から下にしていきます。下から上が内巻き、上から下が外巻きするようなイメージです。上から下に巻くとき、靴の中にお札を入れるように、腕と反対側の脚を上げていきます。

右手、左手と片手ずつやっていって、両手でも練習してみましょう。トゥエルしない方の手は、サイドに伸ばしておきます。

ヒッチハイク(How to Do the Hitchhiker)

www.youtube.com

ヒッチハイクは、ヒッチハイクするときの動きを模したものです。あなたは、何処かに行きたくて、道のサイドに立っています。誰かに車で拾ってもらうために、車の運転手に自分の存在をアピールしていきます。

親指を立てて、クイックな動きでサイドに腕を動かしていきます。ヒッチハイクは、とてもエネルギーに溢れた動きです。1で右に腕を動かして、2で左に動かして、3でまた右に腕を動かして、4で1回ゆっくり腕を左に動かします。腕と同時に、反対側の足でリズムをとります。4のときに、首の向きを変えていきましょう。

まとめ

ロッキンダンスは、ペイシング、ファンキーギター、ロッキンポイントのような、シンプルな動作で構成されています。決して難しくはないので、練習すれば、それなりに踊れるようになります。トゥエル、フロアスイーパー、ウィッチウェイなどのロッキンダンス独特な動きもマスターして、自分なりのかっこいいダンスを目指して頑張ってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ダンスが大好き。毎日ダンスのことばかりを考えている狂人系ダンスブロガーです。 主に、ダンス記事、ストレッチ記事、筋トレ記事を書いてます。すべてはダンスに必要なスキルです。