コミュニケーションの習慣が人生を変える【あなたと相手の生きている世界は違います】

こんな方におすすめ

  • コミュニケーションの習慣を身に付けたい。
  • コミュニケーションの持つ力について知りたい。
  • 人生をもっと楽しく生きたい。

 

コミュニケーションの習慣が人生を変える

まわりの人達と、しっかりコミュニケーションとってますか?

あなたが頭でシミュレーションする通りには、実際のコミュニケーションはなかなかうまくいかない。

わかります。

そうですよね。

あなたはきっと、人付き合いが苦手なんですよね。

じゃあ、どうしたらいいのか?

いきなりコミュニケーションの習慣を変えるのは、かなり難易度が高いでしょう。

ですので、まずは、以下の3つの記事に書いてあるように「新しいことや少しだけ難しいことに挑戦して続けていく」ことを習慣化できるレベルを目指してください。

➀習慣化するコツを身に着けること。

習慣化を続けるコツはシンプル【頑張らないこと】

そして、

➁不要な意思決定の回数を減らしていくこと。

意思決定を断捨離する習慣術【捨てることで見えてくるものがある】

さらに、

➂簡単なことから挑戦する習慣を身につけること。

挑戦する習慣で人生を変える【脳力をレベルアップさせる方法を解説します】

3つの記事を読んで実践していただいた上で、新しいことや難しいことを習慣化できる状態になれば、コミュニケーションの習慣も身に着けやすくなっていくはずです。

そして、コミュニケーションの習慣が変わると、あなたの人生そのものが大きく変化していく可能性が出てきます

理由はシンプルでして、

あなたの人生は他者とのコミュニケーションで成り立っているからです。

例えば

  • 家族
  • 友人
  • クラスメイト・先輩・後輩
  • 仕事仲間・同僚・上司
  • サークル仲間
  • ご近所さん

あなたは自分の置かれた環境で、周りにいるあらゆる人達と、コミュニケーションをとって過ごしてますよね。

そして、いつものあなたとはちょっと違った良いコミュニケーション能力を身に着けていくとどうなるでしょうか?

そうなんです。

繰り返しになりますが、あなたのコミュニケーション習慣が変わると、あなたの人生そのものが大きく変化していくんです

あなたと相手の生きている世界は違います

自分の考えている世界と、相手の考えている世界は同じだと思ってませんか?

そうですよね。

あなたはきっと、自分の考えは正しいと思いこんでいるでしょう。

ですが、実際はまったく違っているんです。

あなたには、あなたの生きてきた年数分の価値観があるし、相手には相手の人生観がある。

人生経験も育ってきた環境も一人ずつ違うので、あなたと同じ感覚で世界を捉えている人は存在しないんです。

であるにもかかわらず、自分の考えを相手に伝えるとき、自分の思っていることが正しいはずだと思いこんでしまうと、ついつい自分の世界観に基づいて、話をしてしまいがちになるんです。

すると、相手との不和が生じて、コミュニケーションが上手く行かなくなり、互いの人間関係が悪い方向に転がってしまう。

例えば

  • どうして私のことをわかってくれないの?
  • 人と合うときは、必ず予定の5分前くらいまでには集合するべきだろ?
  • なんでこんな簡単なこともできないんだ?

自分の世界観を重視しすぎてまわりが見えなくなると、ついついこんな発言をしてないですか?

この3つの発言は、どれも自分の世界と相手の世界の違いを理解していないことで起こる、コミュニケーションの不和です。

そこで、コミュニケーションの不和を起こす発想を捨てるとどうなるでしょうか?

相手と自分の世界が違うことを理解した上で、良いコミュニケーションの習慣が身につけば、マンツーマンの会話や、一対複数の会話でも、互いに理解し合える状態が出来上がり、協力して物事をすすめやすくなり、どんどん良い方向に向かっていくことでしょう。

あなたも相手も人間関係に悩んでいる

あなたの悩みの根本にあるのは、どんな問題だと思いますか?

食料の乏しい貧しい時代であれば、食べ物を探して生きていくことに精いっぱいになるので、他人との人間関係に悩むような暇はなかったでしょう。

生きていくことそのものに必死ですからね。

ですが、飽食の時代に生きているあなたは、食べ物に困ることはなくなってきました。

じゃあ、食に困らない豊かな時代に生きるあなたの悩みは、どこに向かうのでしょうか?

そうなんです。

物質的に豊かな時代に生きるあなたの悩みは、対人関係なんです

例えば

会社に勤め始めて2年目の20代男性Aさん。

ある日、仲の良い同僚Bさんとお酒を飲んているときに、会社を辞めたいと言い出しました。

最初は、仕事の調子が思うようにいかないんだと話していました。

Bさんが根気よく話を聞いていくと、根本的な原因は、Aさんの直属の上司であるCさんと馬が合わないからだということがわかってきました。

そして翌日、Aさんは会社に辞表届を出していました。

Aさんのように、あなたが仕事を辞めたいと思うときも、根本的な理由は人間関係が原因になっているはずです。

実際に、人が会社を辞める原因の大半は、人間関係のもつれによるものです

社内の人間関係が良好な状態であれば、

  • 常に雰囲気が良いので、モチベーションが高くなりやすい
  • いつもコミュニケーションをとっていれば、チームの連携もうまく機能する
  • 企業全体として、良いムードを保てる

など会社全体の利益にもつながっていきますし、人がやめなければ新規採用や人事管理のコストも削減できます。

人は何かに所属したい欲求がある

あなたは、一人で生きていけると思い込んでませんか?

わかります。

一匹狼って、かっこいい感じがしますよね。

ですが、人は根本的に集団に所属したい欲求を持っています。

所属欲求と言うんですが、集団の中に自分の存在意義を見つけたいと考える欲求のことです。

例えばあなたは

  • 最小の単位で言えば、家庭、家族、夫婦、恋人
  • 身近なところで言えば、友人、クラスメート、先輩、後輩、同僚、上司
  • ちょっと範囲を広げると、地域、学校、職場

など、常にあらゆる集団の中に所属して生活しているでしょう。

そして、集団に受け入れられたいし、自分の大切さを認めて欲しいという欲求があり、この集団欲求は、コミュニケーションの習慣と密接に結びついていきます。

良いコミュニケーションの習慣はあなた自身も集団も変えてくれる

コミュニケーションが上手くいかないと、

所属している集団への帰属意識が低くなる

集団内で不適合者になり、集団を離れてしまう

流れになってしまいます。

具体的に言うと、先ほどの会社員Aさんのように、上司との人間関係に悩み会社を辞めるようなケースです。

逆にコミュニケーションが円滑にいくと、

周りの人間との関係性が良好になる

所属している集団への帰属意識が高まる

帰属意識の高い集団にいると、所属欲求が満たされ常にモチベーションを高く保てるので、集団へ貢献するようになる

流れになっていきます。

このように、良いコミュニケーションの習慣を身に付けると、周りの雰囲気も良くなっていき、同時にあなた自身の人生も良い方向に進んでいくんです

おすすめの関連記事

良い習慣を1つ始めるだけで人生が変わる【悪い習慣をしなくなる】

習慣化するための3つのステップ【無意識の意識】

あなたは潜在意識にコントロールされている【わかっちゃいるけどやめられない】

習慣化を続けるコツはシンプル【頑張らないこと】

才能よりも習慣が大事【成功する人はやっている】

あなたが本当にやりたいことは何ですか【良い習慣の見つけ方をお話しします】

三日坊主で失敗しない方法【簡単な行動だけをルーティン化する】

意思決定を断捨離する習慣術【捨てることで見えてくるものがある】

挑戦する習慣で人生を変える【脳力をレベルアップさせる方法を解説します】

今ここ

コミュニケーションの習慣が人生を変える【あなたと相手の生きている世界は違います】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です