筋トレできれいなフォームを意識する

筋トレできれいなフォームを意識するとは

筋トレで、自己流のフォームで汚い気がするんだけど、どうしたら良いの?

という疑問に簡単に答えていきます。

自己流のフォームで効かせられない人は、重量を下げてきれいなフォームを意識すると良いです

自己流で筋トレしてて雑なフォームになり、効かせたい筋肉に効かせられない人は、考え方を改めたほうが良いです。

なぜかと言うと、自己流の雑なフォームを続けても、きちんと効かせたい部位に効かせられないからです。

じゃあどうしたらよいかと言うと、重量を下げてきれいなフォームを意識してみて下さい。

例えば、軽い重量でベンチプレスをしてみましょう。

胸に効かせられない人は、胸のストレッチが意識できていない証拠です。

バーを下げるときに息を吸いつつ胸郭を広げましょう。

そして、バーを上げるときに胸をグーッとストレッチして、脊柱起立筋で身体を支えつつ、胸に負荷を乗せていくと良いです。

もう少し突っ込んだ話をすると、常に胸を張ったままバーを上げ下げするのは、腰に負担がかかり続けるのでよろしくないです。

きちんとしたフォームを身体が覚えるまでは、バーだけで行っても良いです。

はっきり言うと、長い目で筋トレを続けていくなら、重量無しで、きれいなフォームを意識した練習をずっと続けていくことで、確実に筋トレの上達スピードは上がっていきますよって話です。

まとめると、重量は軽くても良いので、きちんとしたフォームを意識することが大事だよってことを覚えておいて下さい。

筋トレのまとめ記事に戻る

お疲れさまでした。

もっと筋トレについて詳しく知りたい方は、

筋トレに必要なすべての知識をまとめてみました【マインドマップ】の記事をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です