身体を軽く叩いてほぐすだけ!ダンス休憩中におすすめのマッサージ!

こんな方におすすめ

  • 身体が固くなりやすいので簡単にほぐしたい
  • ダンスの休憩中に使えるセルフマッサージを知りたい

 
この記事を読んでわかること

  • 身体は使わなくても使いすぎても固くなりやすい
  • 身体を軽く叩いてほぐすマッサージのやり方

僕は、週2回ヨガのレッスンに入っています。

そこで、軽くこぶしを握って身体をトントンと叩いていくマッサージを行っています。

「これは、かなり身体がほぐれていいかも」と感じたので記事にまとめてみました。

軽い力で身体をトントンするだけで、身体の緊張が解けていきます。

身体は使わなくても使いすぎても固くなりやすい

  • 身体は、一日中座ったまま使わないでいると、血流が悪くなり、筋肉が緊張して固くなります。
  • 身体は、運動をして筋肉を使いすぎると、筋肉が疲労して固くなります。

ザックリいうと「身体を使わない→身体が固くなる」「身体を使いすぎる→身体が固くなる」みたいなイメージです。

ですので、今回お伝えするマッサージは、運動しない方も、ダンスのような激しい運動をする方もぜひ行ってほしいと思います。

身体を軽く叩いてほぐすマッサージのやり方

こんな方におすすめ

  • 一日中座りっぱなし
  • 一日中立ちっぱなし
  • 習慣的に激しい運動をしている
身体を軽く叩いてほぐすマッサージ

ひざを立てて、体育座りで座ります。

両手のこぶしを握ります。

足の側面、足首側から軽く叩いていきます。

太ももの付け根まで行ったら、足首まで戻ります。

2往復繰り返します。

足の下側、足首側から軽く叩いていきます。

太ももの付け根まで行ったら、足首まで戻ります。

2往復繰り返します。

足の内側、足首側から軽く叩いていきます。

太ももの付け根まで行ったら、足首まで戻ります。

2往復繰り返します。

太ももの表側の膝側から軽く叩いていきます。

太ももの付け根まで行ったら、ひざまで戻ります。

2往復繰り返します。

右側のお尻を上げます。

右側のお尻を軽く叩いていきます。

左側のお尻を上げます。

左側のお尻を軽く叩いていきます。

腰からスタートして、背中の上に向かって軽く叩いていきます。

左側の肩回りを軽く叩いていきます。

右側の肩回りを軽く叩いていきます。

補足

強く叩く必要はありません。

力を抜いて軽く叩きます。

血行を良くしていく意識で行いましょう。

全身の筋肉の力が抜けて、リラックスできればOKです。

おすすめの関連記事

ダンス前後におすすめ!首のストレッチのやり方を解説!

ダンス前後におすすめ!腰のストレッチのやり方を解説!

ダンスで柔らかさを表現する肩甲骨の使い方を解説!

ダンスに必要な肩甲骨ストレッチのやり方を解説!アイソレーションも!

ダンスの前後に!全身を伸ばして縮める簡単ストレッチのやり方とコツを解説!

背中を柔らかくするストレッチのやり方を解説!

まとめ

簡単ですので、ダンス練習の休憩中にぜひ行ってみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ダンスが大好き。毎日ダンスのことばかりを考えている狂人系ダンスブロガーです。 主に、ダンス記事、ストレッチ記事、筋トレ記事を書いてます。すべてはダンスに必要なスキルです。