肩と足を同時に上げるヒゲダンスっぽい動き【簡単な動きをかっこよく踊るための練習】

肩と足を同時に上げるヒゲダンスっぽい動きとは

ダンスにおいて、肩と足を同時に上げるヒゲダンスっぽい動きって、どうやったら良いの?

という疑問に簡単に答えていきます。

肩と足を同時に上げるヒゲダンスっぽい動きについて、お話します

ダンスを上達させるためには、基礎となる立ち方、歩き方などの身体の使い方、身体を内側から動かすためのアイソレーションの練習をすることが、とても大事です。

ただし、基礎となる身体の使い方を、ダンスの動きに入れ込んでいくためには、シンプル過ぎるくらい簡単な動きの練習をすることも、大事になってきますよってことも覚えておいてください。

何がいいたいかと言うと、難しい動きができるようになるのも大事だけど、簡単な動きをかっこよく踊れるようになることも大事だよって話です。

ということで、簡単な動きをかっこよく踊るための練習についてお話していきます。

ダンスを上達させたくて、難しい動きばかり練習していて、簡単な動きをきちんとできてない人は、行動を改めたほうが良いです。

なぜかと言うと、簡単な動きがぎこちなくなってしまうと、せっかく難しいことができる能力があるのに、もったいないからです。

もっと突っ込んだ話をすると、難しい動きも大事ですが、簡単な動きをかっこよく踊れたほうが、他人から見たときにかっこよく見えますよって話です。

では早速、簡単な動きの一つである、肩と足を同時に上げるヒゲダンスっぽい動きをやってみましょう

右足を後ろに下げます。

右足でリズムをとるときに、左足を少しだけ上げつつ、左肩も同時に少し上げます。

このときに身体が斜めになってしまう人は、体幹がぶれている証拠です。

身体を正面に向けたまま、きれいな姿勢で動くと良いです。

もっというと、腕の形はバリエーションがあって

  • 手のひらを下に向けた状態にする
  • 親指と人差指で米粒を握る形を作り、小指・中指・薬指を丸めた状態にする

など、ご自身のスタイルに合わせると良いですよって考えてもらうと良いです。

補足

シンプルな動きですので、リズムに合わせることを意識すると、徐々にかっこよくできるようになりますよってことを覚えておいてください。

ダンスのまとめ記事に戻る

お疲れさまでした。

この「お疲れさまでした」を見る度に、あなたのダンスが少しずつ上達して、ダンスを楽しんで踊れるようになってくれたらいいなあと思って、記事を書かせていただいています。

もっとダンスについて詳しく知りたい方は、

ダンスに必要なすべての基礎知識をまとめてみました【マインドマップ】の記事をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です