カラオケに行って、大きな声を出す【ダンス上達のためのリラックス方法】

カラオケに行って、大きな声を出すとは

ダンスとカラオケで大きな声を出すって、どういう関係があるの?

という疑問に簡単に答えていきます。

ダンス上達のためにリラックスしたいときは、カラオケに行って、大きな声を出すと良いです

ダンス上達のためには、ダンス自体をきちんと丁寧に練習することが一番大事です。

ただし、人間は、心の状態によって、行動が左右される生き物ですので、メンタルを整えることも大事になってきます。

何が言いたいかと言うと、メンタルをリラックスさせ、心を安定させるためにできることが、いくつもありますよってことを具体的な方法とセットで覚えておくと良いですよって話です。

ということで、ダンス上達のためのリラックス方法についてお話していきます。

ダンスの練習をやりすぎて疲れたり、マンネリを感じているのに、なんとなく惰性でダラダラと練習している人は、行動を少し変えたほうが良いです

なぜかと言うと、ダラダラ練習を続けても、ダンスが上達しないからです

もっと突っ込んだ話をすると、なんとなく惰性でいつもやってることだけをやっても、時間だけが過ぎていくだけで、ダンス上達にはつながらないですよって話です。

じゃあどうしたらよいかと言うと、精神をリフレッシュするためにカラオケに行って、大きな声を出すと良いです

例えば、好きなアーティストの曲を歌ってみましょう。

もっと言うと、大きな声を出すヴォーカリストの歌が好きなら、ガツンッと全身から声をだして歌うと良いです。

具体的に言うと、男性ヴォーカリストなら、ラルクアンシエル、イエローモンキー、GLAY、Mr.Children、WANDS、ビーズ、XJAPAN、ウーバーワールド、スパイエアーなどの歌を歌うと良いですよって話です。

さらに言うと、女性ボーカリストなら、あいみょん、家入レオ、スーパーフライ、MISIA、ドリカム、AYAKA、レベッカ、ジュディーアンドマリー、などの歌を歌うと良いです。

何がいいたいかと言うと、好きなアーティストの曲を、全身から声を出すようにして歌うと、心も身体もリラックスして体調が安定していき、リフレッシュできますよってことを覚えておいてください

補足

大きな声を出すことで、一時的に交感神経が活発化するとは思いますが、歌を歌うことで、自分で自分自身の心を落ち着けることができますよって考えてもらうと良いです。

交感神経とは、人間が運動したりして、興奮状態になっているときに活発化する神経のことを言います。

わかりやすく言うと、普段からダンスの練習を頑張り続けていると、筋肉の緊張状態が続いていますので、大きな声を出して、心と身体の緊張を解してあげましょうよって話です。

カラオケを終えて帰る頃には、心も体もリラックスできているかと思います。

補足

カラオケボックスは、個室であり、誰に気兼ねする必要もなく、歌を歌っても良いし、会話をしても良いし、なんなら大きな声を出しても誰の迷惑にもならないですよって話です。

わかりやすく言うと、親や他人に遠慮することもなく、気兼ねなく振る舞える場所で、大きな声を出して歌うと良いですよってことで、カラオケボックスをおすすめさせていただいてますよってことを覚えておいて下さい。

ダンスのまとめ記事に戻る

お疲れさまでした。

この「お疲れさまでした」を見る度に、あなたのダンスが少しずつ上達して、ダンスを楽しんで踊れるようになってくれたらいいなあと思って、記事を書かせていただいています。

もっとダンスについて詳しく知りたい方は、

ダンスに必要なすべての基礎知識をまとめてみました【マインドマップ】の記事をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です