自分でふくらはぎのマッサージ!腰痛の原因解消にも

こんな方におすすめ

  • ふくらはぎのマッサージのやり方を知りたい。
  • 腰痛の原因解消につながるふくらはぎのマッサージのやり方を知りたい。

 
足の固さやだるさを感じたときに、自分でふくらはぎのマッサージをしてみましょう。

ふくらはぎやかかとが柔らかくなることで、足が軽くなりますし、腰痛の場合、症状が緩和されることがあります。

背中と腰と足の筋肉は繋がっているので、足を柔らかくすることで、腰の痛みが和らぐこともあるのです。

筋肉のつながりを理解して、上手に身体のセルフケアをやっていきましょう。

自分でふくらはぎのマッサージ解説動画

髪型がいい感じの前野真一郎さんの動画を見ていきます。

とてもわかりやすく解説してくださっています。

前野真一郎さんが、動画内で説明して下さっている言葉をできる限り理解しやすいように、記事にまとめてみました。

「動画を見る→記事で動画の内容を文章で確認する」の作業に使えるようにしています。

「ふくらはぎのマッサージの動画を見るのが好きだけど、動画の内容をまとめたものがあったら便利なのにな」という、僕自身の思いから、記事にまとめさせてもらいました。

前野真一郎さんの言葉を、動画を見てしっかり胸に刻み込んで練習してみて下さい。

ふくらはぎをゆるませて腰痛を解消する

こんな方におすすめ

  • 足のひざに痛みがある
  • 夕方になると足がむくむ
  • 反り腰傾向にある

腰痛の原因と関係する、ふくらはぎを自分でマッサージする方法を見ていきます。

腰に痛みがある方は、その原因にふくらはぎの硬さが関係していることがあります。

ふくらはぎをゆるませて腰痛を解消する

椅子に座ります。

椅子に座ったまま、片足をもう片方の足に乗せてあぐらをかきます。

足の付根にあるくるぶしの、ちょうど指一本分後ろのところがペコっと凹んでいると思います。

凹んでいるところから、ふくらはぎからひざに向かって、凹んでいる骨のきわを押してみてください。

両手のそれぞれの4本指でもいいし、親指でもいいです。

前野真一郎さんによると、ふくらはぎがパンと張っているような方、足に疲れがある方は、骨のきわの凹み部分をマッサージするだけでも、結構痛みが出ます。

ただ、痛みが出ても、ふくらはぎの硬さはほぐしていく必要性があるそうです。

指や、ちょっと太めのペンの後ろ側の丸みのある部分を使って、骨に引っ付いてる筋肉を引き剥がすようなイメージで、マッサージしていきましょう。

もう一つ、かかとの部分をほぐすやり方を見ていきます。

かかと部分をほぐす

かかとの骨の部分を、手のひらでつかみます。

親指の近くのくぼみのある部分、母子球の部分を、かかとの骨の出っ張っているところに引っ掛けて、グリグリとねじるようにかかとの骨をほぐしていきます。

実際には関節があるんですが、その関節と骨の部分をほぐしていきます。

30秒から1分程度を目安に行ってみて下さい。

かかと部分のマッサージをやったあとに、先程のふくらはぎの骨のきわのマッサージもやってみましょう。

前野真一郎さんによると、立ったときの足の軽さがぜんぜん違ってくるそうです。

腰痛の原因=ふくらはぎ!?

腰痛の原因

  • ふくらはぎ
  • かかと
  • 足裏の痛み
筋肉はつながっている

人間の身体は、筋肉のつながりで表面が覆われています。

筋肉同士が繋がって連結しあって骨をしっかりバランスよく立たせています。

腰の筋肉をたどっていくと、ふくらはぎの部分まで連結してます→解剖学的な人間の構造です。

このように、解剖学的な視点から、実際に腰とふくらはぎの筋肉は連動しています。

ザックリいうと「腰回りの筋肉が固い→ふくらはぎの筋肉も固い」というイメージです。

ですので、ふくらはぎの部分に硬さがあると、腰の筋肉を下方向に引っ張ってしまい腰にストレスが常にかかり、腰痛に繋がってしまうという流れです。

前野真一郎さんによると、腰痛の原因は、80%がよくわからないといわれているそうです。

ですので、腰から離れたところにも、腰痛の原因があるかもしれないということを頭の片隅に入れておいてください。

ふくらはぎの簡単マッサージ

ふくらはぎの筋肉は、いろんな筋肉や組織が密集している部分です。

狭い空間に密集しているような状態になっています。

少し硬くなるだけで「細かい血管を締め付ける→血の巡りが悪くなる→脚の疲れやむくみに繋がる」という流れになったりします。

ですのでふくらはぎをマッサージして、足の調整を行うことをおすすめします。

  • 自分の指で押すパターン
  • 自分のひざでマッサージするパターン
ふくらはぎの簡単マッサージ その1

椅子に座って、片方の足をもう片方の足に乗せて、脚を組みます。

自分のふくらはぎをたどっていくと、筋肉が盛り上がって山になっている部分があります。

また、足首に近い側で、ペコっと一番最初に凹むところがあります。

まず凹みの部分を、前に向かって、親指を重ねて押します。

押した状態で、マッサージするように揺すります。

1分半から3分くらいを目安に行います。

ふくらはぎまわりの部分が緩んでくればOKです。

ふくらはぎの簡単マッサージ その2

自分の片方のひざにふくらはぎのペコっと凹んだところを乗せます。

ひざでグリグリとマッサージするように揺すります。

マッサージをした後に、立って足踏みしてみて下さい→脚の軽さが違うと思います。

前野真一郎さんによると、片足立ちをやったときに、自分で調整した足の方は、しっかり地に足が着く感じがあるそうです。

是非やってみてください。

かかとの簡単マッサージ

人間の身体で、床面と接している部分は、足です。

かかとや、足はストレスや負担がかかりやすい状態になっています→固さが作られやすいです。

かかとの固さを解消することで、かかとよりも上にある筋肉も同時にほぐれて柔らかくなっていきます。

かかとをほぐすことで、身体の下から上に向けて柔らかさを取り戻していくイメージです。

補足

前野真一郎さんによると、脚の裏の甲の部分にある血管を圧迫していることからくる、脚の疲れやすさやむくみの解消にも効果があるそうです。

かかとの部分を調整するとふくらはぎや太ももの筋肉もある程度、固さを緩ませることが出来ます。

かかとの簡単マッサージ その1

イスに座ります。

片方の脚にもう片方の脚を乗せて、あぐらをかきます。

親指の付け根の母子球の下あたりに、凹んでいる部分があると思います→ポコッとふくれた山の部分の下の、凹んだ部分です。

凹んだ部分を指でグッと押さえて、揺さぶるように振動を加えていきます。

そうすると、脚のかかとにつながる筋膜の部分が緩んでくるので、指先でほぐしていきます。

補足

かかとの骨がある部分を、指先でグッと押してもらうと、痛みが出る部分があったり、固かったりする方がいると思います。

前野真一郎さんによると、その場合は、脚のむくみや疲れが溜まっている原因は踵の部分になってくるそうです。

かかとの簡単マッサージ その2

ペットボトル、テニスボールなどを床においた状態にします。

母子球の下のところをマッサージします。

足裏部分の固さがとれてくればOKです。

足裏の固さが取れると、かかと回りの固さもなくなります。

まとめ

腰と脚の筋肉はつながっています。

腰の痛みの原因が、脚から来ていることもあるんです。

ふくらはぎをほぐして、かかとをほぐして、母子球の下部分をほぐして、脚をしっかりケアすることで、腰痛が改善することもあります。

また、腰痛がなく、ふくらはぎ周りが固いなと感じるときでも、ふくらはぎのマッサージは役に立ちます。

ちょっとでも足や腰に違和感を感じたら、今回お伝えした方法でふくらはぎやかかとをほぐしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ダンスが大好き。毎日ダンスのことばかりを考えている狂人系ダンスブロガーです。 主に、ダンス記事、ストレッチ記事、筋トレ記事を書いてます。すべてはダンスに必要なスキルです。