鍛えていて肩を痛めやすい人は、筋トレの強度を下げる【ダンスにおける日常生活と体調不良の関係】

鍛えていて肩を痛めやすい人は、筋トレの強度を下げるとは

ダンスと筋トレをしていて肩を痛めやすいときって、どういふうに考えたら良いの?

という疑問に簡単に答えていきます。

ダンスのために鍛えていて肩を痛めやすい人は、筋トレの強度を下げると良いです

ダンスのために身体を鍛えていて肩を痛めやすいのに頑張って高負荷で筋トレしてしまう人は、考え方を改めたほうが良いです

なぜかと言うと、高負荷で頑張って鍛えようとすればするほど、ますます肩を痛めてしまうからです

もっと突っ込んだ話をすると、高負荷の筋トレを頑張りすぎてしまう熱心な人ほど、肩を痛めやすくなる悪循環に陥ってしまいますよって話です。

じゃあどうしたら良いかと言うと、筋トレの強度を下げると良いです

例えば、ベンチプレスの重量を、重めでやっているなら、いつもの半分くらいの重量でやるようにしましょう

何が言いたいかと言うと、重量を下げて、正しいフォームを意識して、ゆっくりとした動作で、筋肉に少しずつ負荷を乗せていくと良いですよってことを覚えておいて下さい。

具体的に言うと、ダンスをやっている人は、動作的に肩周りを常に使っているので、高負荷の筋トレで頑張りすぎると、疲労が蓄積していき、ちょっとした動作でも肩を痛めやすくなりますよって話です。

まとめると、ダンスのために鍛えていて肩を痛めやすい人は、筋トレの強度を下げて、肩の疲労が蓄積しないように少しずつ鍛えていくと良いですよってことを覚えておいて下さい。

ダンスのまとめ記事に戻る

お疲れさまでした。

この「お疲れさまでした」を見る度に、あなたのダンスが少しずつ上達して、ダンスを楽しんで踊れるようになってくれたらいいなあと思って、記事を書かせていただいています。

もっとダンスについて詳しく知りたい方は、

ダンスに必要なすべての基礎知識をまとめてみました【マインドマップ】の記事をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です