ダンサーとしての態度と心構えについて解説!ダメな人の特徴も!

こんな方におすすめ

  • 態度と心構えのダメなダンサーの特徴を知りたい。
  • うまいダンサーの態度と心構えを知りたい。
  • 尊敬できるようなダンサーの行動を知りたい。

 
この記事を読んでわかること

  • ダンスを練習していると、いろいろな態度のダンサーを目にするようになる
  • 態度と心構えがダメなダンサーの特徴
  • ダンス自体もうまくて行動も尊敬できるようなダンサーの特徴

僕は、近所の大学でダンスの練習をしています。

また、ダンススクールにも通っています。

そうすると、いろんな学生やいろんな人がいて、いろんな反応が見れます。

そこで、僕が感じた「こういう態度のダンサーは、人としてもダンサーとしてもだめだな」と思う人の特徴をまとめていきます。

逆に、「このダンサーはダンス自体もずば抜けてうまいし、行動もすごく尊敬できるな」と思う人の特徴もまとめていきます。

ダンスを練習していると、いろいろな態度のダンサーを目にするようになる

冒頭でもお話ししたように、僕は、近所の大学やダンススクールでダンスの練習をしています。

そのなかで、いろんな人を目にするようになります。

毎日のようにダンスの練習をしていると、「ダンスのうまい人の取りがちな行動と、ダンスが下手な人が取りがちな行動」がわかってくるようになりました。

「一人で練習してて、周りのダンサーの反応が気になる」という方にとっても、心の支えになるような記事にしているつもりです。

僕は、ダンススクールに週2回通っていますが、基本的には近所の大学で一人で練習しています。

そういった方のために、「ダンサーとしての態度や心構えはどうあるべきか?」ということを、深掘りしていきます。

態度と心構えがダメなダンサーの特徴

いろんなダンサーさんを見ていると、うまいダンサーさんとそうでもないダンサーさんの特徴がでてきます。

そして、ダンスが下手で練習もあまりしてない人に限って、特徴的な行動をとることに気づきました。

ですので、態度も心構えもだめなダンサーの特徴を深掘りしていきます。

他のダンサーを馬鹿にしている

ダンサーとして、自分以外のダンサーに対するリスペクトがない人は、間違いなくダメなダンサーです。

繰り返しますが、僕は、主に近所の大学で一人でダンスの練習をしています。

そうすると、学生のいろんな反応を目にするようになります。

そのなかで、僕のように一人で練習している知らないダンサーを、あからさまに馬鹿にするようなダンサーがいます。

僕は、自分がうまいダンサーだと思っていないので、何と思われようが、どんな風に言われようが、気にせずダンスの練習をするようにしています。

そのときに、逆に僕のことを馬鹿にするようなダンサーさんの踊っている姿を見ていて気付いたことがありました。

他のダンサーを馬鹿にするダンサーの特徴

  • アイソレーションが全然できてない
  • 全体で踊っているときに、動きがまるで揃っていない
  • 身体の使い方が雑
  • 自分たちの踊りがうまいと思い込んでいる
  • 練習に集中できていない

例を挙げるときりがないですが、ほとんどまともに練習してないダンサーに限って、他のダンサーに対する態度が「ダサい」です。

上手いダンサー→知らないダンサーにもフレンドリーに挨拶とかしてくれる。

もしくは、下手なダンサーについていろいろ言ったりしないで華麗にスルーする。

下手なダンサー→知らないダンサーを平気で馬鹿にしたりする。

自分たちの練習に集中しないで、他のダンサーをずっと馬鹿にしたような態度で、自分たちはうまいと思い込んでいる。

いいなと思うダンサーグループ

ぶっちゃけると、僕が通ってる近所の大学で言うと、ワックダンサーは、すごく動きがそろっててきれいです。

僕のことも、華麗にスルーしてくれたり、人によっては、わざわざ声をかけてくれたりします。

とてもありがたいことです。

ポッピン、ブレイキン、ジャズ、ロッキンの方も、動きがすごいなと感心します。

挨拶してくれる人もいれば、華麗にスルーしてくれたりする人もいるので、助かってます。

だめだなと思うダンサーグループ

さらにぶっちゃけると、僕がある練習場所で踊っていたときの話をしますね。

2018年10月15日午前10時頃、そこで練習していたヒップホップダンサーの集団は、動きがてんでバラバラでした。

アイソレーションも、雑です。

身体の使い方も、全然できてないです。

僕のことを、平気で馬鹿にしたようなことを堂々としゃべっています。

練習にも、全然集中している感じがないです。

というか、練習場所への出現率が、どう考えても僕より低いです。

「態度が悪いダンサーかつ、実力も伴っていないダンサー」という方程式が成り立つパターンです。

ポイントは、踊りを下手なことがどうこうというよりも「他のダンサーに対する態度が悪い+ダンスもうまくない」というパターンだということです。

ダンサーとして「ダサいな」と感じます。

「こういう態度はだめだよな」という意見を表明すると、気が合わない人が僕の周りから去っていきます。

逆に「自分も同じように思ってました」という人が、僕の周りに集まってくるようになります。

以下の記事で、そのことに触れています。

嫌われることを恐れずに生きるコツを解説!

逆に、上手いダンサーさんの特徴を深掘りしていきます。

ダンス自体もうまくて行動も尊敬できるようなダンサーの特徴

上手いダンサーは「ダンスがうまい+行動も尊敬できる」という特徴があります。

具体的に、上手いダンサーの特徴を深掘りしていきます。

自分以外のダンサーをリスペクトしている

上手いダンサーは、自分以外のダンサーに対するリスペクトが態度に現れています。

分かりやすい反応で言うと、僕のような「ど底辺ダンサー」にもすごくフレンドリーに挨拶してくれるダンサーさんがいます。

そういうダンサーさんは、ダンスが上手いです。

もしくは、人としての人柄の良さがあふれています。

下手なダンサーや知らないダンサーをスルーできる

上手いダンサーは、スルースキルが高いです。

わかりやすい反応で言うと、僕のような「ど底辺ダンサー」がいても、華麗にスルーしてくれます。

きっと「あいつまたきてんな」「下手だけど、やたらダンス好きなやつなんだな」「ま、頑張んな」という感じでスルーされているのかなと思いますwww

こういうパターンの反応をしているダンサーさんも、だいたい上手いです。

自分自身の練習に集中している

上手いダンサーは、自分自身の練習にすごく集中しています。

わかりやすい反応で言うと、常に鏡の前で自分の動き方を、確認しています。

まわりが雑談しているときでも、鏡の前に行って自分の動きをじっくり確認しています。

このパターンのダンサーさんは、ダンスが上手いです。

身体の使い方が、すごくきれいだったりします。

もしくは「ダンス上手くなりたいと思って、頑張ってるんだな」っという風に、見ていてリスペクトせずにはいられません。

まとめ

あなたは、どういう特徴のダンサーだったでしょうか?

この記事を読んでみたらすぐに、自分のダンサーとしての態度を確認してみて下さい。

ダンサーとしてのあなたの態度は、周りのダンサーに見られていますよ?

自分がどういうダンサーでありたいのか、この記事を読んで、考えるきっかけになればと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ダンスが大好き。毎日ダンスのことばかりを考えている狂人系ダンスブロガーです。 主に、ダンス記事、ストレッチ記事、筋トレ記事を書いてます。すべてはダンスに必要なスキルです。