人を行動させる文章の書き方を解説【読者の想像力に働きかけます】

こんな方におすすめ

  • 人を行動させる文章を書きたい。
  • 読者の想像力を掻き立てたい。
  • つい引き込まれてしまうような文章を書けるようになりたい。

 

もし、自分の思うとおりに文章が書けたら、だれにどんな行動をさせたいですか?

人を行動させる文章を書けるようになったあなた自身の姿を思い浮かべながら、読み進めてみて下さい。

人を行動させる文章の書き方をガッツリ学びたい方へ

とり急ぎ、人を行動させる文章の書き方をガッツリ学びたい方は、人を操る禁断の文章術をポチっておきましょう。お茶漬けのようにサラサラ読めます。

読者の想像力を刺激して、行動を起こさせる

質問です。

あなたが思う、人を引き付ける魅力的な文章を書いてる人物とは?

この一行を読んで、太宰治、谷川俊太郎、テリー伊藤、イケダハヤト、マナブ坂内、などいろんな著名人や有名ブロガーの顔が浮かんだと思います。

人を引き付ける文章の定義は、人によって違います。

「心理描写がわかりやすい、鮮やかに目に浮かぶような景色の表現が素晴らしい、論理的かつシンプルでスーッと頭に入ってくる、ドキッとする発言が心地いい」と、言いだしたらきりがないでしょう。

ですが、あなたは文字を読むことで、人を引き付ける魅力的な文章を書いてる人物について、思い描いたはずです。

「文字を読む→言葉に反応する→脳内で想像する」

これが、文章の持つ力です。

一つの言葉を見たときに、人は何かを想像します。

そして、言葉のイメージは、文字を読んだ人の行動を引き起こす起爆剤になります。

例えば、冒頭の質問からインスピレーションを受けて「一番人を引き付ける魅力的な文章を書いてるのは、マナブ坂内だと思う。記事にしてみようかな」と考えるブロガーもいるはずです。

これは、「文字を読む→言葉に反応する→脳内で想像する」に「行動する」が追加されたパターンですね。

「文字を読む→言葉に反応する→脳内で想像する→行動を起こす」

このように、読者の想像力を刺激して、行動を起こさせるような文章の書き方にはコツがあります。

そして、文章はなんとなく書くのではなくて、読者の心を動かし、想像力を働かせるために書くものです。

ということで、人を行動させる文章の書き方について、お伝えしていきます。

想像力を刺激するワンフレーズを書く

大学生向けの語学留学の案内を例に説明しますね。

「大学生向けの留学案内」

セブ島にて、3か月間の語学留学をご案内しております。

この機会にぜひ、ご参加ください。

ありがちな例を書いてみました。

なんか、ピンときませんね。

そこで、ワンフレーズ足してみます。

「大学生向けの留学案内」

今しかできないこと、やりませんか?

セブ島にて、3か月間の語学留学をご案内しております。

この機会にぜひ、ご参加ください。

「今しかできないこと、やりませんか?」のワンフレーズを見て「今しかできないこと」を、想像したでしょう。

「社会人になる前に外国に行きたい、海外生活を体験してみたい、英語の勉強をしたいと思ってたけど今がチャンスかも、やろうやろうと思ってやらなかった新しいことに挑戦してみよう」など、今しかできないことが浮かんできましたよね。

あなたが学生ならば、文字を読んだ瞬間に、今の自分を想像するでしょう。

そして、日常生活をこなすだけで忘れていた、自分のやりたいことに気づくのです。

「語学留学したいな」「今がチャンスかも」と。

私たちはたった一言でも、想像力を刺激するボタンを押されると、スーッと流れるように行動を起こしてしまうのです。

ありがちな文章を、名文に変える簡単な方法

名言が心に響くのは、常識外れの驚くようなことを言っているのではなく、ごく普通に日常的に考えている、当たり前のことを言っているからです。

ですが、名言が名言と言われるには、ちゃんとした理由があります。例えば、

努力は必ず報われる。

シンプルでいいんですが、名言としては弱いですね。

「努力は大事だよな」と納得しますが、心に響く感じではありません。

ところが、こう言い換えたら、どうでしょうか?

努力は必ず報われる。

もし報われない努力があるのならば、

それはまだ努力と呼べない。(王貞治)

ガツンっと心を揺さぶられませんでしたか?

「努力は必ず報われる」と何が違うか。それは、「もし報われない努力があるのならば、それはまだ努力と呼べない。」という努力の具体例が入っているかいないかです。

読者A:努力は報われるって言われるけど、俺は努力してるんだ

王貞治:もし報われない努力があるのならば、それはまだ努力と呼べない

読者A:すんませんでした。努力します→心をわしづかみにされる

「もし報われない努力があるのならば、それはまだ努力と呼べない」という経験則を表す言葉が入っているから、心をわしづかみにされる。

これが、名言の名言たるゆえんです。

私は失敗したことがない。

ただ、1万通りの、うまく行かない方法を見つけただけだ。

これはトーマス・エジソンの言葉ですが、要約すれば

失敗をしても、失敗したと考えないことが大事だ

というシンプルでありがちな内容です。

ところが「ただ、1万通りの、うまく行かない方法を見つけただけだ。」というフレーズが入っただけで、印象が大きく変わって、言葉の重みがグンと増す。

この文章の仕組みを理解すると、自分で書くときにも大いに役立ちます。

極論を言えば、ありがちな言い回しに、オーバーで具体的な状況を表現する言葉を入れ込むと、その文章は名言に変わるのです。

そして、名言はシンプルな表現に比べて、グッと相手の心を揺さぶります。

ピンチをチャンスに変えろ

というシンプルなメッセージではどうでしょうか?

イチローはこのように表現しました。

壁というのは、

できる人にしかやってこない。

超えられる可能性がある人にしかやってこない。

だから、壁がある時は

チャンスだと思っている。

「壁は、超えられる可能性がある人にしかやってこない」という言葉は、ピンチには意味があるというイメージを湧き立たせてくれます。

逆に言えば、壁にぶち当たったら、超えていくことで成長するチャンスになるのです。

文章の書き方を鍛えるときも、必ず壁にぶち当たります。

ですが、壁は、超えられる可能性がある人にしかやってきません。チャンスが来たと思って、頑張って文章の書き方を鍛えていけばいいんです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です