ハムストリングスが硬い3つの原因を解説!

ハムストリングスが硬い3つの原因を解説!

ハムストリングスが硬い3つの原因を解説

  • ハムストリングスが硬いので、ハムストリングスをマッサージしたんだけど、全然柔らかくならない

そんなあなたのために、ハムストリングスが硬くなる3つの原因について、お話していきます。

3つの原因を簡単に書くと

  • 骨盤
  • 肋骨と背中
  • 首から背中、肩甲骨

このようになります。

それぞれのパーツが硬く、不安定な状態になることで、結果的に、ハムストリングスが硬くなっていきます。

今回の記事で、細かく解説していきますので、ぜひ、最後まで読んでみてください。

ハムストリングスが硬い3つの原因

www.youtube.com

  • ダンスを踊っていて、ハムストリングスが硬くて気になる
  • バレエをやってるけど、太ももの裏が硬くて開脚がなかなかできない

そんなあなたのために、ハムストリングスが硬い3つの原因について、お話していきます。

  • ストレッチをしていて固かったり
  • 足を上げるときにハムストリングスの硬さが邪魔になったり

硬いと思うときは、いろいろあると思います。

そのときに、太ももの裏をマッサージしても、なかなか硬さが取れなかったりします。

また、そのときは硬さが取れても、いざ使ってみるとまた硬くなってるなと思うことがあるかと思います。

そういう場合は、硬い原因が別にあって、そこをかばって硬くなっていることがあります。

その中でも、ハムストリングスが硬くなる原因3つを確認していきましょう。

ハムストリングスが硬い原因を、近い順から見ていくと、以下のようになります。

  • 骨盤
  • 肋骨と背中
  • 首から背中、肩甲骨

まず1つ目に、骨盤の状態が硬いとハムストリングスが硬くなってきます。

骨盤の状態が硬いというのがどこで決まるかと言うと、その上にある、肋骨と背中の具合です。

例えば、バレエだとアバラが開くという表現をします。

その状態になると、腹筋が緩んでしまって、骨盤が開いて、ハムストリングスが硬い状態になってしまいます。

あるいは、背中が硬いと腰の動きも悪くなるので、結果、骨盤が動かなくなって、ハムストリングスが硬いということがあります。

さらに、肋骨と背中の状態がどこで決まるかと言うと、首から背中、肩甲骨にかけての部分で決まります。

ですので、首から背中が硬かったりすると、結果的に、ハムストリングスが硬いという状態になってしまいます。

大きくこの3つが原因になるんですが、それぞれどんな影響があるのかというのを掘り下げていきましょう。

  • 原因1:骨盤;ハムストリングスの硬さに一番影響が大きい

なぜかというと、ハムストリングス自体が、骨盤、坐骨の辺りから、膝裏まで行くモモ裏の筋肉なので、骨盤の状態が良くなければ、そこに影響を受けます。

例えば、骨盤がタックインして前傾すると、坐骨が下に下がります。

そうすると、股関節が前にいって、ひざも前に押し出されるので、ひざは曲がりやすくなります。

坐骨が下に下がって、ひざがまがりやすくなるので、全体的にハムストリングスが、縮やすくなります。

硬さや張りはそんなに感じなくても、なんとなく力が入りづらかったり、いざ伸ばそうとすると、あまり伸びないということになります。

逆に骨盤が後傾して、出っ尻の状態になると、坐骨が上に引っ張られます。

骨盤の前側が少し出っ張ったような状態で、骨盤がずれてると人に言われるような状態になります。

そうなると、ひざの上の方が後ろに引っ張られるので、伸びそうな感じがするんですが、その間を取って、スネが前に出ます。

結局、ひざが曲がってしまいます。

ひざは曲がりやすくなるので、今度は坐骨側にハムストリングスが引っ張られる状態になります。

そうすると、膝裏のハムストリングスは、伸びにくくなります。

  • このように、骨盤の状態によって、ハムストリングスが硬くなりやすい状態ができるということです

この骨盤のズレを作るのがどこかと言うと、体幹部分になります。

体幹は、先ほどお話した、肋骨と背中、さらに、首から背中、肩甲骨にかけての部分です。

  • 原因2:肋骨と背中;体幹が不安定になって、背中が硬くなると、骨盤に影響が出てくる

ダンスを踊っているときに、背中が不安定な状態、あるいは、体幹が不安定な状態になると、どうなるかというお話をしていきます。

まず、あばらが開いてきます。

そうすると、腹筋が横に広がったような感じになります。

さらに、骨盤が下がって少し外に押し出される感じになります。

そうなってくると、股関節が上手く保てなくなるので、股関節がインに入った状態になります。

反対側の骨盤が、前に出てくる感じになります。

体幹が不安定でいると、骨盤の状態もよろしくないので、

  • 身体の半分が骨盤が後継した出っ尻タイプのハムストリングスの硬さになって
  • もう半分が、骨盤が前傾したタックインタイプのハムストリングスの硬さが出やすくなる

さらに、体幹がグラグラしてしまう原因というのが、さらに上の、首から肩甲骨までの背中ということになります。

  • 原因3:首から背中、肩甲骨;体幹が不安定になって、背中が硬くなると、骨盤に影響が出てくる

これは、どのようにして影響が出るかと言うと、踊っているときに、バレエで言うとピルエットなどの回転系をするときに、顔を残しなさいというアドバイスをされることがあると思います。

これは、顔から回ってしまうと、背中が動かないからなんです。

ですので、顔から先に動いたり、首とか、肩でも腕の付け根が先に動いてしまうと、肝心の背中が使えなくなります。

結果、背中が使えなくなるので、原因2であったことと同じ考え方で、ハムストリングスが硬くなります。

ハムストリングスが硬くなる原因をまとめておきます。

  • 骨盤のズレが原因で、ハムストリングスが硬くなります
  • その骨盤のズレを起こしやすくするのが、肋骨と背中です
  • その肋骨と背中のズレを起こしやすくするのが、首と背中、肩甲骨の部分です

背中が弱ければ、背中の部分から骨盤に影響が、でてきます。

反対に、背中はOKなんだけど、首が先に動いてしまったりとか、首が不安定な状態だと、背中が硬くなって、やはりハムストリングスが硬くなります。

今、自分のどの辺りが硬くなってるかなと言うことを、意識しながら、ボディーケアをしていきましょう。

ぜひ、チェックして試してみてください。

まとめ

ハムストリングスが硬くなる3つの原因について、お話してきました。

  • 骨盤
  • 肋骨と背中
  • 首から背中、肩甲骨

それぞれのパーツが、硬くなることで、結果的にハムストリングスが硬くなってしまいます。

ですので、ハムストリングスが硬い場合は、しっかり他のパーツの可動域をチェックして、不具合がないか確認していきましょう。

ぜひ、この記事を読んだらすぐに実行してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ダンスが大好き。毎日ダンスのことばかりを考えている狂人系ダンスブロガーです。 主に、ダンス記事、ストレッチ記事、筋トレ記事を書いてます。すべてはダンスに必要なスキルです。