I字バランス片足立ちのやり方【ダンスにおけるパートナーストレッチ】

I字バランス片足立ちとは

ダンスにおいて、パートナーストレッチのI字バランス片足立ちって、どういうふうに考えたら良いの?

という疑問に簡単に答えていきます。

身体の柔軟性を上げるために、パートナーストレッチのI字バランス片足立ちを取り入れると良いです

ダンスにおいて、ダンスの基礎となる身体の使い方を練習することが最も大事です。

ただし、どんなにきちんと練習しても、身体の柔らかさがないと、いつまで経っても、ダンスに必要な身体表現ができるようにならないです。

じゃあどうしたらよいかと言うと、基礎練習と同時進行で、身体を柔らかくするためのストレッチを毎日の習慣に取り入れると、ダンスの上達スピードが上がっていくって考えてもらうと良いです。

ということで、身体の柔軟性を上げるためのお話をしていきます。

友達とダンスの練習をしていて、身体の柔軟性がないのに、なんとなくダラダラ練習しているだけの人は、考え方を改めたほうが良いです

なぜかと言うと、身体の柔軟性がないと、どんなに練習しても、ダンスが上達しないからです

もっと突っ込んだ話をすると、身体が固い人は、ダンスに必要とされる身体的表現ができないので、ずっとぎこちない動きのまま動き続けているだけになりますよって話です。

じゃあどうしたらよいかと言うと、身体の柔軟性を上げるために、パートナーストレッチのI字バランスを取り入れると良いです

例えば、ダンス仲間や友達と、2人1組になってみてください。

相手のAさんに立ってもらって、Bさんのあなたが相手の前に座りましょう。

Aさんは、まっすぐ正面を向いてつま先を前に向けて立ちます。

そのままAさんは、片足を90度くらいまでまっすぐ上げていき、Bさんの肩に足を乗せます。

Aさんは、腰が曲がったりしてしまうようであれば、足を正面に上げるための筋肉が硬い証拠です。

なるべく膝を曲げずに、腰も曲げないように、身体をまっすぐ保てる角度まで足を下げても良いので、できる限り良い姿勢で行うようにしましょう。

Aさんが終わったら、Bさんも同じようにして行っていくと良いです。

I字バランスで、徐々に足を高く上げられるように目指していきましょう。

なぜI字バランスが大事かと言うと、足をスーッと高くまっすぐに上げられるようになると、足の筋肉が強くなり、足を使ったあらゆる動作の柔軟性もアップしますよって話です

もっとはっきりいうと、I字バランスをやり込むとO脚も改善されるので、O脚で膝を痛めやすい人は、徐々に膝を痛めにくくなりますよって考えてもらうと良いです

何が言いたいかと言うと、お互いに交互にパートナーストレッチを行っていけば、自分がどのくらいの身体の柔軟性を持っているのか、客観的に見つつ、ストレッチを行っていけますよってことを覚えておいてください。

ダンスのまとめ記事に戻る

お疲れさまでした。

この「お疲れさまでした」を見る度に、あなたのダンスが少しずつ上達して、ダンスを楽しんで踊れるようになってくれたらいいなあと思って、記事を書かせていただいています。

もっとダンスについて詳しく知りたい方は、

ダンスに必要なすべての基礎知識をまとめてみました【マインドマップ】の記事をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です