朝食を抜くプチ断食の話【ダイエットのための筋トレ初心者基礎知識】

朝食を抜くプチ断食の話とは

ダイエット目的で筋トレするときに、食事のプチ断食って、どういうふうに考えたらよいの?

という疑問に簡単に答えていきます。

ダイエットのために筋トレする初心者さんは、可能であれば朝食を抜くプチ断食をすると良いです

太ってきた体型を変えようと思って筋トレする初心者さんが、筋トレをしようって決断することは、素晴らしいことです。

ただし、筋トレすればそれだけで体型が変わるかって言うと、そうではないです。

何が言いたいかというと、太っている人は、トレーニング以上に食事管理が大事だよって話です。

ということで、ダイエットのための筋トレ初心者さんが知っておくべき基礎知識について、お話ししますね。

ダイエット目的で筋トレを始めた初心者さんで、食事管理をせずに筋トレだけで痩せようと考えている人は、考え方を改めた方が良いです

何故かというと、ちょっと筋トレしたくらいで、体重は減らないからです

もっと突っ込んだ話をすると、摂取カロリーがオーバーカロリーになっている状態で、ちょろっと筋トレしても、摂取カロリーよりも消費カロリーが多い状態では、いくら頑張っても痩せないですよって話です。

分かりやすく言うと、週2くらいのペースで5kmくらい走ったとしても、毎日の食事がオーバーカロリーだったら、トータルで全く痩せないですよって考えてもらうと良いです。

じゃあどうしたらいいかと言うと、可能であれば朝食を抜くプチ断食をすると良いです

例えば、朝食を抜いてみて下さい。

具体的に言うと

  • 夕食を22:00までに済ませる
  • 朝食を抜く
  • 昼食を12:00に食べる

など、朝食を抜くプチ断食をやると良いです。

なぜプチ断食が良いのかというと、最新の研究によると、一日12時間以上のプチ断食期間を作ると、身体の脂肪を使ってエネルギーに変えようとする機能が人間には備わっていることが、わかってきたからです。

厳密に言うと

  • 女性は12~14時間
  • 男性は14~16時間

このくらい空腹の時間を作ると良いと言われていますが、厳密に時間を図らず朝食を抜くだけでも、徐々に変化は出てくるかと思います。

何が言いたいかというと、日常の習慣として空腹の時間を作ることで、身体の脂肪が燃焼しやすい状態になり、痩せやすい身体になっていきますよってことを覚えておいてください。

筋トレのまとめ記事に戻る

お疲れさまでした。

この「お疲れさまでした」を見る度に、あなたの体型が少しずつかっこよくなって、ボディーメイクを楽しんで続けてくれたらいいなあと思って、記事を書かせていただいています。

もっと筋トレについて詳しく知りたい方は、

筋トレに必要なすべての基礎知識をまとめてみました【マインドマップ】の記事をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です