身体の柔らかさは表現力そのもの【ダンスとストレッチの関係】

身体の柔らかさは表現力そのものとは

身体の柔らかさと表現力の関係ってどういうものなの?

という疑問に簡単に答えていきます。

身体の柔軟性があると、表現力の基礎レベルが上がります

ダンスで「もっと表現力を出して」って言葉を聞いたりすると思いますが、なんとなくダンスを練習してても表現力の基礎レベルはなかなか上がるものではないです

なぜかと言うと、表現力がないって言葉の裏には、「全体的に体の動きが固いよ」って意味が含まれているからです。

もっと突っ込んだ話をすると、身体の柔軟性が足りないからもっと柔らかくして、動きを柔軟にした方が良いよって話です。

例えば、「サイドステップを踏んでみて下さい」と言われて、どんなステップを踏むかで、その人の表現力がわかったりします。

普通に1・2・3・4と、手と足だけでステップを踏んでいる人は身体が固い証拠です。

じゃあどうすればいいかって言うと、足のステップを入れる前に腰の動きを連動させて、サイドステップを踏みます。

手先足先などの、踊りのテクニックでごまかそうとするのもそれはそれでありですが、ダンスの根本部分は身体の柔軟性です

サイドステップの例でいうと、腰を入れて足の動きに連動させるための柔軟性が必要になってきます。

まとめると、柔軟な胸、腰、首、膝の動きがあって、ようやく表現力の基礎が上がっていくってことを覚えておいて下さい。

ダンスのまとめ記事に戻る

お疲れさまでした。

もっとダンスについて詳しく知りたい方は、

ダンスに必要なすべての基礎知識をまとめてみました【マインドマップ】の記事をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です