ゆっくり流れるように動くと、ダンスが上達する

ゆっくり流れるように動くと、ダンスが上達するとは

ダンスとゆっくりした動きって、どういう関係があるの?

という疑問に簡単に答えていきます。

ゆっくり流れるように動くと、ダンスが上達すると考えて良いです

早い動きやキレキレのステップばかりを練習している人は、考え方を改めたほうが良いです

なぜかと言うと、早い動きをいくら練習しても、ダンスの基礎力が上がっていかないからです。

もっと突っ込んだ話をすると、速さとキレだけに頼っている人は、ゆっくりなめらかに身体を動かす練習を怠ってしまうので、きちんとした基礎動作がおざなりになってしまってるよって話です

じゃあどうしたらよいかと言うと、ゆっくりと身体を動かす練習をしたら良いです

例えば、正面を向いたままサイドステップをして前に歩いていき、後ろに歩いてみて下さい。

手足を激しく動かしたり大きく動かしたりしてごまかしている人は、キレを出すことばかりを意識しているだけで、実際は身体が固いパターンが多いです。

手足を使わずに、スーッと歩いてみて下さい。

片方の肩が前に出たり、片方の肩が少し上がってしまう人は、体幹がぶれている証拠です。

胸を張って肩甲骨を後ろに寄せた状態で、歩いてみて下さい。

はっきり言うと、ゆっくりとした動きをすることで、ダンスの基礎的な身体の使い方ができているかどうかがひと目で分かりますよって話です

さらに言うと、キレキレに踊るとしたら、イベントなどで振り付けを人前で披露するときだけで良いです。

まとめると、普段の練習では、ゆっくりとした身体の使い方を意識し、動きがきちんとできているか確認しつつ、ダンスの基礎動作を丁寧に練習すると良いですよってことを覚えておいて下さい

ダンスのまとめ記事に戻る

お疲れさまでした。

この「お疲れさまでした」を見る度に、あなたのダンスが少しずつ上達して、ダンスを楽しんで踊れるようになってくれたらいいなあと思って、記事を書かせていただいています。

もっとダンスについて詳しく知りたい方は、

ダンスに必要なすべての基礎知識をまとめてみました【マインドマップ】の記事をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です