ハウスダンスの基礎技解説②!ツーステップのやり方も!

ハウスダンスは、bpmの速いリズムに合わせて動いていくダンスです。

クロスウォークのように、身体のリズムが2つで、足の動きのリズムが3つになるような、身体と足のリズムが違った動きがでてきます。

身体で、しっかりダウンやアップを取る練習をひたすらしてください。

そのリズムをキープしたまま、足の動きを足していって、ハウスらしい動きを、マスターしていきましょう。

ハウスダンスや、メルボルンシャッフル、シーウォークは、足技メインのダンスです。

それぞれのジャンルのフットワークを勉強しておくと、技のバリエーションが増えていい感じに踊れるようになると思います。

ハウスダンスの基礎技を動画で解説

全身黒のシンプルなスタイルがいい感じの、HIROさんの動画を参考にして、ハウスダンスの基礎技をマスターしていきましょう。

ダウン

よく使う基本のリズムである、ダウンの練習をしていきましょう。

リラックスした状態で、膝を曲げて、持ち上げます。この動きをくりかえしていきます。

ポイントは、かかとをつけっぱなしにしないことです。かかとを少し楽な状態で、かかとを少し浮かせて、バウンドしているようなイメージで動きます。かかとを着けずにバウンドすることを意識してください。

ヒップホップのアイソレーションやリズム練習では、パーツをしっかり意識して動かすためにかかとを浮かせないようにしますが、それとは違ってきますので、注意してください。

ひざの柔らかさがハウスでは必要になります。ひたすら練習して、柔らかいリズムのとり方をマスターしていきましょう。

慣れてきたら、ひざと一緒に、首も少しだけ前後にダウンのリズムを入れて、首でもリズムをとってみてください。

ひざと身体にあまり力が入らないように、音に合わせて、タイミングを合わせていきましょう。できれば、首を使って、リズムをとってみてください。

首は、力を使うと固くなってかっこわるくなるので、リラックスして少し動かす程度にしましょう。

ツーステップ

ダウンを使ってやっていく、ハウスの代表的なステップであるツーステップを、マスターしていきましょう。

右足スタートで、右足を一歩外に出します。

そのまま、左足を少しだけ一歩後ろに踏み込みます。

3歩目の足が、自分の前にクロスをするように持ってきます。

反対側も、同じようにします。

リズムは、1エン2でやっていきます。

ポイントは、足をクロスさせるときに、ガニ股にならないで、3歩目で、腰を使ってツイストして少し身体の向きを変えると、身体のシルエットがきれいになります。

身体をひねるときに、身体だけでひねるんじゃなくて、腰からひねると、自然なシルエットになります。

ひねる方向は、出した足の方向にひねってください。

慣れてきたら、ダウンのリズムを足してみてください。1と2のときに、ダウンを入れていきます。

ひざを柔らかく使って、リラックスして、バウンスしながら、動いていきましょう。ひざをリラックスさせて、リズムをが切れないように、足を踏み続けることを頭に叩き込んでください。

足が3歩なのに、リズムは2カウントなので、足につられてリズムがずれやすくなります。

ハウスは、bpmの速いダンスなので、2カウントのダウンの方を主体にして、足の動きにつられないように、ひたすら練習してみてください。

パドブレ

ハウスの基本ステップであるパドブレについて、学んでいきましょう。

足を外に一歩出して、反対側の足を後ろにクロスさせます。外に出した足を、もう一度外に出します。反対側も、同じようにします。

リズムは、1・2エンの繰り返しです。

ポイントは、足を出したあとに、身体が上手く反転をしていくことです。この動きが、あとにターンだったり、回転をしたりと、踊りを広げていく上で、必要になる基本的な動きです。

腕のシルエットは、大きく振りすぎると、身体が振り回されてしまうので、あまりつけなくても大丈夫です。リラックスして、自然に、身体の向きに合わせて、方向が変わっていくような形でやると、うまくいくかと思います。

慣れてきたら、ダウンのリズムを足していって、そのまま続けていきます。足の3歩につられないように、しっかりダウンのリズムをキープしてください。

ダウンのリズムをキープした状態から、音に合わせてスタートしていきます。

サイドウォーク

右左と足を動かす、歩きながらのステップであるサイドウォークについて、マスターしていきましょう。

1つ目の足を、前にクロスさせます。

クロスさせた後に、反対側の足を外に1歩出します。

できれば、床をタッチしても構いません。

出した足を戻して、反対側の足も戻して、元の位置に戻ります。

反対側も同じようにします。

リズムは、1エン2エンです。4歩の動きになります。

ポイントは、足をクロスした後に、ちゃんとクロスしてから、後ろの足を出すことです。

これも、リズムトレーニングのうちの一つで、足音を4つ出せるようになると、かなりリズムキープが強くなると思います。

慣れてきたら、ダウンのリズムを入れながら、ステップを続けていきます。

腕のシルエットは、リラックスした状態で、身体の動きに合わせて、自然に動かすくらいでいいかと思います。

ダウンのリズムをキープしながら、音に合わせてスタートしていきます。

足のリズムが、かなり速いんですが、ポイントは、つまさきを床につけるように動くことです。ベタ足でやると、動きが遅くなってしまいます。

バウンスを上手く使って、つまさきを上手く使うと、リズムに合わせて動きやすいかと思います。

左右に飛び跳ねないで、ひざを上手く使って、ジャンプするというよりは、リズムをキープした状態で、やれるようになるまで、ひたすら繰り返し練習してみてください。

スケート

スケーティングと呼ばれるスタイルの、スケートという動きについて、学んでいきましょう。

ハウスのステップの中でも、スムーズに動く、スケートシューズを履いているような動きになります。

1で足を上げて、2で足を開きます。

体重を移動させて、反対の足でも同じようにしていきます。

慣れてきたら、ダウンのリズムを足していきます。

ポイントは、足を開いたときに、体重を早くかけすぎてしまうと、正面でガニ股になって開いてしまいます。

できるだけ、足を開いたときに、体重移動をしない状態にして、アップのタイミングで体重を移動させるように意識してください。スムーズに体重を移動出来ると思います。

ひざが固くならないように、注意しましょう。ひざをやわらかく使っていきます。

腕のシルエットは、足を開くときに一緒に開いてもいいし、意識せずに、ダウンに自然に合わせてもいいかと思います。スムーズに体重移動が出来るまで、ひたすら繰り返し練習してみてください。

ダウンのタイミングと足のタイミングがずれやすい動きです。最初は、ゆっくりしたbpmの曲で練習してみてください。

トレイン

トレインというステップを、マスターしていきましょう。

足を、ジャンプした状態で、前後に開きます。

反対側も、少しジャンプするようなつもりで、足を前後に開きます。

スケーティングと同じで、足がスムーズに動くように、ひざを使って、足を滑らせるイメージでやってみてください。

足を前後に開いた状態で、前の足で2回音を鳴らしていきます。

ダウンした状態で、床を一回触ります。次のアップする状態で、足が床に着きます。これが、2つ目です。2つ目のイメージは、ストンプの動きです。反対側も、同じようにします。

ポイントは、重心を両足の真ん中に置くことです。

これが、後ろの足に強くかかると、前の足だけが、床を触りに行く状態になります。できるだけ、両足のセンターに体重がくるように心がけると、上手くいくと思います。

ポイントは、足の音がしっかりとキープされるように、動いていくことです。

スケーティング

スケートとトレインを合わせた技であるスケーティングについて、学んでいきましょう。

左右の足でトレインを入れます。その後に、スケートでサイドに移動します。反対側も、同じようにします。

ポイントは、しっかりダウンのリズムをとることです。実線向けの技なので、そのまま振り付けに使ってもいいかと思います。

ジャック・イン・ザ・ボックス

ダウンのリズムで踊っていくジャック・イン・ザ・ボックスという技を、マスターしていきましょう。

ダウンするときに、かかとを軸にして足を開きます。

アップするときに、足を閉じます。動きを繰り返していきます。

ヒップホップでいう、クラブの動きに近いです。

だんだん足が、開いていきがちになってしまうので、ダウンをしたあとに、足を閉じるときに、アップでしっかり足を持ち上げるように意識してください。

慣れてきたら、そのままサイドに移動してみてください。進行方向を入れ替えるときに、ジャンプを入れていきます。ジャンプするときに、かかとを宙で合わせるイメージです。

足は、がに股内股になるのが基本ですが、ヒップホップのクラブのようにはっきり動かす必要はありません。ひざを使って、開いて閉じるを繰り返していきます。

アップ

基本のリズムである、アップについて、学んできましょう。

アップのリズムを単独で使うステップは、数が少ないです。

ですが、コンビネーションに使う場合が多いので、まずは、基本の動きをしっかり覚えていきましょう。

ひざを曲げた状態から始めて、持ち上げます。

上にアップした状態のときに、音のタイミングをとります。

ハウスはステップがかなり速いので、ひざを持ち上げたときに、かかとが着いた状態のままやると、身体が止まってしまいます。

かかとを使って、止まらないように、バウンドを続けるイメージです。ダウンと同じように、バウンドをすることを意識してください。

ダウンとは、タイミングが逆です。繰り返し練習して、しっかり動きを頭に叩き込んでください。

慣れてきたら、首を使って、前から顔を起こすようにします。自分が持ち上がるときに、顔を起こすようにすると、上手くいくと思います。

ポイントは、首を使うときに、力を入れすぎると、あごを引いてしまいます。できるだけ、リラックスした状態で、目線を少し持ち上げるイメージで動いてみてください。

首を引きすぎると、身体も引っ張られてしまいます。あくまでもリラックスした状態で、自然な動きを心がけてみてください。

身体が、首につられて後ろにいかないように、できるだけ真上に上がることを意識しましょう。

少し力が入ってしまうと、ダウンに戻ってしまう可能性があります。しっかり音を聞いて、タイミングを合わせてみてください。

スワル

アップを使ってやる代表的なステップである、スワルについて、マスターしていきましょう。

海外では、スワルと言われています。

日本では、正式な名前がないです。

とりあえず、スワルに統一して、お話ししていきます。

足を肩幅くらいに開いて、片方の足を真ん中に寄せていきます。元の位置に戻して、反対の足を寄せていきます。この動きを、繰り返していきます。

腕のシルエットは、普通に歩くときと同じように、動かす足と反対側の手を前に出すと、バランスがとれていいかと思います。

足を動かすときに、寄せてきた足が、完全に揃うというよりも、気持ち自分の足の斜め前に出します。こうすると、足が出やすくなると思います。

リズムは、1エン2エンです。

慣れてきたら、アップのリズムを足してやってみてください。

体重を左右に振るんですけど、あまり体重を引っ張りすぎると、身体が振り回されてしまいます。中心をしっかり作った状態で、足を動かすと、上手くいくと思います。

さらに慣れてきたら、腰をツイストして、ひねっていくと、スワルの形になります。

足を寄せるときに、お尻をひねります。足を戻すときに、腰が一緒に戻らないように意識してください。足を寄せながら、腰をひねります。

アップのリズムをキープした状態で、リズムに合わせてスタートしていきます。

サイドにジャンプ

アップのリズムで使われる、サイドにジャンプをする技について、学んでいきましょう。

右足からスタートします。

足を一歩外に出して、もしできたら、床をタッチしてください。

これが、1ではなく、エンのカウントです。

アップのタイミングで、横にジャンプしながら、足を揃えます。1のタイミングです。反対側も、同じようにします。

リズムは、エン1・エン2です。

エンの足を着くときが、ダウンです。足を揃えるところが、アップの状態です。

コンビネーションでやるときは、今の動きを2回やったあと、最後に、同じタイミングで、足をクロスさせます。足を開いて、もう一度軽くジャンプします。

このときに、足を後ろにクロスして、ダウンのリズムに戻します。そのまま足を開いて準備して、続けていきます。

コンビネーションするときの、アップからダウンを入れたときに、足だけじゃなくて、腰を使って向きを変えます。次の足を忘れがちになるので、次のエンカウントの足を忘れずに出してください。

シャッフル

アップからダウンの切り返しのリズムで、シャッフルというステップについて、マスターしていきます。

リズムは、アップ・アップ・ダウンです。

始めのアップで、右足から、キックしながら、ホップします。足を入れ替えます。入れ替えた足をスイングさせて、ホップしながら、ダウンを入れます。反対側も、同じようにします。

キック・スイッチ、スイングです。常にホップした状態で動くことを意識してください。

ポイントは、スイングのときに、腰を使って、向きを変えることです。

ダウンを入れたあとに、音よりも早くならないようにアップを入れながら続けていきます。

アップ・アップ・ダウンの、リズムどりからスタートしていきます。軽く膝から下をスイングさせて、あまり力を入れないようにやると上手くできると思います。

クロスステップ

ホップを使った動きとして使われる、クロスステップについて、学んでいきましょう。

足を肩幅くらいに開きます。

右足を前にしながら、足をクロスさせます。

クロスさせるときに、自分のお尻を少しだけ、前に出した足の方向にねじります。

その向きのまま、足を開きます。

ポイントは、横一直線ではなくて、向きに合わせて、足を互い違いにします。

この状態から、今度は反対側の足が前に来るように、足をクロスさせます。あとは、動きを繰り返していきます。

閉じるときに、腰を一緒にねじって、開くときは、そのままで開きます。足を閉じるときに、身体を捻ることを、しっかり頭に叩き込んでください。

軽くホップをしながら、ダウンのリズムをキープしていきましょう。

慣れてきたら、アップ・アップ・ダウンのリズムで、やってみてください。1エン2、3エン4のリズムです。

ダウンのときに、しっかりリラックスして、力をうまく抜いて、息が上がらないようにしてください。

3つのリズムをやるときに、かなり動きが速いです。速いときに、激しくバウンドすると、音に間に合わなくなってしまいます。

基本的には、アップを2つとるときに、アップを軽くキープして、力を抜いてダウンを入れると、上手く続けられると思います。

ステップターン

ハウスでよく使われる、ステップターンという技について、マスターしていきましょう。

基本的には、リズムをちゃんととって、ステップをしながら、ターンをしていきます。

右足から、足を持ち上げて、下ろしてから、もう片方の足を開きます。反対側の足を上げて、下ろして、もう片方の足を開きます。

上げる、下げる、開くの3つの動きを繰り返します。1でアップして、エンでキープして、2でダウンします。

慣れてきたら、半周ずつターンしながら、やってみてください。

足が動きにくい場合は、ホップしてもいいかと思います。

さらに慣れてきたら、一周ずつターンしながら、やってみてください。

バックスキップ

アップとダウンのコンビネーションで使われる、バックスキップについて、学んでいきましょう。

右足を前にクロスして出します。

ホップしながら、右足をひきあげます。

右足を後ろにクロスして、反対の足を前に一歩出します。

右足を後ろに上げて、前の足を軽く上げます。

この状態から、反対側もホップをして、左足を引き上げていきます。あとは、同じようにくりかえしていきます。

そのままホップをすると、後ろに下がっていってしまいます。

ホップをしながら、スキップを後ろ側にするようなイメージで、足を引き上げながら、軸足を、少し前の方に持っていきます。

リズムは、1エン2エンです。リズムは、1でアップして、2でダウンです。

かなりホップが速いので、音に合わせて、リラックスしてやってみてください。

なるべく足音が、均等に続くように意識してください。

ファーマー

ダウンと同じタイミングなんですけど、ちょっとジャンプをするような形で、少し浮いた状態でやれるステップである、ファーマーについて、学んでいきましょう。

ジャンプしたときに、足を上に持ち上げます。

2回目のジャンプのときに、反対側の足を上に持ち上げます。

リズムは、1エン2エンです。1と2で足を持ち上げていきます。

ポイントは、足を上げるのと、ジャンプを一緒にしてしまうと、身体を引っ張り上げてしまいます。

着地したときに、足が上がりきるように意識してください。

イメージは、ストンプのときの足の動きです。

というか、ストンプの動きそのものです。

ですので、足が上がりきったときに、腰を落とすイメージが大事です。

先程お話ししたスワルと同じように、上げた足と反対側の腕でバランスをとると、やりやすいかと思います。

慣れてきたら、お尻を使って、身体が持ち上げられるように、リズムをとってみてください。これは、腰を落とすイメージでリズムをとるということです。ほぼ、ストンプと意識することは同じです。

クロスウォーク

ホップを使ってやるクロスウォークについて、学んでいきましょう。

まずは、ジャンプをします。

ジャンプをしながら、左足で、着地をします。

右足を後ろにクロスして、最後に右足を前に、蹴り出します。

反対側にも同じように、右足から着地して、動きを繰り返していきます。

リズムは、1エン2です。

ポイントは、足の動きにつられないように、ホップを取り続けることです。足に合わせてしまうと、小刻みに3つジャンプすることになってしまいます。そうすると、リズムが変わってしまいます。

ホップは、2つ、足は3つのリズムをキープする練習を、ひたすらしてみてください。

コンボ技

基本的なステップについて、お話ししてきました。

ハウスは、ルーティーンを続けるというよりも、自由にステップを使って、音に合わせて、楽しみながら踊っていくジャンルです。

実際に、お話ししてきたステップを使って、踊ってみたいと思います。

おすすめの関連記事

ハウスダンスについて書いたその他の記事も、参考にしてみてください。

ハウス(House)ダンスの基礎技解説!ツイストのやり方も

シャッフルダンスについて書いた記事も、参考になるかと思います。

メルボルンシャッフルダンスの基礎技解説!Tステップのやり方も!

シャッフルダンスの基礎技解説②!チャールストンのやり方も!

シーウォークについて書いた記事も、参考にしてみてください。

シーウォーク(C-walk)の基礎技解説!クラウンホップのやり方も!

シーウォーク(C-walk)の基礎技解説②!Vステップのやり方も!

まとめ

動画でダンスを解説してくださったヒロさんが、ハウスのことについて、語ってくださっています。

ハウスのコツとしては、スピードが速い音楽のジャンルなので、どうしても、ステップ一つ一つが、速さにとらわれて、雑になってしまったり、リズムが固くなってしまったりしがちです。

ポイントは、リラックスできるかどうかです。

何度も何度も動きを繰り返してください。

動きに慣れていくと、だんだんリラックスして、音楽をちゃんと聞けるようになると思います。

上達のコツなんですが、無理にハウスの音に合わせて練習しなくてもいいと思います。

音楽に合わせて動くことが、上達のコツです。

自分なりに、このスピードで出来るかなっていうような音を探して、それに合わせて繰り返すことで、上手くなっていくと思います。

ハウスに限らずなんですが、ダンスに必要なのは、リズムトレーニングです。

動き自体をできるようになっても、それは動きだけであって、いかに音楽に合わせて踊れるかっていうところが、ストリートダンスの、リズムを使ったダンスの楽しみ方だと思います。

いかに音楽に合わせていけるか、そこの部分を練習してもらえると、ストリートダンスの良さが、わかってもらえると思います。

今回の動画を通して、ストリートダンスだったり、ハウスダンスだったりというものに触れてもらえれば、すごくありがたいです。

ダンスを通して、自分の感性を広げていってください。そこが一番、ダンスをしてて、楽しいところです。是非、頑張って挑戦してみてください。

動画のhiroさんのアシスタントをしてくださった、kazaneさんも、お話しをしてくださっています。

kazaneさんのダンス歴は、11年だそうです。ダンスを始めたきっかけは、4歳の頃に、母親が趣味程度に習っていた、ダンスのスクールにくっついていったら、自分もやりたくなったそうです。

すごい動きやすごい技をやろうとするのにも、まず、ベーシックがとても大切になります。

ヒロさんのお話ししてくれたことを、しっかり一つずつマスターしてみてください。

マスターできたら、そこからバリエーションが増えたり、すごい技ができるようになると思います。

普段練習するときも、なるべく基礎の練習をひたすら続けるようにしてください。簡単なステップほど、毎日のように繰り返すことが、とても大事です。

ストリートダンスのなかでも、ハウスというジャンルは、ヒップホップやジャズに比べたら、メジャーではないです。

今回のヒロさんのお話しを聞いて、ハウスを始めたくなった方は、是非、挑戦してみてください。すごく楽しいジャンルです。頑張ってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ダンスが大好き。毎日ダンスのことばかりを考えている狂人系ダンスブロガーです。 主に、ダンス記事、ストレッチ記事、筋トレ記事を書いてます。すべてはダンスに必要なスキルです。