ヒップホップダンスの基礎技解説!ランニングマンも

ヒップホップダンスの基本動作
ヒップホップ(Hiphop)ダンスは、リズムに乗ってる感が一番出やすいダンスです。ダウンとアップを基本動作として行うため、常にリズムに乗っているように見えます。

ランニングマン、チャールストン、ブルックリン、ロジャーラビット、クラブなどできるとかっこいい技がいっぱいあります。

技も大事ですが、グルーヴ感が最も重要になってきます。グルーヴ感を出して踊れると、ヒップホップダンスがかっこよくなります。では、ヒップホップの基礎技について、学んでいきましょう。

その他のヒップホップダンス記事も参考にしてみてください。

ヒップホップダンス

www.youtube.com

ヒップホップ(Hiphop)ダンスとは、ヒップホップの音楽に合わせて踊るダンスのことを言います。そもそも、ヒップホップの音楽は、70年代後半に、アメリカのニューヨークのブラックカルチャーとして生まれたものです。

DJがいて、ラッパーがいて、ダンサーがいて、みんな合わせてヒップホップの大きな枠組みというイメージです。当時のダンスは、ブレイクダンスでしたので、今のヒップホップとは異なります。

ヒップホップの踊りは、当時流行っていたブレイクダンス、ソウルダンス、ポップダンスの影響を受けて、今現在のヒップホップダンスになったようです。レゲエ、ジャズ、R&Bなどいろんな要素を取り入れて、進化し続けているダンスが、ヒップホップです。

三代目JSOULBROTHERSのRYUSEIが大ヒットして、ランニングマンという動きが流行りました。あれは、ヒップホップの基本技の一つです。日本では、エグザイルグループの活躍もあって、ヒップホップの文化がだいぶ浸透してきてますね。

ダウンとアップを基本とした、ヒップホップのダンスを踊れるようになると、すごくダンスが楽しくなります。

先程もお話した、グルーヴ感を意識できると、よりダンスがかっこいいものになります。グルーヴ感とは、リズムに乗っている感じのことです。

ヒップホップの動作的には、円を描くようなイメージで止まらずに滑らかに動き続けることで、グルーヴ感がでてきます。

グルーヴ感を意識して、ヒップホップダンスの練習をしていきましょう。

ヒップホップダンスとは~さらに詳しく解説~

www.youtube.com

ヒップホップダンスは、ヒップホップ文化の発展していく中で、ヒップホップミュージックに合わせて踊られるようになったストリートダンスのことです。

1960年代のニューヨークシティーで、アップロックやブレイクダンスのスタイルが、ヒップホップミュージックに乗せて、踊られる中でダンスとして発展してきました。

同時にカリフォルニアのダンサーが、ハリウッドのロボットにインスパイアされて、ロッキンダンスやポッピンのダンスを通して、ロボットの動きを真似することでロッキンやポッピンが広まっていきました。

1970年代になると、プロのストリートダンサーたちが、ヒップホップのいろんなカテゴリーを生み出して、ヒップホップを世に広めていきました。ヒップホップは、アメリカの文化の中で、ニューヨークとカリフォルニアという2つのコーストスタイルが混ざりあって、大きなヒップホップというジャンルが出来上がってきました。

ヒップホップの社会的形式は、ヒップホップミュージックと共に発展してきました。1990年代に入ると、ランニングマンや、キャベッジパッチが生まれてきました。2000年代には、ソルジャーボーイや、ドギーが生まれてきました。

ヒップホップは、フォーマルな決まった形の形式を持たずに発展してきましたし、スタジオの中で作られたものでもありません。言い換えるなら、ヒップホップダンサーに必要なのは、決まった練習方法もなく、スキルのあるヒップホップダンサーになるためには、ナチュラルなリズム感とただひたすらダンスの練習をすることだけです。

最近、リリカルヒップホップやジャズ・ファンクなどのモダンハイブリッドヒップホップが、エンターテイメント業界で人気になってきました。しかしこれらのヒップホップのバリエーションを踊りこなすには、別のジャンルのダンスの厳しい修練が必要です。

スタジオヒップホップと呼ばれるこれらのハイブリッドなヒップホップは、オーセンティックな、本来のヒップホップとは、また違ったものと捉えたほうが良いかもしれません。

ヒップホップに含まれているエレメンツをまとめておきます。

  1. Competitive nature(競合性):ヒップホッパー達は、お互いにダンスムーブにチャレンジして互いを高め合っています
  2. isolations(アイソレーション):身体の一部だけをコントロールして、パーツが独立しているかのように動かします
  3. Popping(ポッピン):筋肉の素早い収縮と開放によって、音楽に合わせてビートを刻みます
  4. Locking(ロッキン):一連の踊りの流れの中で、身体の一部をロックさせます
  5. Breaking(ブレイキン):即興のフリースタイルの動きで、フリップやトリックなどを含んでいて、歌のリズムに合わせてパフォーマンスをします

今でこそ、ポッピン、ロッキン、ブレイキン、ヒップホップと分けて分類されていますが、大きくまとめると全部ヒップホップに含まれます。

参考になる記事を載せておきます。

もっと詳しく知りたい方は、入門書を読んで勉強してみてください。

ヒップホップダンスの基礎技を動画で解説

白い靴がイカシタ感じの、AKIHICさんの動画を参考にして、ヒップホップダンスの基礎技をマスターしていきましょう。

ダウン

www.youtube.com

ヒップホップ(Hiphop)ダンスにおいて、ステップの前に、まず最も大事なリズムをお伝えしていきます。まずは、ダウンから。

ダウンは、身体を下に下げるという動きなんですが、腰を下に下げる、空気椅子をするようなイメージでシュッと腰を落とします。プラス、横から見ると、胸の真ん中とおへそをくっつけるイメージで身体を入れて、ダウンしていきます。

慣れてきたら、首も前に出します。手は意識して力いっぱい上げ下げしないように、まずは、腰を落として、胸の真ん中とおへそをくっつけるイメージで身体を入れて、首を出すことを意識してください。

慣れてきたら、ひじを上げてみたり、手をクロスしてみたり、いろいろ使ってみてください。慣れてきたら、左右のひざを交互に上げてみてください。

さらに慣れてきたら、サイドに足を出してステップを踏みながら、ダウンしてみましょう。ヒップホップのダウンは、こんな感じです。

  • 空気椅子をするようなイメージでシュッと腰を落とします
  • 胸の真ん中とおへそをくっつけるイメージで身体を入れて、ダウンしていきます
  • 首を出すことを意識します

アップ

www.youtube.com

基本的にはダウンと同じ要領なんですが、アクセント、要はカウントでいう、オンビートのときに、上に1・2・3・4と上に上がります。この動きのことを、アップと言います。

ダウンでお伝えした、胸をつけるイメージから、アップでは、胸とおへそを離すイメージを強くして、プラス、首を上に上げるイメージを持ちます。

このときに、なるべく腰がしっかり下がるように、地面を踏むようなイメージでやってもらうと、強くアップの感じが出ると思います。

これが、ヒップホップのアップです。

  • オンビートのときに上に上がります
  • 胸とおへそを離すイメージを持ちます
  • 首を上げるイメージを持ちます
  • 腰を下げて地面を踏むイメージを持ちます

ダウン(後ノリ)

www.youtube.com

先程のダウンを入れながら、身体を後ろに乗っていきます。ダウンのリズムは変わらないんですが、腰を上手く使って、腰を前後に動かしながら、身体を後ろに乗るリズムをお伝えしたいと思います。

注意して欲しいのは、つま先が上がってしまったり、お尻が出すぎてしまうとかっこ悪くなってしまいます。なるべくつま先をギュッと力を入れている状態で、後ろに乗っていきます。

このときに、後ろが強くて前が弱かったりすると、見た目のバランスが悪くなってしまいます。なるべく、前後に均等な力でリズムに乗ります。

首をうなずいてあげると、ヒッポホップっぽくなります。イメージは、アップで「あっ」、ダウンで「うん」のリズムでやってもらうと、よくなるでしょう。

これが、ヒップホップのダウンの後ろノリです。

  • つま先に力を入れて後ろに乗ります
  • 前後に均等な力でリズムに乗ります

アップ(前ノリ)

www.youtube.com

ヒップホップ(Hiphop)ダンスの後ろノリの逆ですね。先程のアップと同じ要素なんですが、身体が前に乗るイメージなので、前ノリと言います。これをお伝えしていきます。

まず最初に、やってることは先程の後ろノリと全く一緒で、それを逆ですね。要は、オンビートのときに、前に乗っていきます。

先程と一緒なんですが、注意してほしいのは、つま先が上がってしまうと、力が全部上に逃げてしまって、かっこ悪くなってしまいます。

つま先をかんでこらえて、かかとでアクセントを取るイメージで、前に乗ります。

見よう見まねでやってしまうと、どうしても上半身の力を使ってしまって、雑な動きになってしまいます。そうならないように、下半身の腰の力を使います。

要は、上半身は、腰が前に行くから身体が下がって、腰が後ろに下がるから身体が前に行ってっていうイメージを持つと、すごくナチュラルにリズムが取れると思います。

これが、ヒップホップのアップの前ノリです。

  • つま先に力を入れて、かかとでアクセントをとります
  • 上半身を使わずに腰の力を使います

フォーシング

www.youtube.com

今からやるステップは、ヒップホップ(Hiphop)ダンスのフォーシングと呼ばれているものです。

右足に体重をかけたときに、かかと重心で外に開いてあげます。そのときに、残ってる左足で、外にスライドしてあげます。で足を戻したときに、真ん中に戻します。

逆に、左足の踵を重心にして、外に開きます。残ってる右足で、外にスライドしてあげます。で、真ん中に戻します。

このときに大事なのは、スライドさせる足を上げすぎないように、地面すれすれのところでやるようにします。これもしっかり、ひざを外に開きます。戻して、開く。

見た目はスーッと動いてるように、スケートしてるような感覚に見えます。で、リズムは、先程のダウンでやってもらえると、すごくいいでしょう。

もう一つポイントは、足を開いてオープンした後、また、戻すときに、意外と戻らなかったりするので、ここをしっかり、出したらしっかり戻します。ここに注意して、やってみてください。

これが、ヒップホップのフォーシングです。

  • スライドさせる足は地面すれすれで動かします
  • 出した足を元の位置に戻します

クラブ(ステップ)

www.youtube.com

クラブというヒップホップ(Hiphop)ダンスのステップなんですが、結構これが一番、ヒップホップを始めた人が最初にやるんじゃないかなと思います。

クラブステップのイメージは、カニです。カニの歩き方にちょっと似てるというところから、クラブというステップができました。わかりやすく言うと、足は内股にします。

まず右に行く場合は、右足をかかと、左足をつま先に重心を変えて、外に向かって、出します。同じ重心で、戻します。逆に、左に行く場合は、右足がつま先で左足がかかと。で、戻します。この動きなんですが、今やっているのは、出して戻す動きです。

ちょっとわかりやすいように、今回のリズムはダウンで、先程やったダウンですね。リズムを加えながら、やっていきます。

これが、クラブステップと呼ばれているものです。これが、オープンから始めてリズムをアップに変えて、インでやっても全然大丈夫です。

これは、応用です。でも今やったのは、基本的には足をインの状態から始めて、左足のつま先、右足かかとで外に。同じ重心で、戻す。逆に重心を変えて、右足つま先、左足かかとで、外に出して、戻します。

一つポイントなんですが、クラブをやるときにどうしても、重心がつま先、かかと、と足元に行ってしまうと思います。

ですが、そこに集中しないで、いちばん大事なのは、ひざを開く部分がすごく大事です。ですので、足のクラブを入れたときに、足だけでやるのではなく、ひざを外に開いて、戻します。

ここに注意してもらうと、動きが大きくなって、見栄えがいいでしょう。

これが、ヒップホップのクラブステップです。

  • 足元だけ集中せずに、ひざをしっかり開きます

ランニングマン

www.youtube.com

今からやるステップは、結構普通の方でも知ってるんじゃないでしょうか。ヒップホップ(Hiphop)ダンスのランニングマンというステップになります。名前の通り、走ってる人みたいな感じで、走ってる感覚でやります。

まず、足をしっかり上げてください。自分の足をそのまま下に落としたときに、後ろの足を下げます。前の足を後ろに戻しながら、後ろの足を前に上げます。

また、下げます。上げる、下げるを繰り返していきます。上げ、下げ、上げ、下げの感じでやってもらえるといいです。

今回は、先程はダウンが多かったので、難しくして、アップの動きでやってみようと思います。ポイントは、足を上げたときに胸がおへそにつくようなイメージでやります。で、上に上がります。これに注意してやってもらえたらいいんじゃないでしょうか。

逆に、ダウンのバージョンもあります。ダウンのバージョンは、下がったときに、リズムをとります。

  • 足を上げたときに胸がおへそにつくイメージで動きます

ブルックリン(アロー)

www.youtube.com

今からやるヒップホップ(Hiphop)ダンスのステップは、ブルックリンと呼ばれているものですね。他にも名前で、アローという風に言う方も昔はいました。基本的には、ブルックリンという言葉で表現されています。

イメージは、何故アローかというと、要は、弓矢ですね。弓を引いてるような感覚でやるところから来てます。

身体をダウンさせて、手を前に出します。その次に、足を外に開きます。そのときに、弓を引いてるような感覚になります。で、真ん中に戻します。もう一回反対に弓を開いて、戻します。

そのときに、いろんなやり方があって、一つには例えられないんですけど、今回は、両足共つま先立ちでやってます。

例えば、違う人は、ラコステという、かかととつま先を使う感じでやる方もいます。

ものすごく、ベタ足でやる方もいたり、いろんな方がいるんですけど、それはもう、何が正しいとか何が間違いとかないとおもいますので、自分の感覚にある動きを試してみてください。

今回は、つま先立ちでやる方法をお伝えしてます。

イメージは、胸を前に突き出すような感じでやってもらえるとすごくいいでしょう。あとポイントとして、つま先で打ったら、真ん中のところはベタ足で押す感じでやると力強さが出てくるでしょう。

これが、ヒップホップのブルックリンです。

  • 胸を前に突き出すようなイメージで動きます
  • 足を開くときはつま先で、閉じるときはベタ足で動きます

ゲッティングライト

www.youtube.com

見てる方にはちょっと、難しいと思うようなステップだと思うんですけど、やってみたら楽しくできると思うんで、是非やってみてください。

これはですね、名前があるようでないというか、一応ヒップホップ(Hiphop)ダンスのゲッティングライトという名前で呼ばれています。

実際、ゲッティングライトというのは、総称というか、いろんな動きを含めて、そこの地区で流行ってるダンスのことを言ってるだけで、このステップの名前ではないです。

今回は、そのゲッティングライトをお伝えしていきます。

まず、右足から行きます。右足は、ぶりっ子になったつもりで、上げます。そこに対して、左足を引っ張っていきます。そしたら今度は、左足でぶりっ子ちゃんになったときに足をインにして、でそのまま後ろに足をクロスします。

戻して、左に飛びます。ぶりっ子、後ろに足を入れてクロス、もう一回ぶりっ子に戻って、右に飛びます。

これで大事なのは、基本的には、つま先しか使ってません。基本的には、ベタ足になったり、かかとになったりってことは、ないです。そこはすごく簡単だと思うんですけど、なるべくつま先で、イン、アウトの動きを大事にしてください。

エンのカウントで、ぶりっ子になります。1で飛びます。エンでぶりっ子になって、2で後ろに入れます。

手のイメージは、電車みたいな感じで前にシュッと振ります。たまにクラップも入れながらやってみてください。先程と同じように、リズムはアップでとります。

これが、ヒップホップのゲッティングライトです。

  • 足はつま先を使います
  • 手は前後に振ります

トーンワップ

www.youtube.com

今回ラストのステップになります。ラストは、ヒップホップ(Hiphop)ダンスのトーンワップと呼ばれるステップなんですけども、DJウェブスターというアーティストがいまして、そのアーティストのTone Wop For Meという曲で、やられているステップです。

これも、パーティーダンスで使われます。先程のゲッティングライトと一緒で、楽しく踊るダンスです。

  • まず、右足を上げます。さっきのランニングマンと同じ感じです
  • で、落とします
  • そしたら、つま先を使ってイン
  • 今度は、アウトに開きます
  • 右足に重心を変えて、左足をあげます
  • そのまま落とします
  • つま先を使ってイン
  • アウトに開きます

これの繰り返しです。上げる、下げる、イン、アウトの流れを覚えてください。で、これをやるときに、足を後ろに下げてしまうと、どんどん下がっていってしまいます。

ですので、なるべく、例えば真ん中でやってる場合は、右足を少し下げてあげて、左足を少し前に出すイメージで落とします。で、イン、アウトします。

今度は逆に、左足を少し下げてあげて、右足を少し前に出すイメージで落とします。で、イン、アウトします。この繰り返しです。ここで大事なのは、ひざをしっかり開くことです。

ここに、先ほどと一緒なんですけど、手をつけていきます。

  • 手を、グーだとちょっと見えないので、ちょっと指ぱっちんしてスナップしたような手の使い方で、前に右手上、左手下でクロスして出します
  • そしたらそのまま返して、自分の脇腹にひじをパッとつけるような感覚で付けます
  • そこから斜め上に伸ばします
  • また、自分の脇腹に引っ張ってきます

これを、足と一緒にやります。意外とこれがですね、手と足がバラバラになっちゃって結構難しいです。手は、エン、1、エン、2で動かします。足も、エン、1、エン、2で動かします。これが、ヒップホップのトーンワップです。

  • ひざをしっかり開きます
  • 右足を少し下げてあげて、左足を少し前に出すイメージで落とします。逆の動きも同じ要領です

ヒップホップのための入門書を読んで、ヒップホップについて、しっかり勉強してみましょう。

まとめ

www.youtube.com

ヒップホップ(Hiphop)ダンスの基本動作は、リズムに乗って楽しむことが一番大事なポイントです。難しいなと思うことも、あると思います。そんな中でも、リズムに乗ることを忘れないで、繰り返し練習してみてください。

ダンスは、とくにヒップホップダンスは、リズムに乗れれば、必ず楽しくなってきます。

でも、楽しむためには、練習をしなければ、楽しさは出てこないと思うので、体力もいるし大変な作業になるとは思うんですけど、自分自身に負けずに頑張ってみてください。全体を通して大事なことは、とにかくリズムです。

最初のダウン、アップ、前ノリ、後ろノリの基本動作は、特にリズムの部分をしっかり勉強しないと、どんなにいっぱいステップを覚えたとしても、ダンスには見えません。

ただ手と足が動いてても、それはダンスに見えてこないというか、やはり、踊っている、リズムを感じていることが大事です。音楽をよく聞いて、ステップをやってもらえたら、よりダンスに近づけて、すごく楽しくなるんじゃないかなと思います。

最終的には、テレビとかウォークマンで聞いてるときのように、自然に首がノル感じ、この状態にまで持っていけたら、すごくナチュラルなリズムを取れてるんじゃないかなと思います。

身体を大きく振りながら音楽を聞いて、ノルっていう部分をすごく大事にしてやっていただけたら、きっとすべてのステップに対して、楽しくなってくると思います。頑張ってやってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ダンスが大好き。毎日ダンスのことばかりを考えている狂人系ダンスブロガーです。 主に、ダンス記事、ストレッチ記事、筋トレ記事を書いてます。すべてはダンスに必要なスキルです。