トレーニングよりも大事な、身体の柔らかさの話

トレーニングよりも大事な、身体の柔らかさの話とは

筋トレと身体の柔らかさって、どういう関係があるの?

という疑問に簡単に答えていきます。

筋トレするよりも、まずは身体の柔らかさを身につけたほうが良いです

ストレッチを軽視して、筋トレばかりしている人は、考え方を改めたほうが良いです

なぜかと言うと、身体の固い人は、どんなトレーニングをしていても怪我をしやすいからです。

もっと突っ込んだ話をすると、筋トレによって筋肉痛ではなく、常に肩が痛い、腰が痛い、膝が痛い、肘が痛いなどの症状を訴えている人は、長い目で見たときに確実に健康を害していきますよって話です

じゃあどうしたらよいかと言うと、身体の柔軟性を身につけると良いです。

例えば、胸を前後にグーッと動かしてみて下さい。

胸がほとんど動かせない人は、肩周り、肩甲骨、胸が固い証拠です。

胸のストレッチをして、胸周り全体を柔らかくしましょう。

はっきり言うと、胸の柔軟性がない状態で胸を鍛える筋トレをしても、本来効かせたい部位にしっかり効かせられないですよって話です

プロのボディービルダーさんが「身体のストレッチを効かせて」と言っているのを聞きますが、まさにストレッチそのもののことを言っています。

まとめると、筋トレをするよりも、まずは身体の柔軟性を身に着けたほうが、長い目で見たときに筋トレの効果がしっかり出てくるようになりますよってことを覚えておいて下さい

筋トレのまとめ記事に戻る

お疲れさまでした。

この「お疲れさまでした」を見る度に、あなたの筋トレに対する理解が深まって、筋トレするのが楽しくなってくれたら良いなと思って書かせていただいています。

もっと筋トレについて詳しく知りたい方は、

筋トレに必要なすべての知識をまとめてみました【マインドマップ】の記事をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です