ストレッチ+筋トレを同時に!ショルダースタンドスクワットのやり方を解説!

こんな方におすすめ

  • ショルダースタンドスクワットの簡単なやり方を知りたい。
  • ショルダースタンドスクワットで体幹や足を鍛えたい。
  • ショルダースタンドスクワットを運動前後のストレッチに取り入れたい。

 
この記事を読んでわかること

  • 運動前後のストレッチは、身体を動かして筋肉に負荷をかける動的ストレッチがおすすめ
  • ショルダースタンドスクワットの簡単なやり方

僕は、毎日のようにダンスの練習をしています。

ダンスの練習前後や休憩中に、ストレッチ代わりにショルダースタンドスクワットを取り入れています。

ショルダースタンドスクワットを取り入れるようになってから「体幹部分+股関節周りの柔軟性」がアップしてきました。

ショルダースタンドスクワットは、体幹部分+股関節周りの柔軟性を上げてくれる

かっこよくダンスを踊るためには「身体を固定するための体幹部分の強さ+股関節周りの柔軟性」が必要になってきます。

「体幹部分+股関節周りの柔軟性」が弱いと、ブレブレのぐにゃぐにゃダンスになってしまいます。

ショルダースタンドスクワットを習慣的に行うことで「体幹部分+股関節周りの柔軟性」がアップしていきます。

「ショルダースタンドスクワットをする→体幹部分+股関節周りの柔軟性がアップする→ダンスをかっこよく踊れる身体になる」というイメージです。

追記

先日以下のようなツイートをしました。

自重トレーニングは「柔軟性向上+自分の身体を支える筋力をつける」のに役立ちます。

自重トレーニングには、動的ストレッチの効果があります。

ということで、ダンサーのストレッチにおすすめな、ショルダースタンドスクワットの簡単なやり方をまとめてみました。

運動前後のストレッチは、身体を動かして筋肉に負荷をかける動的ストレッチがおすすめ

運動前後のストレッチは、身体を動かして筋肉に負荷をかける動的ストレッチがおすすめです。

動的ストレッチは、「筋トレ+ストレッチ」を同時に行う動作です。

「身体を暖める+ほぐす」という効果を短時間で実感できます。

動的ストレッチ

身体を動かして筋肉に負荷をかける動的ストレッチには、Y字バランス、ブリッジ、ショルダースタンドスクワット、腕立て伏せ、レスラープッシュアップなどいろいろあります。

特に腕立て伏せは、筋トレと思われがちですが、動作的には、筋肉を収縮させているのでストレッチ種目です。

動的ストレッチには「筋肉を鍛える+筋肉をストレッチさせる」ダブルの効果があります。

ぜひ行ってみてください。

動的ストレッチを習慣にする

動的ストレッチをダンスの練習中の習慣として取り入れることで、常日頃から筋肉を鍛える習慣ができます。

毎日のように行うことで、ダンスで必要な身体の筋肉が徐々に身についていきます。

今回は、動的ストレッチの種目の一つである、ショルダースタンドスクワットの簡単なやり方を深掘りしていきます。

ショルダースタンドスクワットの簡単なやり方

こんな方におすすめ

  • ショルダースタンドスクワットをできるようになりたい
  • 運動前後のストレッチのバリエーションを増やしたい
  • 「体幹部分+股関節周りの柔軟性」をアップさせたい

ショルダースタンドスクワットの簡単なやり方

床に仰向けになります。

両足を天井に向かって高く上げます。

背中から足のつま先まで、まっすぐになるように伸ばします。

両腕を腰に当てて、身体を支えます。

この状態が、スタートポジションです。

両ひざをゆっくりおでこの上まで下ろします。

スタートポジションに戻ります。

動作を繰り返していきます。

補足

身体の硬い方は、一回もできないかもしれません。

まずは、両足を高く上げる練習をしていきましょう。

両足を高く上げる姿勢が、10秒くらいキープできるようになったら、両ひざを曲げておでこの上までもってくる動作を行ってみて下さい。

この動作に慣れてきたら、動作を追加していきます。

ここからは、一般的なショルダースタンドスクワットではなくて、僕のオリジナルです。

スタートポジションから、片足だけを頭の向こう側まで下ろしていきます。

まずは、左足を上げたまま、右足だけを頭の向こう側まで下ろします。

スタートポジションに戻ります。

スタートポジションから、片足だけを頭の向こう側まで下ろしていきます。

今度は、右足を上げたまま、左足だけを頭の向こう側まで下ろします。

スタートポジションに戻ります。

補足

股関節周りが固い方は、両足を頭の向こう側まで下ろす動作が、一回もできないと思います。

まずは、両足を頭の向こう側まで下ろす動作の練習を行っていきましょう。

両足を頭の向こう側まで下ろす動作ができるようになったら、片足を上げたまま、もう片方の足を頭の向こう側まで下ろす動作に挑戦してみて下さい。

さらに、両足を頭の向こう側まで伸ばして、股関節まわりも深く伸ばしていきます。

スタートポジションになります。

両足を頭の向こう側まで伸ばします。

両手をサイドに開きます。

両手を頭の上に伸ばします。

両腕を戻します。

仰向けの体勢に戻って、終了です。

まとめ

ショルダースタンドスクワットは、身体の柔軟性や筋力に応じて、バリエーションを増やしていくことができます。

ぜひ、ストレッチとして習慣的に行ってみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ダンスが大好き。毎日ダンスのことばかりを考えている狂人系ダンスブロガーです。 主に、ダンス記事、ストレッチ記事、筋トレ記事を書いてます。すべてはダンスに必要なスキルです。