筋トレで無理をするのは、良くない

筋トレで無理をするのは、良くないとは

筋トレって、高負荷で無理して頑張ったほうが良いの?

という疑問に簡単に答えていきます。

筋トレで無理をするのは、よろしくないです

筋トレ初心者さんで、高負荷で頑張って無理しすぎる筋トレをしている人は、考え方を改めたほうが良いです。

なぜかと言うと、無理しすぎると、関節や腱を痛めたり、オーバーワークになって身体を壊してしまい、トレーニングが続けられなくなってしまうからです。

もっと突っ込んだ話をすると、負荷を軽くして、頑張りすぎない状態で継続していくほうが、身体の健康を維持するための筋トレができますよって話です。

わかりやすく言うと、ボディビルの大会に出るわけでもない一般の人が、高負荷でガムシャラにトレーニングしても、かえって関節や腱を痛めて、健康を損なってしまうと考えて良いです。

じゃあどうしたらよいかと言うと、軽い負荷でも良いので、無理をせずに筋トレを行ったらよいかと思います。

例えば、重りを軽くしてベンチプレスをやってみましょう。

きちんとした正しいフォームをいしきして、動作をゆっくり行うことで、筋肉に刺激が入るのがわかるかと思います。

はっきり言うと、軽い負荷でトレーニングして、効かせたい部位に刺激が入っているのがわかるようになるまでは、高負荷の筋トレはしないほうが良いです。

まとめると、高負荷の筋トレで無理し続けるのではなく、軽い負荷でも良いので、継続してトレーニングするほうが大事だよってことを覚えておいて下さい。

筋トレのまとめ記事に戻る

お疲れさまでした。

この「お疲れさまでした」を見る度に、あなたの筋トレに対する理解が深まって、筋トレするのが楽しくなってくれたら良いなと思って書かせていただいています。

もっと筋トレについて詳しく知りたい方は、

筋トレに必要なすべての知識をまとめてみました【マインドマップ】の記事をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です