筋トレを続けていくなら、軽い重量で関節や腱を鍛えると良いです

筋トレを続けていくなら、軽い重量で関節や腱を鍛えるとは

筋トレを地道に続けていくために、どういうことを意識したら良いの?

という疑問に簡単に答えていきます。

筋トレをライフワークとして続けていくなら、軽い重量で関節や腱を鍛えると良いです

筋トレで思い重量を使って身体を痛めてしまいやすい人は、考え方を改めたほうが良いです。

なぜかと言うと、健康で美しい肉体を作るために筋トレを頑張っているのに、身体を壊してしまっては、本末転倒だからです。

じゃあどうしたらよいかと言うと、軽い重量でフォームをきれいにしつつ、関節や腱を鍛えてみて下さい。

例えば、ベンチプレスをやってみましょう。

バーだけの状態にしてやると良いです。

バーを下ろしつつ、息を吸って胸郭を広げていきましょう。

わかりやすく言うと、バーを可動域目いっぱいまで下げることで、肩の継ぎ目、胸の継ぎ目がしっかりストレッチされ、関節が強化されていきますよって話です。

バーを上げるときに、胸をグーッと張って、脊柱起立筋に負荷を感じながら、胸をストレッチさせていきましょう。

まとめると、胸をストレッチすることで、脊柱起立筋、腰まわり、胸の継ぎ目、肩甲骨がしっかりストレッチされて、見せかけの筋肉ではなく、身体を支えている繊細で重要な部分が地道に鍛えられますよってことを覚えておいて下さい。

筋トレのまとめ記事に戻る

お疲れさまでした。

もっと筋トレについて詳しく知りたい方は、

筋トレに必要なすべての知識をまとめてみました【マインドマップ】の記事をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です