【行動経済学の基礎】人はなぜ無料に飛びつくのか【0円の本当の魅力】

こんな方におすすめ

  • 人はなぜ無料に飛びつくのか知りたい。
  • 無料と見ると興奮する。
  • 無料の本当の魅力を知りたい。

 

無料と言われたら、とりあえずなんでもかんでも貰ってませんか?

ものが何であれ、無料で手に入ると、いい気分になりますよね。

実は、ゼロは単なる価格0ではありません。

無料は、あなたの心を刺激する引き金であり、興奮スイッチなんです

あなたなら、100円のチョコレートが、50円に値下げされていたら買うでしょうか?

半額まで安くなっているから、買うかもしれませんね。

じゃあ、100円のチョコレートが、0円になっていたら?

きっと、間違いなく喜んで手に入れるでしょう。

チョコレートを嫌いでなければですが。

では、無料のどういったところが、あなたの心をそそるのでしょうか?

記事にまとめてみました。

行動経済学についてガッツリ学びたい方へ

とり急ぎ、行動経済学についてガッツリ学びたい方は、予想どおりに不合理「あなたがそれを選ぶわけ」をポチっておきましょう。

飛びつきたくなる無料は世の中に溢れている

一ミリも買うつもりがなくても、0円になった途端に、とりあえず飛びついてしまってませんか?

無料は、あなたが思っている以上に、怪しげな強い力を持っています。

例えば

  • スマホメーカーが配っている無料の小さいフセン
  • パソコンで文章を書いているので、そもそもフセンを使わない。

  • 車のイベントで配っている、無料のボールペン
  • 使ってみたらあまり書き味がよくないので、結局いつものお気に入りのボールペンを使っている。

  • コーヒーを飲まないけど、コンビニで貰ったコーヒーの無料券
  • 誰かにあげようと思ってもらったけど、いつのまにか忘れて、使用期限が切れて捨ててしまう。

無料だから喜んで貰ったはいいものの、結局家に帰ったら使わずに捨ててしまっているでしょう。

また通販などで

  • 通販で5000円以上購入したら送料無料
  • 4000円分だけ欲しかったけど、500円の送料を浮かせるために、1200円の商品を追加で購入する。

  • 通販のTシャツ3枚以上購入で、1枚分の値段が無料
  • 1枚だけ欲しいTシャツを買うつもりだったけど、3枚買うと1枚分無料になるので、もう2枚追加で購入する。

無料にするために、本当は欲しくないけどなんとなく余分に買ったりしていますよね

繰り返しますが、あなたが想像する以上に、無料はおそろしく厄介な魅力を持っているんです。

ということで、無料の怪しい魅力を深掘りしていきます。

無料チョコレートの絶大な魅力

無料の怪しい魅力を試すために、ある実験が行われました。

ここは、とある公共施設。

テーブルの上に、2種類のチョコが置かれている。

➀1つ目は、そこそこ有名な高級ブランドチョコで、1個30円

➁2つ目は、普通のチョコで、1個5円

結果は、7割の人がブランドチョコを買い、3割の人が普通のチョコを買いました。

では、無料になったらどうなるのか、さらに実験は進められました。

ここは、とある公共施設。

テーブルの上に、2種類のチョコが置かれている。

➀1つ目は、そこそこ有名な高級ブランドチョコで、1個25円

➁2つ目は、普通のチョコで、1個0円

どちらも5円安くなっただけなのに、違いが出てくるのでしょうか?

そうなんです。

無料が、どれほど魅力的に映ったことか。

7割の人が普通のチョコを選び、3割の人がブランドチョコを選んだんです。

先程は、7割の人がブランドチョコを選んでいたはずなのに、です。

これはいったい、どういうことなのでしょうか?

無料とそれ以外の商品の板挟み

ちょっと話を変えると、無料自体は0円なので、自分が損をすることはないですよね。

ですが、無料の商品とそれ以外の商品の間で選択を迫られたときは、どうでしょうか?

実は、無料とそれ以外の商品を比べると、本来の目的と全く異なった誤った決断をしてしまうんです。

例えば、

あなたは、厚手の素材のTシャツを買いに来た。

お店に入ると、2枚購入で1枚分無料と書いた、薄手のTシャツコーナーを発見。

20分後には、薄手のTシャツ2枚を購入して、店を後にしていた。

無料につられて、本来買うべきだった厚手のTシャツを買わずに、特に欲しかったわけでもない安い薄手のTシャツを買ってしまった例です。

無料チョコレート実験の秘密

実は、チョコレートの実験では、ブランドチョコと普通のチョコ、いずれか一方しか選択できないことを、事前にお客さんに伝えていました。

これは、厚手のTシャツと2枚目が無料になる薄手のTシャツを選択する場合と同じ、2択です。

チョコレートの値段は、

➀1つ目は、そこそこ有名な高級ブランドチョコで、1個30円→1個25円

➁2つ目は、普通のチョコで、1個5円→1個0円

どちらも5円下げただけです。

チョコレート同士の値段の差は変わっていないし、それぞれのチョコレートを食べることで得られる満足度も変わらないはず。

ですが、実験結果の蓋を開けてみたらびっくり。

お客さん達の7割は、無料のチョコに飛びついたんです。

理由はシンプルで

合理的にチョコレート同士の価値を比較したのではなく、ただ無料だった

からです。

人は、無料という文字を見ると、あなたや僕が思っている以上に不合理な判断をするんです。

ということで、さらに無料の魅力を深掘りしていきます。

2019/03/20追記ここから

包丁通販でわかる無料の本当の魅力

「無料であれもこれもついてくる」と言われて、本当に求めているものではないのに、買ってしまってませんか?

無料でついてくるって聞くと、ワクワクしちゃいますよね。

あなたは、切れ味の良い包丁を購入しようと通販で検索している。

すると、2つの包丁が目に留まった。

➀包丁の切れ味は普通だけど、キッチンバサミ、まな板、ピーラーが無料でついてくる→10000円

➁包丁の切れ味抜群。ただし、包丁のみで何も無料でついてこない→10000円

20分後、あなたは➀の包丁を購入していた。

本当は、切れ味バツグンの包丁を探していたけど「無料でいろいろついてくる」という響きに興奮して、本来欲しかったはずの商品とは別のものを買ってしまったこと、ありますよね。

理由はシンプルで

無料でついてくるという言葉を聞くと興奮する

商品の価値を、本来の価値よりもずっと良いものであると勘違いしてしまう

からです。

なぜ、勘違いしてしまうのでしょうか?

それは

人間は、失うことを恐れているからです。

無料で手に入ることの本当の魅力は「何かを失うことを恐れる心理」とつながっています。

無料でいろいろついてくる場合、失うことはないです。

ですが、無料でいろいろついてこない方を選ぶと、得られたはずのものを得られなかったという「恐れの心理」が残る。

じゃあ、どちらにしようか考えたときに、結論として無料でいろいろついてくる方を選択する。

ここで、冷静に考えてみてください。

あなたはきっと、キッチンバサミも、まな板も、ピーラーも求めていなかったはず。

まな板もキッチンばさみもピーラーも、今持っているもので十分満足しているのに、あえて無料で貰う必要はなかったでしょう。

となると、無料のキッチンバサミ、まな板、ピーラーにどのくらいのお金を払ったことになるんでしょうか。

普通の包丁も確かに「包丁」として使えるので問題はない。

ですが、本当は切れ味の良い包丁でサクサク料理をしたかったはずなのに。

繰り返しになりますが、「無料でいろいろついてくる」という言葉は、あなたの合理的な判断を狂わせることを覚えておいてください。

無料の魅力を使ってお客さんを集める

無料の本当の魅力、わかっていただけましたでしょうか?

もしあなたが、

  • ブログ
  • youtube
  • ネット通販
  • 商品販売の商売

をしていて、ファンやお客さんを集めたいなら、どうしたら良いと思いますか?

ここまで読んでくれたあなたなら、もうわかりますよね。

そうです。

無料企画に挑戦してみてください

例えば

  • ブログを続けて1年以上のブロガーなら、初心者ブロガーにブログの書き方を無料で教える企画を行ってみる
  • 登録者1000人のyoutuberなら、プレゼント企画をやってみる
  • ネット通販や、商品販売の商売をやっているなら、商品購入者限定の無料特典をつけてみる

それぞれの状況に応じた、無料企画を行ってみましょう。

あなたが、数々の無料に引き寄せられたように、お客さんも無料という言葉に興奮して、必ずあなたの企画に乗っかってくるでしょう。

2019/03/20追記ここまで

おすすめの関連記事

【行動経済学の基礎】なぜあなたはその選択肢を選んだのか?【答えは相対性にあります】

【行動経済学の基礎】人はすべて相対性で判断している【事例付き】

今ここ↓

【行動経済学の基礎】人はなぜ無料に飛びつくのか【0円の本当の魅力】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です