ヒップホップダンスの基礎情報を解説!

ヒップホップダンスの基本動作

こんな方におすすめ

  • ヒップホップダンスの歴史を知りたい。
  • 初心者なのでヒップホップダンスについて知りたい。

 

こういった疑問に答えていきます。

ヒップホップ(Hiphop)ダンスは、リズムに乗ってる感が一番出やすいダンスです。

ダウンとアップを基本動作として行うため、常にリズムに乗っているように見えます。

ランニングマン、チャールストン、ブルックリン、ロジャーラビット、クラブなどできるとかっこいい技がいっぱいあります。

技も大事ですが、グルーヴ感が最も重要になってきます。

グルーヴ感を出して踊れると、ヒップホップダンスがかっこよくなります。

では、ヒップホップの基礎情報について、学んでいきましょう。

ヒップホップダンス

ヒップホップ(Hiphop)ダンスとは、ヒップホップの音楽に合わせて踊るダンスのことを言います。そもそも、ヒップホップの音楽は、70年代後半に、アメリカのニューヨークのブラックカルチャーとして生まれたものです。

DJがいて、ラッパーがいて、ダンサーがいて、みんな合わせてヒップホップの大きな枠組みというイメージです。当時のダンスは、ブレイクダンスでしたので、今のヒップホップとは異なります。

ヒップホップの踊りは、当時流行っていたブレイクダンス、ソウルダンス、ポップダンスの影響を受けて、今現在のヒップホップダンスになったようです。レゲエ、ジャズ、R&Bなどいろんな要素を取り入れて、進化し続けているダンスが、ヒップホップです。

三代目JSOULBROTHERSのRYUSEIが大ヒットして、ランニングマンという動きが流行りました。あれは、ヒップホップの基本技の一つです。日本では、エグザイルグループの活躍もあって、ヒップホップの文化がだいぶ浸透してきてますね。

ダウンとアップを基本とした、ヒップホップのダンスを踊れるようになると、すごくダンスが楽しくなります。

先程もお話した、グルーヴ感を意識できると、よりダンスがかっこいいものになります。グルーヴ感とは、リズムに乗っている感じのことです。

ヒップホップの動作的には、円を描くようなイメージで止まらずに滑らかに動き続けることで、グルーヴ感がでてきます。

グルーヴ感を意識して、ヒップホップダンスの練習をしていきましょう。

ヒップホップダンスとは~さらに詳しく解説~

www.youtube.com

ヒップホップダンスは、ヒップホップ文化の発展していく中で、ヒップホップミュージックに合わせて踊られるようになったストリートダンスのことです。

1960年代のニューヨークシティーで、アップロックやブレイクダンスのスタイルが、ヒップホップミュージックに乗せて、踊られる中でダンスとして発展してきました。

同時にカリフォルニアのダンサーが、ハリウッドのロボットにインスパイアされて、ロッキンダンスやポッピンのダンスを通して、ロボットの動きを真似することでロッキンやポッピンが広まっていきました。

1970年代になると、プロのストリートダンサーたちが、ヒップホップのいろんなカテゴリーを生み出して、ヒップホップを世に広めていきました。ヒップホップは、アメリカの文化の中で、ニューヨークとカリフォルニアという2つのコーストスタイルが混ざりあって、大きなヒップホップというジャンルが出来上がってきました。

ヒップホップの社会的形式は、ヒップホップミュージックと共に発展してきました。1990年代に入ると、ランニングマンや、キャベッジパッチが生まれてきました。2000年代には、ソルジャーボーイや、ドギーが生まれてきました。

ヒップホップは、フォーマルな決まった形の形式を持たずに発展してきましたし、スタジオの中で作られたものでもありません。言い換えるなら、ヒップホップダンサーに必要なのは、決まった練習方法もなく、スキルのあるヒップホップダンサーになるためには、ナチュラルなリズム感とただひたすらダンスの練習をすることだけです。

最近、リリカルヒップホップやジャズ・ファンクなどのモダンハイブリッドヒップホップが、エンターテイメント業界で人気になってきました。しかしこれらのヒップホップのバリエーションを踊りこなすには、別のジャンルのダンスの厳しい修練が必要です。

スタジオヒップホップと呼ばれるこれらのハイブリッドなヒップホップは、オーセンティックな、本来のヒップホップとは、また違ったものと捉えたほうが良いかもしれません。

ヒップホップに含まれているエレメンツをまとめておきます。

  1. Competitive nature(競合性):ヒップホッパー達は、お互いにダンスムーブにチャレンジして互いを高め合っています
  2. isolations(アイソレーション):身体の一部だけをコントロールして、パーツが独立しているかのように動かします
  3. Popping(ポッピン):筋肉の素早い収縮と開放によって、音楽に合わせてビートを刻みます
  4. Locking(ロッキン):一連の踊りの流れの中で、身体の一部をロックさせます
  5. Breaking(ブレイキン):即興のフリースタイルの動きで、フリップやトリックなどを含んでいて、歌のリズムに合わせてパフォーマンスをします

今でこそ、ポッピン、ロッキン、ブレイキン、ヒップホップと分けて分類されていますが、大きくまとめると全部ヒップホップに含まれます。

参考になる記事を載せておきます。

もっと詳しく知りたい方は、入門書を読んで勉強してみてください。

おすすめの関連記事

その他のヒップホップダンス記事も参考にしてみてください。

ヒップホップダンスの基礎技解説②!ボディーロールも

ヒップホップダンスの基礎技解説③!バタフライも

ヒップホップダンスの基礎技解説④!スポンジボブも

キッズのためのヒップホップダンス基礎技解説!カンナムスタイルも

キッズのためのヒップホップダンス基礎技解説②!ウェーブのやり方も

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ダンスが大好き。毎日ダンスのことばかりを考えている狂人系ダンスブロガーです。 主に、ダンス記事、ストレッチ記事、筋トレ記事を書いてます。すべてはダンスに必要なスキルです。