デッドリフトでお辞儀しすぎてしまうときの改善方法

デッドリフトでお辞儀しすぎてしまうときの改善方法とは

デッドリフトで、お辞儀しすぎてしまうけど、どうしたら良いの?

という疑問に簡単に答えていきます。

デッドリフトでお辞儀しすぎてしまう人は、身体の角度を100度くらいにしたら良いです

デッドリフトをやっていてお辞儀しすぎてしまう人は、考え方を改めたほうが良いです

なぜかと言うと、お辞儀しすぎてしまうと、別のところに負荷が乗ってしまうからです。

身体の柔らかい人は、お辞儀しすぎて90度よりも下にお辞儀することができますが、それだと、負荷が広背筋に乗ってこないですよって話です。

じゃあ、どうしたら良いかと言うと、トップポジションからバーを下ろすときに、ある程度膝を曲げたらお尻の位置を固定して、100度くらいの高さに上半身を折り曲げてみて下さい

できれば、鏡を見ながら自分で身体の角度を調性すると良いです。

まとめると、お辞儀するのは大事ですが、お辞儀しすぎて角度が下がりすぎると、広背筋に効かせられなくなりますよってことを覚えておいて下さい

筋トレのまとめ記事に戻る

お疲れさまでした。

もっと筋トレについて詳しく知りたい方は、

筋トレに必要なすべての知識をまとめてみました【マインドマップ】の記事をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です