KRUMP(クランプ)ダンス基礎技解説!基本の練習方法

こんな方におすすめ

  • クランプダンス初心者なので、基礎技をマスターしたい。
  • クランプダンスをガチでかっこよく踊りたい。
  • クランプダンスの歴史を知りたい。

 

そんなあなたのために、クランプダンスの基礎技を簡単にまとめてみました。

初心者の方でも、見ていただけるとなんとなくクランプダンスのイメージがつかめるかと思います。

クランプダンスについて書いた、以下の記事も参考にしてみてください。

クランプ(Krump)ダンスの基礎技や知識を解説!クランピングの歴史も!

KRUMP(クランプ)ダンスの基礎技解説②!ストンプのやり方も!

2018/03/30追記ここから。

KRUMP(クランプ)ダンスの基礎技解説動画

雷柄の服がいい感じのTheHandsomeTorchTVさんの動画を参考にして、クランプダンスの基礎をマスターしていきましょう。

彼の動画では、一つ一つの動画の中にクランプダンスのエッセンスが凝縮されています。

何度も繰り返し見て練習して、クランピングの基礎を習得していきましょう。

基本スタンスとフットワーク(Stance and Footwork)

調子はどうだい?今から、ベーシックなクランピングのムーヴメントについて、話していこうと思います。

みんな、基本を勉強するのは好きですよね?

でも、基本を練習することをすぐに忘れてしまいます。

そこで、いくつかのティップスを、コツをお伝えしていきます。あなたのクランプが、完璧なものに近づけるように、お話ししていきます。

まずは、足からスタートしていきます。

腕と頭のボディーコントロールもやっていきます。

その後に、自分自身のキャラクターの出し方やグルーヴ感の出し方について、お伝えしていきます。では、基本となるスタンスからいきましょう。

基本スタンス1

基本スタンス1をお見せします。

足を肩幅くらいに広げて、ひざを少し曲げます。

スクワットみたいに、重心を下げ過ぎたらダメですよ?

常に、重心が下がった状態を保つようにします。そうすることで、アップのアクセントがつけやすくなります。

足がストレートのままだと、アップも出来ないし、スティックして固まったような動きになってしまいます。

軽くひざを曲げて、動いていきます。

バランスを取って、しっかり身体をソリッドして、固定していきます。

スポーツをやる上で、足をしっかり動かして、動き続けることは大事ですよね?

クランピングでも同じで、ひざを軽く曲げることで、足をしっかり動かすことが出来るようになります。ジャブだったり、アームスイングだったり、ストンプをしたあとに、必ず基本スタンス1に戻ります。基本スタンス1を横から見ると、座っているようにも見えます。

次の基本スタンスに行きます。

基本スタンス2

スタンス2は、リカバリーです。

スタンス2では、片方の足をもう片方の足の後ろに持ってきます。

斜め前を向いた状態で、少し身体を後ろにリーンして傾けます。スタンス2でバランスをゆるくして、基本スタンス1に戻ります。

スタンス1で、常に前を向く必要はありません。

観客の位置だったり、ジャッジの位置だったりに応じて、いろんな方向を向いてスタンス1を、とっていきましょう。

基本スタンス3

スタンス3をやっていきます。

片方の足を前にクロスして、前にリーンして傾きます。重心を前に出した足に乗せます。スタンス3は、よりアニメーティッドなムーヴメントです。

スタンス3でムーヴメントにブレイクを、休憩を挟んで、スタンス1に戻ります。

で、スタンス2に移ったりと、自分のムーヴメントを作り出していきましょう。

基本スタンス4

スタンス4をやっていきます。

片足をサイドにまっすぐ伸ばして、もう片方のひざを曲げます。

スタンス4で、腕をスナッチして伸ばしたり、宙にあるものをとる仕草をいれたりします。

スタンスをマスターするには、フットワークが大事になってきます。

ベーシックのフットワークと言えば、ストンピングです。

ストンプ

いろんなバランスポイントで、ストンプを入れます。

スタンス1で入れたり、スタンス2で入れたり、スタンス3で入れたり、いろんなポイントで、ストンプを入れていきます。

スイッチをやっていきます。

スイッチ

両ひざをすばやくインして、アウトします。

これが、スイッチです。

ひざの素早いイン・アウトを繰り返しながら、サイドに移動していきます。

両ひざをイン・アウトしながら、視線をいろんな方向に変えていきます。

ひざをイン・アウトしながら、身体を大きくダウンして、アップして起き上がります。

別のバージョンとして、キックバックをやっていきます。

キックバック

片方の足をインして、もう片方の足で後ろに蹴りを入れます。

キックバックしたあとに、ストンプを入れたります。

キックバックとスイッチで、動きにアクセントを入れていきましょう。

ヒール・フリックをやっていきます。

ヒールフリック

両足のかかとを、すばやくアウト・インします。

腕で、ウィップをするときにヒール・フリックを入れたりします。

いろんなフットワークやバランスポイントで使っていきます。

ヒール・フリックの一つである、キック・ミー・アウトをやっていきます。

キック・ミー・アウト

片足でヒールフリックを入れて、もう片方の足でサイドにキックします。

すばやく2回ヒールフリックしながら、同時に2回サイドキックを入れたりします。

お伝えしてきたフットワークをしながら、腕のムーヴメントを入れていくのが僕は好きです。

クランピングの基礎であるこれらのフットワークを、しっかりマスターしてください。

ターンをやっていきます。

ターン

足はかかとに、もう片方の足はつま先に体重を乗せます。

サイドにターンしていきます。

ターンを入れることで、観客に見てもらいたいポイントを変えていきます。

ターンして、目に見えない武器を準備するような素振りを入れたりします。

片足でストンプを入れて、ターンして、バランスポイントを変えてと、自分のフリースタイルを作っていきましょう。

スモールホップをやっていきます。

スモールホップ

スモールホップは、つま先立ちのような動きです。

スモールホップを何度も入れて、ビートをつかんでいくのが僕は好きです。

スモールホップを何度も入れて、アームスイングを入れたりします。

ドリルとして練習するなら、いろんなバランスポイントを試してみたり、いろんなフットワークをそれぞれのバランスポイントでやってみてください。

一つのスタンスのままずっと動かないように注意しましょう。

ボディーコントロール&グルーブ(Body Control and Groove)

チェストポップ、ショルダー、ヒップス、いろいろなポップなどをやっていきます。

まずは、チェストポップからやっていきます。

胸が、僕たちのコアです。

クランピングのキャラクターは、チェストポップから来ています。

移動するときにチェストポップを入れたり、パワーを出したいときに使っていきます。

チェストポップは、エクスプロードするような、爆発させるような動作です。

チェストポップを入れて、体内にあふれるパワーを身体の外に放出していきます。

チェストポップには、3つのレベルがあります。

レベル1のチェストポップは、1・2・3で徐々に胸を前に出して、1・2・3で徐々に胸を戻していきます。

レベル2のチェストポップは、ヘビーヒットです。力強く胸をヒットさせていきます。

レベル3のチェストポップは、ドラッグです。

爆発するような大きなチェストポップをやったあとに、身体全体でサイドやフロントに移動していきます。チェストポップでは、呼吸が大事になってきます。

ショルダーを入れて、チェストポップをやっていきます。

チェストポップを入れたあと、胸をインするときに肩が前に出てきます。

敵に向かって、威嚇するような動きです。

グルーヴに乗って、ショルダーを入れていきましょう。

肩のコントロールをやっていきます。肩をロールして回します。円を描くようにします。シンプルな動きです。チェストポップを入れて、肩のロールを入れて、肩のヒットを入れたりと、自分のムーヴメントを作り出していきましょう。

ヒップをやっていきます。

お尻をすばやくインしてアウトします。簡単でしょ?お尻のポップを入れるときは、低いスタンスをとります。まっすぐ立ったまだと、かっこ悪くなります。ひざを軽く曲げて重心をおとして、お尻のポップを入れて、バランスポイントを変えて、スタンス2に移動したりします。

ティッキングをやっていきます。

ティッキングは、小さなポップの連続技です。

初心者がうまくなるために練習するときは、小さな動きでもいいです。

慣れてきてエナジーを出して踊りたいなら、大きな動きでやっていきましょう。大きなヒットで、大きなティッキングで、大きな動きにしていきます。ティッキングは、時間をかけてしっかり練習してください。自分のキャラクターを出せるくらいに、ティッキングをやりこんでください。

ヒットを入れるときは、腕をスナッチしたりします。

腕を曲げて、伸ばしてヒットを入れていきます。簡単でしょ?足のヒットを入れます。ひざを軽く出してヒットを入れます。ひざのヒットを入れるときは、足はまっすぐでも大丈夫です。いろんなヒットを入れて、自分のムーヴメントを作り出していきましょう。

ここで、グルーヴについて、お話ししていきます。

グルーヴは、歌や音楽のリズムを使うことです。

足でリズムをとっていきます。これが、基本のグルーヴです。

足の動きに、上半身の動きを足していきます。

グルーヴで足でリズムをとる間に、チェストポップやティッキングをいれていきます。

スロッピーな、ぞんざいな動きにならないように、しっかり筋肉を固めて、力強さを出していきます。

しっかり筋肉をコントラクトして収縮させて、動きをタイトに引き締めてやっていきます。動きながら途中でストップも入れて、動きにアクセントを付けて、また動き出していきます。

アームス&フォーカスポイント(Arms and Focus Points)

頭と、腕の動きをやっていきます。

頭を使うときは、フォーカスポイントを、視点を変えていきます。

首の角度を変えたり、視点を変えたります。

視点を変えるときには、身体の他の部分も使っていきます。

チェストポップを入れて、そのまま視点を変えて大きくうなずくような動きを入れたりします。ジャブを入れたあとに、顔を左右にすばやく振ったりします。

ジャブでサイドや下にスティックしたあとに、顔を左右にすばやく振ったりもします。

ヘッドウィップという動きもあります。

上を見て、サイドを見て、下サイドを見て、前を見ます。ビートをつかんで、リズムに合わせてヘッドウィップを入れていきます。ヘッドウィップでいろいろ遊んでみてください。楽しくなりますよ?

アームスをやっていきます。

アームスの基本は、ジャブです。

アームプレイスメントも大事です。

アームプレイスメントは、ポージングです。

ジャブから来ることもあるし、ストーリーも大事になってきます。

例えば、二人が、同じ漫画本を読んでいます。一人が、12ページ飛ばしました。その時、もう一人が腕で、「ちょっと待てよ」というポーズをします。それを見たもう片方は、意味を理解します。

同じようにクランプでも、ポーズを入れていきます。

素早いアームスイングをする間に、動きをホールドして、ポーズを入れていきましょう。

ポーズのタイミングで、しっかり呼吸を整えて、動き続けられるようにします。

いろんな動きを試しながら、自分なりの基本となるポージングのルーティーンを作っていきましょう。

アームプレイスメントをやり込むことで、ポージングの練習にもなります。何度もお伝えしているように、ストロングな、力強い動きが大事です。

ジャブのテクニックは、2つあります。

スティックして指すようなテクニックと、スナッチを効かせるテクニックです。

スナッチは、すばやく腕をアウトして、インする動作です。インしたときの腕のムーヴメントが、アームプレイスメントになります。

その後スティックして突き刺すようにする動きが、ジャブです。

スティッキングは、腕を真っ直ぐ伸ばす動きです。

しっかり腕を固めます。

僕の場合、右手でスティックして、左手で別のムーヴメントを入れたりします。

スティックしたあとは、腕をホールドしてアームプレイスメントを意識します。腕を振り回しすぎて、自分自身にジャブを入れないように注意しましょう。

スティック、スナッチ、ジャブ、アームプレイスメントとやってきました。

ジャブに話を戻していきます。

アームプレイスメントを作って、4つのコーナーにヒットを入れたり、トライアングルにヒットを入れたりします。

想像上の箱の中にいると自分自身を仮定して、それぞれのコーナーにヒットを入れて、箱から抜け出すようなストーリーを考えてジャブを入れていきます。

大事なことは、動きをクリアにすることです。

止まったときの動きをクリアに、ポーズをクリアに、アームスをクリアにしていきましょう。

スティックするときは、パワーを乗せていきます。

ヒットするときは、スピードを乗せていきます。

ジャブでは、ハンドジェスチャーを使います。

アームスイングや、アームプレイスメントで、ハンドジェスチャーを使う必要があります。スピードが大事ですし、腕の前でハンドジェスチャーをやれば話しているようにも見えます。ハンドジェスチャーで身体をタップしたりもします。

オープンハンドで指先を開いて、スラッピングしたり、スナッチしたり、グラビングで掴む動作をしたり、ポージングをしたり、スローイングで物を投げるような動作を入れたりします。オープンハンドで、パワーを表現していきます。

3つ目は、フィスト、拳です。

親指をアップしても中に入れてもいいですが、親指をダウンして中に入れてやっていきましょう。

拳を握ったまま、ボディーコントロールをして上半身のアイソレーションをいれていくのが、僕は好きです。拳を握ったまま、チェストポップを入れたり、自分を大きく見せるムーヴメントの中で使います。

動物のように、リッピングしたりします。

拳を握ったまま、拳を近づけた箇所をスクリュードライバーのようにして、身体のパーツを動かしたりもします。

基本をマスターしてしまえば、あとはフリースタイルなので、自分でムーヴメントを作り出していきましょう。

スティック、スナッチ、ジャブとやってきました。

次は、スラップをやっていきます。

スラップは、ダウンモーションです。

上から下に、タップするような動きです。

僕は、身体のいろんなパーツをスラップするのが好きです。

例えば、胸をタップしてチェストポップを入れたりします。

スラップの次は、ドラッグをやっていきます。

ドラッグ

ドラッグは、動きを大きく変えるときのアクセントに使っていきます。

ドラッグで大きく腕を振り下ろしたあとに、ティッキングを入れたりします。

ドラッグして腕を大きく振り下ろしたあとに、腕をプルして引く動作を入れたりもします。

スティック、スナッチ、ジャブ、スラップ、ドラッグとやってきました。

次は、ウィップをやっていきます。

ウィップは、お尻から動きがきています。

ヒップをサイドに出して、腕を大きくアップして、上からサイドを通って下にウィップしていきます。

ウィップやパワースイングをするとき、動きをしっかりコントロールして動作を続けていくように注意しましょう。

次は、パワースイングをやっていきます。

パワースイング

パワースイングは、大きな動きです。

腕を大きく振り回して、フィギュア8で、8の字を描いていきます。片足を前に出してやっていきましょう。

もしくは、シンプルに大きく円を描いていきます。

パワースイングをやりながら、動きを止めずにビートにノッて動き続けることを意識してください。

2018/03/30追記ここまで。

KRUMP(クランプ)ダンスの基礎技解説動画②

Jino Fortさんが、Howcastというアカウントで、クランプダンスの基礎技を教えてくださっています。

彼の動画を参考にクランピングの基礎技について、お伝えしていきます。

アームスイング(How to Do Krumping Arm Swings)

クランピングのアームスイングは、とても力強く、曲の終わり頃にはあなたはとても疲れているでしょう。

クランプのすべてのテクニックの中で、特に、アームスイングはあなたを疲れさせます。

なぜなら、とても多くの力を使うからです。

力を使って、頑張って動かなければいけないからです。タイトアイズがクランピングを流行させる以前は、クラウニングやモンキーダンスなどたくさんのムーヴメントがありました。クランピングは、それらとは少し毛色が違います。

クランピングは、多くのコントロールを必要とするし、ポイントがあるし、変化していってます。タイトアイズが、新しいダンスのムーヴメントを作り上げてくれました。いずれにしても、彼がダンスのスタイルに変革を起こしてくれました。

アームスイングについて定義するなら、それはダイナミックな動きだということです。

あなたが強ければ強いほど、パワフルであればあるほど、コントロールできれば出来るほど、よりかっこよく見えます。怠惰で、筋肉がない状態でアームスイングのムーヴメントをしても、きちんとした動きには見えないでしょう。

身体を鍛えて、ジムに行って筋トレすれば、よりかっこいいアームスイングが出来るようになります。

早速今からアームスイングの動きをお見せします。

腕を勢いよく、内側にクロスさせます。外に大きくオープンします。上に大きく腕をアウトします。下にも大きく腕をアウトします。物を床に叩きつけるように、オーバーモーションで腕を振り下ろします。腕を大きく引いたりもします。

見ていただいているとわかるかと思いますが、動作のあとにストップモーションをいれてください。止まることで、動きが流れていかず、力強さを表現できます。ボクシングの動作に近いものがあって、動きが素早いけれど、とてもコントロールされているのがわかるかとおもいます。

アームスイングのルーティーンをお見せしますね。

最初の動きは、左手のスイングからいきます。指は親指と人差指でLの形を作ってみましょう。フロント、腰のサイド、フロントと腕を軽くダウンさせてると同時に、左足のつま先をアウト、イン、アウトさせます。

4カウント目で、両手を斜め上にオープンでアップして、5カウント目で、両腕をダウンしてクロスさせます。シンプルに、力強くやりましょう。より強く、よりクリーンに動くのがベストです。

ジャブ(How to Do Krumping Jabs)

クランピングのジャブは、ボクシングのジャブのようなものです。

とてもシンプルで、クイックで、静的に、適切なムーヴメントで突く、といった感じです。

ダンスのスタンスで、クランプダンスのスタンスでやっていきましょう。いずれにしても、ジャブはクイックでなければいけません。僕が今から、ちょっとしたルーティーンをやっていきますね。

最初のジャブは、左手から打っていきます。

1でダウンに打って、2でサイドに打ちます。右手でも同じように、3でダウンに打って、4でサイドに打ちます。5で両腕でダウンでクロスに打って、6でアップに打ちます。アームスイングと違って、ジャブは、クイックな動作でポイントへアプローチします。

突き刺すような動作をイメージしてください。指は、人差し指が少し伸びたような状態で、ほんの少し拳を握るか握らないかくらいにしてみてください。

ストンプ(How to Do Krumping Stomps)

クランプストンプは、ただストンプするだけではないです。

ただストンプするだけだと、クレイジーになっているだけの危ない人になります。

ダンスフロアーにいる大きな猿のような状態になってしまいます。

大きな音を出すことがクランプのストンプではないです。

大きな音を出して床を踏み鳴らすことが、正しいストンプだとは思わないでください。多くの人は、ちょっと混乱します。多くの人が、床を踏み鳴らしたあと、クレイジーになることがクランプダンスだと考えています。

基本的に、クランプのストンプをするときは、正確にやっていきます。少なくとも、正確に、大きな音を出さずにストンプをすることは、効果的です。

例えば、かかとでストンプして止めたり、つま先でストンプして止めたり、その後に、クリーンに他のムーヴメントを足すことが出来ます。

ただのキチガイに見られたくないなら、ストンピングを大きな音でやったあとは、他の動作は足さなくてもいいかと思います。

ストンプ

まず、ストンプをやるときは、ひざを軽く曲げてセットスタンスをとって、左足から、つま先をサイドにストンプして、かかとをフロントクロスにストンプします。

次は右足で、サイドにかかとをストンプして、サイドから、フロントへ3回に分けて徐々に内側に入るようにストンプをしてみたり。

また、左足で、サイドからフロントへ向けて、3回ストンプをしてみたり、自由にやってみましょう。

クランプストンプのシンプルなルーティーンをお見せしますね。

1で上体を大きく落として、内側に腕を入れるマッスルポーズをとりながら、ひざを曲げて、右足前、左足後ろのスタンスをとります。

2で左足でサイドにストンプします。

3で、左足のかかとを床につけて、4でかかとをインに内側に向けて、5で右足を後ろサイドにつまさきでストンプします。

6で、アームスイングで下から両腕を振り上げながら、左足も蹴り上げて、7で左足で強いストンプをサイドに入れます。

7のときは、前にある何かを大きくまたぐように足をしっかり上げましょう。

チェストポップ(How to Do Krumping Chest Pops)

クランプのチェストポップは、その名の通り、胸をアウトにポップさせます。

ですが、ただチェストをポップアウトするだけではありません。

そこには、ビートが入っていて、力強さも必要です。

サイドのアングルでやるとわかりやすいので、練習するときも、鏡をサイドから見ながらやってみましょう。

息を吸うときに、diaphragm(横隔膜)を使って息を吸います。

空気をめいいっぱい吸い込んで胸を膨らませていきます。後ろへバックダウンさせるときは、後ろへヒットを入れるように背中を後ろに出していきます。

ダンスとしてやるときは、ビートを意識してしっかりヒットさせます。

どれだけチェストポップでビートを打てているかで、かっこいいチェストポップになるかどうかが決まります。

胸を引っ込めて背中を戻すときに、クリーンにクイックにビートを打つ意識が大事です。

チェストポップの練習方法

チェストポップを3段階くらいに分けて、徐々に胸を大きくアウトさせる練習をしてみましょう。

何か消えたものが、突然ぶつかってきて、チェストポップを入れるようなトリッキーなムーヴメントも練習してみましょう。

チェストポップは、クランプダンスの他のムーヴメントやテクニックに繋げることができる重要な動きです。

アームスイングを入れて、ジャブを3つ入れて、チェストポップを入れて、しっかりヒットさせて、そのままストンプを入れてと、かっこいいコンビネーションを作ってみましょう。

コンビネーションは、すべての技を含みます。

かっこいいクランプの動き(How to Do a Cool Krumping Move)

クールなクランピングの動きである、リトラクションをやっていきます。

リトラクションは、プルオンする、身体に服を身につけるような動作です。

そして、ポップオフする、何かと一緒に急に出ていくような動きです。

リトラクションは、ビートに乗れば、とてもクールに見えるかっこいいムーヴメントになります。

歌のビートがどうなっているか理解できれば、自由自在に踊れるようになります。

クランプのポッピングや難しい技をうまく使ってみるのがいいと思います。

あなたが、クレイジーなビートを打っているかのように、目に見えるような形で表現しましょう。

リトラクションのシンプルなルーティーンをやってみますね。

1で、右手をグラブして握って右にプルしてストップします。2でダウンに流しながら、左手をアップさせて、3で上で何かをキャッチしてストップします。

4で左手を力強くクロスにダウンさせると同時に、右足をフロントにクロスさせます。

1から2へいくときに、スリングショットのように、身体をなめらかに流していきましょう。

フリースタイル(How to Do Freestyle Krumping)

フリースタイルのクランプについてお見せしますが、基本動作に忠実に、まずは基本から発展させることを忘れないでください。

クランプを踊るときに、自分自身の個性をキャラクターを出していきたいでしょ?

例えば、ポッピンですが、他のダンススタイルのポップ&ロックイットと同じようにやるでしょう。

フリースタイルでは、何をやってもいいし、自分の能力でできるあらゆることを、付け足していきましょう。

みんな違ったスタイルをもっているし、すでに学んできたレバレッジも持っています。

フリースタイルのコツ

自分に自信をもってやってみてください。

フリースタイルで快適に感じるようにするためには、ベストを尽くすことです。

学んできたことを活かしてやることです。

練習をしてないなら、しっかり練習して、そこで得たものをフリースタイルで踊ってみてください。

とにかく、ひたすら練習してください。

クランプダンスとは

クランプダンス(krump)は、自由で、表現力に溢れ、誇張されていて、とてもエネルギッシュな動きが特徴的な、アメリカで人気になったストリートダンスです。

krumpingを始めた若者たちは、ギャング生活から逃げ出すための、怒りや、侵害、欲求不満を暴力に頼らないポジティブな方法で開放するための方法として、クランプを見ていました。

Krumpという言葉のルーツは、カリフォルニアのMean Streetsの歌詞からきています。

ときには、宗教的奉仕活動の芸術的領域としてkrumpingを掲示するために、Kingdom Radically Uplifted Mighty Praiseの略語として、KRUMPと記述されます。

krumpingは、2000年代初頭に、ロサンゼルスのSouth Central地域で、Ceasare “Tight Eyez” WillisとJo’Artis “Big Mijo” Rattiの、二人のダンサーによって、作り出されました。

clowningは、より攻撃性の少ない、クランピングの前任者とも言えるダンスであり、1992年カリフォルニアのComptonで、Thomas “Tommy the Clown” Johnsonによって作り出されました。

1990年代初頭、Johnsonと彼のダンサー仲間たちは、the Hip Hop Clownsというグループとして、誕生日パーティーの子どもたちのためや、エンターテイメントの形として、一般大衆のために、顔をペイントして、clowningをパフォーマンスしていました。

その一方、krumpingは、非常にエネルギッシュなバトルやドラマティックな動きにフォーカスを当てています。

Tommyが、krumpingについて、激しく、すばやく、シャープなものとして説明しています。

もし、クランプの動きが言葉だったなら、krumpingは、ポエトリー・スラムになるだろう、とTaisha Paggettが言っていました。ポエトリー・スラムは、制限時間内に詩を朗読してその内容とパフォーマンスの優劣を競うものです。

krumpingは、Tommy the Clownによって、直接的に作られたものではありません。

しかし、krumpingは、clowningから生じたものです。

Ceasare “Tight Eyez” WillisとJo’Artis “Big Mijo” Rattiは、もともとはThomas “Tommy the Clown” Johnsonと同じように、二人ともクラウンダンサーでした。

しかし彼らのダンスは、clowningにしてはゴツゴツしていて、精製されていない生の状態に近いというふうに見なされていました。

そこで最終的に、clowningから離脱して、彼ら自身のスタイルを開発しました。このスタイルは、今現在krumpingとして知られています。

Thomas “Tommy the Clown” Johnsonは、結果としてクラウンダンシングアカデミーを開校しました。そして、Great Western Forumでthe Battle Zone競技大会を始めました。そこに、クランプダンサーやクラウンダンサーたちが集まって、仲間たちの前で互いに競い合っています。

krumpには、4つの重要な動きがあります。ジャブ、アームスイング、チェストポップ、ストンプです。krumpは、めったに振り付けされません。たいていが完全にフリースタイルで、ステージよりもむしろバトルやセッションで頻繁に踊られます。

krumpingは、ブレイクダンスやturfingのようなその他のヒップホップダンススタイルとは、文体的にスタイルとして、違っています。krumpingは、とても攻撃的で、アップビートの早いペースの音楽で、まっすぐ立った状態で踊られます。

そのスタイルにも関わらず、krumpingは、攻撃や戦いを助長しているわけではありません。動きは、スペースを取ることを意図していて、エネルギーを得てそれを返すために他のダンサーに挑んでいます。

一方で、ブレイクダンスは、よりアクロバティックで、ブレイクビーツにのせて踊られます。Oaklandのダンススタイルであるturfingは、ストーリーテリングとイリュージョンが組み込まれていて、ポッピンとmimingの融合したものです。

krumpingは、turfingや他のフリースタイルほど、緻密なものではありません。

テーマ的には、krumping、turfing、ブレイクダンスなど、これらのすべてのダンススタイルは、ストリートから生まれたという歴史、フリースタイルという文化、バトルで使われるという点では、共通しています。

参考になる記事を載せておきます。

https://en.wikipedia.org/wiki/Krumping

https://blogs.uoregon.edu/jerkrumpop/krump/

まとめ

クランプの動作は、アームスイング、ジャブ、チェストポップ、ストンプとある程度基本的な動きが決まっています。

まずは、アームスイングとジャブで、腕の使い方をしっかりマスターしていきましょう。

シンプルで、クイックで、クリーンで、力強い動きをイメージしてやってみてください。

チェストポップは、威嚇するような動作なので、自分のパワーを、エナジーを動きに含ませるようにしましょう。

ストンプは、大きな音を出す意識ではなく、動きをクリーンに正確にやる意識をもって、かっこいいストンプを目指してみてください。

クランプダンスについて、参考になる記事も載せておきます。

https://kob-ent.jimdo.com/krump/

http://bestofdancer.com/post-1172/

クランプ/Krump

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ダンスが大好き。毎日ダンスのことばかりを考えている狂人系ダンスブロガーです。 主に、ダンス記事、ストレッチ記事、筋トレ記事を書いてます。すべてはダンスに必要なスキルです。