黒人さんのように軽くリズムにノル

黒人さんのように軽くリズムにノル方法とは

黒人さんのように、見ている人が気持ちよくなるようなリズムのノリ方ってどうすれば良いの?

という疑問に簡単に答えていきます。

身体の内側を使って、黒人さんのように軽くリズムにノル

リズムに乗るって言うと、手足を使ってテクニックでごまかそうとする人がいますが、考え方を改めたほうが良いです。

なぜかと言うと、テクニックに頼っている人の動きは、柔らかく見えず、見ている人が気持ちよくなるような「良い意味のゆるさ」が表現できないからです。

例えば、その場で左右にリズムをとってみて下さい。

身体がカクカク動いてしまう人は、腰だけを片方ずつ入れていきましょう。

重心が動かせていない人は、片方の足に、重心を交互に入れ替えるようにしましょう。

腰の動きができていない人は、床をえぐるようにゆりかごのように腰を入れてみて下さい。

腕をぶらぶらさせている人は、半円を描くように片方ずつの腕を前に軽く出して、指パッチンをしてみましょう。

もう少し突っ込んだ話をすると、しっかり身体の内側が動かせるようになると、黒人さんのように「見ている人が気持ちよくなるゆるさ」を出してリズムに乗れるようになりますよって話です。

さらに言うと、1・2・3・4とリズムを止めるのではなく、円を描くように、リズムの間をきれいに埋めて、常に動きが止まらず動き続けているようにリズムに乗れると良いかと思います。

僕も、毎日のように地道に練習させていただいている動きです。

練習しつつ思うのが、毎日のように繰り返し、ゆるくリズムに乗る動作を続けていくのが大事だなということです。

ダンスのまとめ記事に戻る

お疲れさまでした。

もっとダンスについて詳しく知りたい方は、

ダンスに必要なすべての基礎知識をまとめてみました【マインドマップ】の記事をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です