腰の柔らかさチェック【骨盤を前後に動かす】

腰の柔らかさチェック

腰の柔らかさってどうやって測ったらいいの?

という疑問に簡単に答えていきます。

骨盤を前後に動かす

足を肩幅よりも少し広めに開きます。

重心を少し落として、骨盤を前に動かし、骨盤を後ろに動かしてみて下さい。

腰の動きにつられて身体がぶれてしまう人は、腰が固い証拠です。

ゆりかごのように、骨盤だけをなめらかに前後に揺らしていきましょう

もう少し突っ込んだ話をすると、骨盤を前後に動かせないということは、骨盤を立てること自体もできないので開脚がそもそもできないですよって話です。

開脚って足の柔らかさだと思っている人がいますが、開脚の姿勢は骨盤の柔らかさが前提条件になってます。

何が言いたいかと言うと、足を伸ばして座った状態で、腰が曲がってしまう人は、足だけでなく、骨盤が固いという話です。

話をもとに戻すと、あらゆるストレッチ動作の基礎として、骨盤を動かせることが大事になってきます

開脚だとか、ヨガのストレッチだとか、いろいろやってみるのも良いですが、動作の基礎となる骨盤の動きをしっかりマスターしたほうが良いです

まとめると、骨盤の動きは、ほぼすべてのストレッチの基礎だって話です。

ストレッチのまとめ記事に戻る

お疲れさまでした。

もっとストレッチについて詳しく知りたい方は、

ストレッチに必要なすべての知識をまとめてみました【マインドマップ】の記事をご覧ください。

ダンスのまとめ記事に戻る

お疲れさまでした。

もっとダンスについて詳しく知りたい方は、

ダンスに必要なすべての基礎知識をまとめてみました【マインドマップ】の記事をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です