(Illusion)イリュージョンダンスの基本

イリュージョンダンスは、フィンガーイリュージョンやスローモーションのように、不思議な動きで、マジックを演じているような動きが特徴的です。

自分なりのパーソナリティーを見つけて、動きに生き生きとした感じを吹き込んでいきましょう。

(Illusion)イリュージョンダンスの解説動画

ラウンドヒゲがいい感じにかっこいいJarrieth Pattersonさんが、イリュージョンダンスを動画で解説してくださっていますので、彼の動画を参考にイリュージョンダンスについて学んでいきましょう。

フィンガーイリュージョン(How to Use Fingers in Illusion Dance)

イリュージョンは、ビッグワードです。

よく考えてみてください。

それは、まるでミュージシャンのようです。

アメリカのマジシャン、Houdiniを思い浮かべてみてください。

彼がトリックを披露するとき、何を使ってます?指ですよね。そう、指でもって、マジカルな動きを作り出すことが出来ます。フィンガーイリュージョンをマスターして、自分のパーソナリティーをキャラクターをレベルアップさせていきましょう。

まずは、基本的な動きからやっていきますね。僕がフィンガーイリュージョンをスタートしたときは、1日中、指を開いたり閉じたりしていました。小指、薬指、中指、人差し指、親指と順番に閉じて、開いてを、繰り返しやりました。ウェーブをするようなイメージで、なめらかに指を閉じたり開いたり。退屈なときに、机の上を指で叩くようなイメージのムーヴメントです。イリュージョンは、指の動きから来ています。あなたが誰であるかのパーソナリティーを決めるのに、フィンガーイリュージョンはとても役に立ちます。イリュージョンをやっている間、あなたはキャラクターになりきっているからです。観客に見てもらうために、指に表情を出して、自分自身を表現していくでしょ?その感覚が大事です。

指は、すごくビッグなものです。簡単に、指で遊んだり出来るでしょ?指に風を送り込んで、親指で遊ぶことも出来ます。指を普通に閉じたり、開いたり。指と指の間を大きく開いて、閉じたり開いたり。いろいろなバリエーションを自分なりに作って、遊びながら楽しく練習していきましょう。

ライズアップ(How to Do a Rise-Up in Illusion Dance)

ライズアップは、一度床に身体を落として、起き上がるムーヴメントです。

ストリートダンスのニースピンのようなイメージです。

イリュージョンダンスで、似たような動きをやっていきます。

ちょっと複雑なので、習得するまで時間がかかるかもしれません。ですが、あなたならきっと出来るはずです。頑張りましょう。

両ひざを床につけて、スタートします。僕が、かっこいいやり方を教えちゃいますよ?バックベンドをイメージしてください。背中を後ろに反らせる動きです。床に手を付いて、身体を前に倒していきます。右足を後ろに振り上げて、その勢いを使って、身体を起こしていきます。

もう一度いきますよ?プッシュアップポジションをとって、左ひざを曲げて足を後ろに振り上げて、その勢いを使って、身体をクイック動作で素早く起こしていきます。

コツは、足を出来る限り大きく伸ばして振り上げることです。

サイドライズ(How to Do Side Rise Illusion Dance Move)

サイドライズは、ライズアップとはちょっと違います。

そんなに難しい動きではありません。

僕を信じてください。

床に座り込みます。公園で地面に座ってるようなイメージで座ります。友達と話し込んでるような自然なジェスチャーで座りましょう。右手を床に付いて、右足を前に、左足を後ろにひざを曲げて伸ばします。ボディーロールをするような感じで、身体を起こしていきます。上半身を起こして、続いて足を起こしていきます。上半身、太もも、ひざ、足裏の順番に起き上がっていきます。

スローウォーク(How to Do an Illusion Slow Walk)

スローウォークは、世界でもっとも簡単な動きです。

なぜかって?

僕らは、毎日歩いてますからね。

スローウォークみたいに、毎日ゆっくり歩く必要はないですけどね。

スローウォークをする時、アニメーションのことを考えてみてください。あなたの好きなキャラクターを見つけてください。マヌケなのか、愚か者なのか、野性的なのか、気取った感じなのか、なんでもいいので自分が演じるキャラクターを定義してみましょう。キャラクターが見つかったら、スローウォークにキャラクターのイメージを投影して歩いてみましょう。

実際に歩くときは、スローな動作に、ストップモーションを加えて、ゆっくり歩いていることを表現していきます。指を使って、フィンガーイリュージョンやタッティングの動作を足していきましょう。ちょっと身体をサイドにドロップさせて、フィンガーイリュージョンを入れてみます。左に身体をドロップして、右に身体をドロップしてみましょう。

コツは、キャラクターを演じるようにすることです。

ニーアイソレーション(How to Do an Illusion Knee Isolation)

ニーアイソレーションは、とても基本的な動きです。

複雑に見えるようにするのは、アナタ次第です。

右ひざを床について、スタートします。

ニースピンするときのような格好ですが、今回は、イリュージョンダンスのニーアイソレーションです。フィンガーイリュージョンも一緒にやってみましょう。ひざをスライドさせて、身体全体を後ろにスライドさせます。左足の力を使って、右足を床に付けたまま、身体全体を後ろにスライドさせます。

最初、両足が近い状態からスタートさせるのがコツです。実際は小さな動きですが、大きな動きに見せるためには、フィンガーイリュージョンを足したりして、視覚的に大きく見えるように錯覚させて演じます。指をイリュージョンで遊ばせて、あたかも指でひざのスライドを操っているかのように演じましょう。

イリュージョンのコンボ(How to Do an Illusion Combo)

僕が、イリュージョンをお見せしている最大の理由は、最初から一貫してお話ししているように、身体の使い方を理解すること、自分のパーソナリティーを見つけることの役に立つからです。

イリュージョンダンスは、あなたがクリエイティブなダンサーになる手助けをしてくれます。

生き生きとした人になるために、活気のあるキャラクターになるために、イリュージョンは、とても効果的です。

アニメーションやイリュージョンを自分のものにしてください。身体の使い方が、わかるようになってきます。どういう動きをしていると心地よく感じるか、わかるようになってきます。

指のイリュージョンをマスターすると、クリエイティブな動きができるようになります。何を感じるか、どう感じるか、どんな風に演じたいか、踊りに対する感覚がどんどん研ぎ澄まされていきます。

スローウォーキングをすることで、自分のパーソナリティーをどのように演じるか、考えるようになります。笑っているかもしれないし、怒っているかもしれないし。このように、イリュージョンダンスは、あなた自身を見つけるのに役立ちます。

僕が、今までお伝えしてきたイリュージョンの動きを、まとめて一つのフリースタイルコンボにしてお見せしますね。僕のパーソナリティーでどのように演じるか、参考にしてみてください。

まとめ

フィンガーイリュージョンや、スローウォーキングを使って、自分のパーソナリティーやキャラクターを見つけてみてください。

イリュージョンダンスは、演じているような側面が強く前面に出てきます。

自分がどんなパーソナリティーで演じていきたいのか、いろいろ試行錯誤しながら、挑戦してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ダンスが大好き。毎日ダンスのことばかりを考えている狂人系ダンスブロガーです。 主に、ダンス記事、ストレッチ記事、筋トレ記事を書いてます。すべてはダンスに必要なスキルです。